ラベル 甲虫(鞘翅目) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 甲虫(鞘翅目) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/10/16

柳の枝で樹液を舐めるコムラサキ♀とシロテンハナムグリ



2019年6月下旬
▼前回の記事
柳の枝で樹液を舐めるシロテンハナムグリ

河畔林の小路に沿って生えた柳(樹種不明)の灌木にできた樹液酒場にコムラサキ♂(Apatura metis substituta)も来店しました。
黄色い口吻を伸ばして樹液を吸いながら翅を開閉していますが、翅表に日が当たっても瑠璃色に輝かないので♀のようです。
コムラサキ幼虫の食樹は柳類ですから、コムラサキ成虫♀が柳によく来るのも納得です。
この個体は左右の後翅の肛角付近がえぐれたように大きく破損していました。
左右対称の破損ですから、鳥に襲われたビークマークだと思われます。

樹液酒場に陣取って吸汁しているシロテンハナムグリ(Protaetia orientalis submarumorea)の背中をコムラサキ♀が足で踏んでしまうと、シロテンハナムグリも後脚を上げて軽く威嚇しました。
コムラサキはおとなしくその場を離れたものの、近くで順番待ちをしています。
この樹液酒場はさほど混み合っていませんし、長い口吻を持つ蝶類は少し離れた位置からでも樹液を吸えるはずですから、順番待ちをする必要は無い気がします。
だとすれば、酔っ払ったコムラサキ♀が樹液酒場の横で日光浴しているだけかもしれません。

これと同じ組み合わせを6年前にも別の場所で撮っています。(ただしコムラサキの性別が違います)

▼関連記事
柳の樹液を吸うコムラサキ♂とシロテンハナムグリ


コムラサキ♀:ビークマーク:翅表@柳枝:樹液酒場
コムラサキ♀:ビークマーク:翅裏@柳枝:樹液酒場
コムラサキ♀:ビークマーク+シロテンハナムグリ2@柳枝:樹液酒場

2019/10/11

柳の枝で樹液を舐めるシロテンハナムグリ



2019年6月下旬

河畔林の小路の横に生えた柳の灌木に2匹のシロテンハナムグリ(Protaetia orientalis submarumorea)が集まっていました。
枝から滲み出た樹液を舐めに来たようです。
同じ横枝の下面に居る個体は、休息しているだけでした。
枝の上面で盛んに樹液を舐めている個体が尻を高々と上げたので排尿するかと期待したのですが、私の予想は外れました。

つづく→コムラサキ♀も樹液酒場に合流


▼関連記事(6年前の撮影)
柳の樹液を舐めるシロテンハナムグリ


シロテンハナムグリ2@柳枝+樹液吸汁
シロテンハナムグリ2@柳枝+樹液吸汁

2019/10/05

ミズキの花に群がり食事するセマダラコガネ



2019年6月下旬

河川敷に生えたミズキの幼木(樹高〜150cm)で計4匹のセマダラコガネAnomala orientalis)が訪花していました。
白い花で花蜜や花粉を食べているようです。

小雨が降りしきる中を傘をさして、ハンディカムで撮影しました。
薄暗い雨天なので、補助照明の白色LEDを点灯しています。

日当たりが良い場所なのに、この幼木は花期が他のミズキより遅れているのが不思議でした。


2019/09/28

ヒメジョオンの花から食後に飛び立つシロテンハナムグリ



2019年6月下旬

川沿いの堤防に咲いたヒメジョオンの群落でシロテンハナムグリ(Protaetia orientalis submarumorea)が訪花していました。

意外にも、この組み合わせは初見です。
筒状花(管状花)の花粉を食べるだけでなく、舌状花の花弁も舐めて花粉を食べています。
隣の頭花へ歩いて移動しました。

最後は後翅だけを広げて飛び立ちました。
飛翔シーンをまず1/10倍速のスローモーションでご覧下さい。
鞘翅(前翅)は閉じたままで飛びます。

この日は他にも多数の個体が飛び回っているのを見かけました。


シロテンハナムグリ@ヒメジョオン訪花+花粉摂食

2019/08/18

ジョウカイボンの誤認求愛?喧嘩?



2019年5月下旬


▼前回の記事
ミズキの花蜜を舐めるジョウカイボン

河畔林のミズキ大木で2匹のジョウカイボンLycocerus suturellus)が葉や花の上を徘徊していました。

少し飛んで花から葉に移動した個体が別個体とニアミスしました。
出会った途端に相手に正面から飛びつきました。
ジョウカイボンが縄張り争いするとは考えにくいので、誤認求愛(または交尾の失敗)ですかね?
1匹が転がり落ち、交尾には至りませんでした。
残った個体は花に戻りました。
1/5倍速のスローモーションでリプレイをご覧下さい。

ジョウカイボンの性別の見分け方を私は知らなかったのですが、wikipediaによると、

雌雄の区別は一目では分かりにくいが、雌では第1、第2脚の爪の内側に小さな歯があり、雄では触角の第4節から第8節にかけて長い溝があり、また第3脚の脛節が湾曲している。
採集して標本を精査しないと判別できないようです。


ジョウカイボン2@ミズキ葉+誤認求愛?



2019/08/11

ミズキの葉から飛び立つコメツキムシ



2019年5月下旬

河畔林でミズキの大木の葉からコメツキムシの一種が飛び立ちました。
コメツキムシの成虫が何を食べているのか知りませんし、考えたこともなかったのですが、訪花シーンを撮り損ねたのは残念でした。

飛び立つ瞬間を1/5倍速のスローモーションでリプレイ。
翅をパカッと開くと素早く羽ばたいて離陸しました。



▼関連記事(6年前の撮影)
飛べ!シモフリコメツキ【ハイスピード動画】


2019/08/07

ミズキの花から飛び立つコアオハナムグリ



2019年5月下旬

河畔林に聳え立つミズキの大木で散りかけた花にコアオハナムグリGametis jucunda)が来ていました。
花上で静止し、頭部だけがかすかに上下に動いているものの、食事をしているのかよく分かりません。

最後は飛び立つ瞬間を1/10倍速のスローモーションでリプレイ。
ハナムグリの仲間は、固い鞘翅(前翅)を閉じたまま横の隙間から柔らかな後翅を伸ばして羽ばたき飛ぶことができます。

重い望遠レンズを構えてミズキ高木を下から長時間見上げる無理な体勢で撮影を続けていたら、肩凝りが酷くなって鼻血が出てしまいました。
幸いすぐに凝血したので、手鏡を見ながらスポーツドリンクで洗い流しました。


コアオハナムグリ@ミズキ訪花

2019/08/04

ミズキの花蜜を舐めるジョウカイボン



2019年5月下旬・午前8:00頃

河畔林でミズキ大木の散りかけた花に多数のジョウカイボンLycocerus suturellus)が集まり、飛び回っていました。
肉食性とされているジョウカイボンが頭を花に突っ込んで花蜜や花粉を食べているのは珍しいと思って撮りました。

▼関連記事(5年前の撮影)
ヤエウツギを訪花するジョウカイボン

こうして花の上を歩き回るので、ミズキの授粉を助ける送粉者として役立っていることになります。

複数個体を撮影。
最後は、葉から飛び立つ飛翔シーンを1/5倍速のスローモーションでリプレイ。


ジョウカイボン@ミズキ訪花吸蜜

2019/07/31

ミズキの花で♀を探すモモブトカミキリモドキ♂



2019年5月中旬

水辺に近い土手に生育したミズキの灌木に白い花が咲いています。
濃青色で小型の見慣れないハナカミキリの仲間?が訪花していました。
花の上をせかせかと歩き回っていて、食餌が目当てではないようです。
絶え間なく風が吹いて枝が揺れるので、小さな虫の動画を撮りにくい悪条件の日でした。

ミズキに集まるカミキリムシの中で見た目が似ている種類としてフタコブルリハナカミキリかな?とも思ったのですが、私が見た虫は後脚の腿節がとても太い(腿太)点が目を引きました。

鞘翅の先端が完全に閉じず、後翅が見えています。
図鑑で調べてみると、カミキリムシ科ではなくカミキリモドキ科でその名もずばり、モモブトカミキリモドキOedemera lucidicollis)という虫でした。
後脚が太いのは♂で、♀は細いのだそうです。(性的二型)
映像に登場する個体は♂ですから、ミズキの花で♀を探索中なのだと分かりました。(探雌行動)

なんとか撮れた映像を1/5倍速でスロー再生してみると、2匹が花柄ですれ違いざまに飛びついていました。
♂が相手にマウントしたものの、交尾には至らずすぐに別れました。
一瞬の出来事で撮影中の私は気付いておらず、ピントを合わせなかったのが残念です。
おそらくもう1匹の♂を♀だと誤認して慌てて求愛してしまったのでしょう。
(あるいは♀による交尾拒否?)

♂同士が太い後脚を使って闘争しているかどうか、次に機会があれば確かめたいものです。


モモブトカミキリモドキ♂@ミズキ訪花+探雌
花の左上奥を別個体の2匹が翅を広げて飛んでいます。

撮影後、採集用にいつもポケットに忍ばせているビニール袋を花に被せて1匹捕獲しました。
以下は標本の写真。(掲載予定)


2019/06/06

川べりのコンクリート護岸を走り回るスジアオゴミムシ



2018年7月中旬

川を護岸するコンクリートブロックの上をスジアオゴミムシHaplochlaenius costiger)と思しきゴミムシが忙しなく走り回っていました。
なぜか腹端が泥で汚れています。
本来は夜行性らしい。


スジアオゴミムシも粘土質の混じった草むらに棲むが、集団とはならない。 (山渓フィールドブックス13『甲虫』p146より引用)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


スジアオゴミムシ

2019/05/29

コナラの樹液を舐め幹を登り飛び立つアオカナブン



2018年7月下旬・午後16:05頃

里山の雑木林でコナラの幹の樹液酒場にアオカナブンRhomborrhina unicolor)が来ていました。
白く泡立つ樹液スポットを探し当てると、口吻で舐め始めました。

しばらくすると、なぜか樹液酒場を離れて幹を登り始めました。
私の手が届かない高所に行ってしまう前に、手掴みで捕獲しました。
裏返して腹面の識別点を見ると、左右の後脚のつけ根が接していることから、カナブンの緑化個体ではなくアオカナブンと判明。
腹面も美しく輝くメタリック・グリーンでした。

元居たコナラの幹にそっと戻してやったのに、アオカナブンaは怖がってすぐに飛び去ってしまいました。
鞘翅は閉じたままで後翅だけを広げると、ブーン♪と重低音の羽音を立てて羽ばたきました。
飛び立つ瞬間を1/5倍速のスローモーションでリプレイ。

直後に同じ樹液酒場で見つけた別個体のアオカナブンbでは、飛び立ちをスーパースローで撮っています。

▼関連記事
飛べ!アオカナブン【HD動画&ハイスピード動画】


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


アオカナブンa@コナラ樹液吸汁
アオカナブンa:背面@捕獲
アオカナブンa:腹面@捕獲

2019/03/13

飛べ!アカホシテントウ

アカホシテントウ2@カキノキ葉裏
アカホシテントウ2@カキノキ葉裏
アカホシテントウ3(別々の葉に1匹ずつ)@カキノキ葉裏
アカホシテントウ@カキノキ葉裏+scale
アカホシテントウ:腹面@捕獲+擬死

2018年10月上旬

カキノキの葉裏で見慣れないテントウムシを多数見つけました。
ナミテントウの2紋型かと思いきや、よく見るとアカホシテントウ(別名アカボシテントウ;Chilocorus rubidus)という種類でした。
同じ葉に2匹が身を寄せ合うように並んでいることもありました。
(じっとしているだけで、交尾中ではありませんでした。)
テントウムシの群れというと、ナミテントウなどが集団越冬のために集結する例が思い出されます。
しかし越冬するには未だ早い気もしますし、そもそもカキノキは冬になると落葉してしまいます。

不思議に思いつつ調べると、アカホシテントウはカイガラムシ類を捕食して育つのだそうです。
カイガラムシに疎い私は気づきませんでしたが、このカキノキはカイガラムシによる吸汁被害が大きく、アカホシテントウは大量の餌に誘引されたのでしょう。
それとも、アカホシテントウの成虫が同時期に一斉に羽化したのかな?
ちなみに、数日後に同じカキノキを見回りに行くと、なぜかアカホシテントウは1匹も見つかりませんでした。

このカキノキが植栽されている場所は、あまり日当たりが良くありません。
果実は未熟で、ようやく少しだけ黄色味を帯びてきたところです。



こうした生息情報の記録もそれはそれで興味深いのですが、動きが無いことには動画ブログのネタにはなりません。
一時捕獲した個体を持ち帰り、マクロレンズで接写してみました。
擬死(死んだふり)から覚醒したアカボシテントウは、プラスチック容器の壁を登り切ると翅を広げて飛び去りました。
飛び立つ瞬間を1/5倍速のスローモーションでリプレイ。
歩行中に短い触角を細かく震わせて(高速で上下動)目の前の状況を探っている様子も印象に残りました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2018/12/29

ヒミズの腐乱死体に飛んで集まるヨツボシモンシデムシ



2018年9月下旬
▼前回の記事
ヒミズの死骸に群がるキンバエとクロオオアリ♀

舗装された山道に転がっていたヒミズUrotrichus talpoides)の腐乱死体を観察していると、オレンジ色の昆虫がブーンと羽音を立てながら低空で飛来しました。
一瞬スズメバチかと思いきや、死骸めがけて飛んで来た新参者の正体はヨツボシモンシデムシNicrophorus quadripunctatus)でした。
飛んでいる姿を見るのはこれが初めてで、とても興奮しました。
飛翔シーンは一瞬なので、まずは1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。

飛来したヨツボシモンシデムシはすぐに死骸の下に潜り込みました。
死骸がゾンビのように勝手に動いているように見えるのは、ヨツボシモンシデムシの活動のせいです。
ゴソゴソと死骸が動いてもキンバエは逃げずに平気で吸汁を続けています。

しばらくすると、死骸の上面に1匹のヨツボシモンシデムシが来て死肉を食べていました。
その体表を橙色のダニが多数徘徊しています。
そのヨツボシモンシデムシも再び死骸の下に潜り込みました。

新たにもう1匹のヨツボシモンシデムシが死臭に惹きつけられて飛来したものの、なぜか着陸せずに飛び去りました。
低空で飛ぶシーンを1/5倍速のスローモーションでリプレイ。

さて、ヨツボシモンシデムシはヒミズ死骸の裏で何をしているのでしょうか?
拾った小枝で死骸を裏返してみると、2匹のヨツボシモンシデムシが潜んでいました。
私には性別が見分けられないのですが、これは♀♂のつがいなのかな?
ところがすぐにまた死骸の裏面に慌てて隠れてしまいます。
一旦死骸に辿り着くと、日光を嫌う習性があるようです。
しつこく更にもう一度死骸を裏返すと、またもやヨツボシモンシデムシは逆側に潜り込んで隠れました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

タッパーウェアなどの容器を持っていれば、ヨツボシモンシデムシを採集し死骸と一緒にお持ち帰りしたいところです。
ヨツボシモンシデムシは甲虫としては珍しく育児(子育て)をすることで有名なので、いつか飼育下で観察してみたいのです。
またの機会にお預けです。(夏に部屋でシデムシに腐肉を与えて飼うのはかなりの覚悟が必要ですね)







▼関連記事(10年前の撮影)
ヒミズ死して屍拾うものあり(中編):ヒミズ死骸とヨツボシモンシデムシ

10年前の観察例では土の地面にヒミズの死骸が置かれていました。
ヨツボシモンシデムシが何匹も死骸の下に次々と潜り込み、仰向けに歩くように足を動かすことで重い死骸を少しずつ運んでいました。
今回の現場はアスファルトの舗装路なので、ヨツボシモンシデムシは死骸を地中に埋葬して独占するのは不可能です。
死骸を運びつつ路肩の地面を目指して舗装路を横断中だったのかもしれません。

つづく→ヒミズ死骸の肉片をクロヤマアリから守るクロオオアリの群れ


ヨツボシモンシデムシ+キンバエspp+クロオオアリ♀群れ@ヒミズ死骸
ヨツボシモンシデムシ+キンバエspp+クロオオアリ♀群れ@ヒミズ死骸

2018/12/25

サラシナショウマの花で摂食するコアオハナムグリ赤銅型



2018年9月下旬

山間部の峠道の横に咲いたサラシナショウマの白い花穂に赤銅型のコアオハナムグリGametis jucunda)が訪花していました。
花穂を歩き回り、中に潜り込むように頭を突っ込んで(ハナムグリ=花潜り)、花蜜や花粉を食べています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


コアオハナムグリ赤銅型@サラシナショウマ訪花摂食

2018/12/11

ヨモギの花と葉を食べるマメハンミョウ



2018年9月上旬
▼前回の記事(実際の撮影順序は逆です)
毒虫マメハンミョウをニホンアマガエルは捕食するか?

田園地帯の用水路と農道に挟まれたヨモギの群落で2匹のマメハンミョウEpicauta gorhami)を見つけました。
歩いて茎を昇り降りしたり、花や葉に口を付けて食べたりしているようです。
立ち止まって身繕いしている個体もいました。

この日は風が吹いて、虫撮りには悪条件でした。
ヨモギが絶え間なく揺れ続けるので、マメハンミョウの口元にズームインしたくてもできず、摂食行動をじっくり観察できませんでした。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


マメハンミョウ@ヨモギ訪花+摂食
マメハンミョウ@ヨモギ訪花+摂食
マメハンミョウ@ヨモギ葉+摂食

2018/12/02

オトコエシを訪花するコアオハナムグリ



2018年9月上旬

山麓の道端に咲いたオトコエシの群落で夕方にコアオハナムグリGametis jucunda)が訪花していました。
食餌かと思いきや口器は動いていないので、ただ休んでいるだけかもしれません。

※ 日没前のやや薄暗い映像に動画編集で自動色調補正を施しています。


コアオハナムグリ@オトコエシ訪花摂食

2018/12/01

毒虫マメハンミョウをニホンアマガエルは捕食するか?



2018年9月上旬

用水路沿いの農道脇に生えたヨモギの群落でマメハンミョウEpicauta gorhami)を見つけました。
ヨモギの大き目の葉に乗って身繕いしています。
後脚で腹背を掻いたり、中脚と後脚を擦り合わせたりしていました。

マメハンミョウは天敵に襲われそうになるとカンタリジンという強力な毒液を分泌することで有名です。
この黄色い毒液にヒトが素手で触れるとひどい水疱を生じてしまうので注意が必要です。
実際にカンタリジンは自然界でマメハンミョウの身を守るためにどれぐらい有効なのでしょうか?

下から登って来たクロヤマアリFormica japonica)のワーカー♀は、マメハンミョウを攻撃しませんでした。
出会い頭に触角で軽く触れただけで蟻は慌てて逃げ出しました。

化粧を済ませたマメハンミョウは向きを変え、ヨモギの茎を降り始めました。
実はすぐ下のヨモギ葉上には先程から緑色のニホンアマガエルHyla japonica)が香箱座りして獲物を待ち伏せしていました。
果たして狩りの瞬間が見れるでしょうか?


▼関連記事
毒虫アオバアリガタハネカクシを捕食したトノサマガエルが嘔吐

マメハンミョウは保護色のニホンアマガエルの存在を知ってか知らずか、その背中を無遠慮に踏みつけて行きました。
カエルは目の前から近づいてきたマメハンミョウを襲って捕食するどころか、踏まれてもちょっと身じろぎしただけで、跳んで逃げることもありませんでした。
マメハンミョウは有毒だと過去に身を持って学習した結果、捕食するのを忌避しているのだろう、というのが教科書的なストーリーです。
しかし東北地方のマメハンミョウは、毒を持っていることをアピールする警告色をなぜか失いつつあるらしいので、話がややこしいのです。
このカエルがたまたま満腹だったり、獲物にするには大き過ぎたのかもしれません。(飼育下で実験を繰り返してみないと分かりません)
ヨモギの茎の更に下方にはもう一匹のニホンアマガエルが潜んでいました。
全く気付かなかった私は動画の撮影を止めてしまい、2匹目のカエルとの遭遇戦は記録できませんでした。

マメハンミョウを捕獲して毒液カンタリジンを分泌する様子を動画に記録したかったのですが、手袋やピンセットを持って来なかったので、次回の宿題になります。



つづく→ヨモギの花と葉を食べるマメハンミョウ


2018/11/20

コンクリートブロック上で身繕いするゴマダラカミキリ



2018年7月中旬

夕方、駐輪所の軒下に置かれたコンクリートブロックの上に意外な珍客を見つけました。
立派なゴマダラカミキリAnoplophora malasiaca)が念入りに身繕いしています。
長い触角を足でしごいて化粧してから、同側の足同士を擦り合わせています。
化粧を済ませると方向転換したので今にも飛び立ちそうな予感がしました。
ところがノソノソと徘徊を始め、駐輪所のトタン壁をよじ登ろうとするもツルツル滑って無様に滑落しました。(滑落シーンは撮り損ね)
近くの柳の木から飛来したのでしょう。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ゴマダラカミキリ@コンクリートブロック
ゴマダラカミキリ@コンクリートブロック
ゴマダラカミキリ@コンクリートブロック

2018/11/03

コナラの樹液酒場に来たオオゾウムシ【暗視映像】



2018年8月中旬・午前4:38

定点観察しているコナラの樹液酒場に日の出前から来てみると、オオゾウムシSipalinus gigas)が居ました。
まずは赤外線の暗視カメラで撮ってみましょう。
泡立つ樹液スポットの直下にいたオオゾウムシが幹を少し登り、静止しました。

次に白色のLEDを点灯しても、特に反応はありませんでした。
コナラの幹に樹液が滴り落ちています。
採寸代わりに左手の人差し指を差し出し、オオゾウムシに軽く触れただけで擬死落下(死んだふり)しました。
保護色のため、林床で見失ってしまいました。

本で読んではいたものの、実際にオオゾウムシが樹液に来るのを観察したのはこれが初めてで、嬉しい収穫でした。
しかし目ぼしい甲虫はこれだけで、ちょっと期待外れでした。
(常連客のアオカナブンの姿もありませんでした。)
夜明け前は客足が途絶える時間帯なのかもしれません。
山林ではもうヒグラシ♂が悲しげに鳴いています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2018/10/30

アオカナブンとヨツボシオオキスイが樹液酒場で出会うと…



2018年7月下旬

里山の林道脇で定点観察しているコナラの樹液酒場で、1匹のアオカナブンb(Rhomborrhina unicolor)に注目して動画に撮ってみたら、ちょっと興味深い映像が得られました。

アオカナブンbがコナラの幹を少し降りると、立ち止まって前脚で顔を拭いました。
ヨツボシオオキスイHelota gemmata)が居座っている右横の樹液スポットに向かって行きます。
樹液酒場にズカズカと割り込むと、ヨツボシオオキスイを軽く前脚で小突いて蹴散らしました。
樹液酒場での序列は明らかにヨツボシオオキスイよりもアオカナブンが強いようで、闘争らしい闘争になりませんでした。
ところがアオカナブンはその場で方向転換すると、幹に対して上を向いて透明なオシッコをシャッと排泄しました。
オシッコが見やすいようにまずは1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。
真下に居るヨツボシオオキスイには直接かからなかったものの、これも一種の攻撃(酷い侮辱)なのかな?
その後もアオカナブンはヨツボシオオキスイが居た樹液酒場には固執せずにコナラの幹をゆっくり登り続けたので、ただ無頓着に排尿しただけなのでしょう。

この樹液に集まっている昆虫相がいまいち貧弱なのは、周囲が杉をメインとした林だからかもしれません。
この日は鱗翅目が1頭も飛来せず、スズメバチ類も見かけませんでした。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


アオカナブンb+ヨツボシオオキスイ@コナラ樹液吸汁

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts