ラベル ハチ・アリ(膜翅目) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ハチ・アリ(膜翅目) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/10/19

花が咲いたキササゲの周囲を飛び回るオオハキリバチ♂の群れ【HD動画&ハイスピード動画】



2019年6月下旬

黄色い花が満開に咲いたキササゲ高木の周囲を多数のオオハキリバチ♂(Megachile sculpturalis)が群飛していました。
この立派な庭木は、2階建ての民家の屋根よりも高く育っています。


▼関連記事
キササゲの花蜜を吸い飛び回るオオハキリバチ♂【HD動画&ハイスピード動画】
キササゲの花で探雌飛翔し♂同士で誤認求愛するオオハキリバチ♂【HD動画&ハイスピード動画】


あまりにも忙しなく飛び回り狂乱状態のようなので、240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@0:25〜)
キササゲの樹冠を飛び交う蜂の群れをスローモーションで見ると、雄蜂♂の探雌飛翔であることが推察できます。
蜜を吸ったり花粉を集めたりすることが目的であれば、花から花へ飛び回るはずです。
ときどき♂同士が♀と誤認して互いに追飛しています。

未だ♀が羽化していないらしく、この日は交尾シーンどころかオオハキリバチ♀を1匹も見ていません。

なぜかミツバチやマルハナバチのワーカー♀がキササゲに全く訪花していない点も気がかりです。
好みの蜜源ではないのでしょうか?
他の種類の花でもなんだかミツバチの数が少ない印象です。
蜂群崩壊症候群に関する本を読んだばかりなので、日本でもミツバチの数が激減しているのではないかと心配でなりません。


2019/10/18

クサフジを訪花するベニシジミとシロスジヒゲナガハナバチ♀?



2019年6月下旬

川沿いの堤防に咲いたクサフジの群落でベニシジミLycaena phlaeas daimio)が訪花していました。
翅をしっかり閉じて吸蜜しています。

おそらくシロスジヒゲナガハナバチ♀(Eucera spurcatipes)と思われるヒゲナガハナバチの仲間が左から飛来しました。
蜂とニアミスする度にベニシジミは閉じていた翅をパッと素早く開いて軽く威嚇しました。
1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。
他に蜜源となるクサフジの花は近くにいくらでも咲いているので、特に争いにはならず、チョウに追い払われた蜂はおとなしく別な花で採餌を始めました。

シロスジヒゲナガハナバチ♀の後脚の花粉籠には橙色の花粉団子を付けています。
クサフジに正当訪花を忙しなく繰り返して、花蜜と花粉を採餌しています。


▼関連記事(5年前の撮影)
シロスジヒゲナガハナバチ?♀がクサフジの花で採餌


ベニシジミ+シロスジヒゲナガハナバチ♀?@クサフジ訪花吸蜜・採餌
ベニシジミ+シロスジヒゲナガハナバチ♀?@クサフジ訪花吸蜜・採餌
シロスジヒゲナガハナバチ♀?@クサフジ訪花採餌
シロスジヒゲナガハナバチ♀?@クサフジ訪花採餌

2019/10/14

キササゲの花で獲物を探すコアシナガバチ♀



2019年6月下旬

民家の庭に植栽されたキササゲコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀が訪花していました。(探餌飛翔)
この個体は吸蜜目当てではなく、ひたすら歩き回ってイモムシなどの獲物を探索中のようです。


▼関連記事
キササゲの花蜜を舐めるコアシナガバチ♀



2019/10/12

キササゲの花で探雌飛翔し♂同士で誤認求愛するオオハキリバチ♂【HD動画&ハイスピード動画】



2019年6月下旬

オオハキリバチMegachile sculpturalis)は♀よりも雄蜂♂の方が先に羽化します(雄性先熟)。
民家の庭木として植栽されたキササゲで満開に咲いた花の周囲を多数の♂が飛び回り、交尾相手を探しています。(探雌飛翔)
顔が白くて腹端が丸みを帯びているのが雄蜂♂の特徴です。(腹面にスコパ無し)

探雌飛翔はエネルギーの消耗が激しいため、オオハキリバチ♂はときどきキササゲの花で吸蜜します。

▼関連記事
キササゲの花蜜を吸い飛び回るオオハキリバチ♂【HD動画&ハイスピード動画】
そんなときに飛来した別個体の♂が背後から飛びついてくることがよくあります。
性別をじっくり見分ける間もなく、♀と誤認して♂にも交尾を挑んでしまうのでしょう。(♂の悲しいさが
すぐに誤りに気付いて相手を離し、飛び去ります。
訪花中に飛びつかれた♂はその勢いで花から転がり落ちたりして良い迷惑ですが、そそっかしいのはお互い様です。
栄養補給して探雌飛翔に戻った♂が今度は誤認求愛する番です。
オオハキリバチ♂同士の誤認求愛は240-fpsのハイスピード動画でも撮れていました。(@0:51〜)

これほど♂が焦っている(慌てている)ということは、オオハキリバチの配偶行動は巣から羽化した♀をとにかくいち早く確保した♂が交尾できる仕組みなのでしょう(早い者勝ち)。
儀式的な求愛行動は無さそうです。
この日は私もオオハキリバチ♀の姿を1匹も見ておらず、♀は未だ羽化していないようです。




2019/10/10

マメガキに訪花する獲物を狩り肉団子を作るコガタスズメバチ♀



2019年6月下旬

▼前回の記事
マメガキの花で探餌飛翔するコガタスズメバチ♀を追い払うクマバチ♀

民家の庭木として植栽されたマメガキの雄株の周囲をコガタスズメバチVespa analis insularis)のワーカー♀が獲物を探し求め飛び回っています。
まずは1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。

突然マメガキの枝葉に飛び込み、獲物を捕らえたようです。
その場ですぐに獲物を大顎で噛み砕いて殺し、肉団子を作り始めました。
獲物の脚?の破片がポロポロ落ちています。
狩りも肉団子作りも背面からではよく見えないのが残念です。
私も撮りながらゆっくりしゃがんで、なんとか撮影アングルを確保しました。
餌食となったのは、マメガキの雄花で採餌していた小型のハナバチ類でしょう。(ミツバチ♀?)

肉団子が完成すると、コガタスズメバチ♀は身繕い。
脚を滑らせた瞬間に黒っぽい肉団子が口元に見えたものの、もはや獲物は同定できなくなっていました。
完成した肉団子を抱えて巣に飛び去りました。


コガタスズメバチ♀@マメガキ葉裏+肉団子作り
コガタスズメバチ♀@マメガキ葉裏+肉団子作り



2019/10/08

キササゲの花蜜を舐めるコアシナガバチ♀



2019年6月下旬


▼前回の記事
身繕いしてキササゲの花粉を落とすコアシナガバチ♀


庭木のキササゲの葉に乗って身繕いしていたコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀が花から花へ歩き回り始めました。
少し飛んで移動することもあります。
正当訪花すると、中に潜り込んで吸蜜し、飛び去りました。
胸背に白い花粉がべっとり付いて汚れているのも納得です。
コアシナガバチもキササゲの送粉者として授粉を助けていることになります。


2019/10/06

ノブドウの花蜜を舐めるオオフタオビドロバチ♂



2019年6月下旬

川のコンクリート護岸に蔓延るノブドウの群落でオオフタオビドロバチ♂(Anterhynchium flavomarginatum)が訪花していました。
吸蜜しています。

意外にもこの組み合わせはHD動画に撮っていませんでした。


▼関連記事(5年前の撮影)
ノブドウを訪花するオオフタオビドロバチの羽ばたき【ハイスピード動画】

この個体は雄蜂♂ではないかと思うのですが、どうでしょう?
(触角の先が鉤状に曲がり、触角の第一節の前面が黄色)
♂にしては腹部がかなり太いです。

近くでモズ(野鳥)が鳴いています。


オオフタオビドロバチ♂@ノブドウ訪花吸蜜

2019/10/05

マメガキの雄花で採餌するセイヨウミツバチ♀



2019年6月下旬

庭木として植栽されたマメガキの雄株でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が忙しなく訪花していました。
赤い雄花に正当訪花して吸蜜しています。
後脚の花粉籠はほぼ空荷でした。

胸背に黄色い花粉がこびり付いた個体もいました。
(ただしマメガキの花粉とは限りません。)

複数個体を撮影。
同じ木で2日間に渡って撮り貯めた動画をまとめました。

マメガキの花筒をよく見ると、盗蜜痕らしき小さな孔が開いているのがとても気になります。
穿孔盗蜜するハナバチ類がいるはずですが、今季は未だ観察できていません。


セイヨウミツバチ♀@マメガキ訪花採餌

2019/10/04

離陸に失敗して墜落するオオハキリバチ♂【ハイスピード動画】




2019年6月下旬

オオハキリバチ♂(Megachile sculpturalis)が庭木のキササゲの葉に乗って念入りに身繕いしています。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみたら、笑えるNGシーンが撮れてしまいました。
離陸直後に葉の上で転び、もんどり打って葉から転げ落ちました。
よく見ると爪先が葉に引っかかって飛び立てずバランスを崩したようです。
白い顔が雄蜂♂の特徴です。


2019/10/02

マメガキの花で探餌飛翔するコガタスズメバチ♀を追い払うクマバチ♀



2019年6月下旬

民家の庭木として植栽されたマメガキの雄株で
コガタスズメバチVespa analis insularis)のワーカー♀も花の周囲を飛び回っていました。
花蜜が目当てではなく、訪花するハナバチ類を獲物として狩ろうとしているようです。
目が回りそうなぐらい忙しなく飛び回るので、まずは1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。

最後は、キムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)とコガタスズメバチ♀が軽い空中戦になりました。(@1:50)
クマバチを狩りに来たコガタスズメバチを、強気のクマバチが逆に追い払っています。



つづく→マメガキに訪花する獲物を狩り肉団子を作るコガタスズメバチ♀

2019/09/30

身繕いしてキササゲの花粉を落とすコアシナガバチ♀



2019年6月下旬

庭に生えたキササゲの幼木でコアシナガバチPolistes snelleni)のワーカー♀が葉に止まって身繕いしていました。
胸背および頭部に白っぽい花粉がべっとり付着しています。
直前まで花に潜り込んで花蜜を舐めていたのでしょう。

花粉を全て取り切れないうちに再び歩き回り始めました。

つづく→キササゲの花で吸蜜


コアシナガバチ♀+胸背:花粉@キササゲ葉+身繕い

2019/09/29

キオビツチバチ♂を襲うナミツチスガリの謎



2019年6月下旬

道端の草むらでキオビツチバチ♂(Scolia oculata)がススキの葉に乗って化粧していました。
そこへナミツチスガリ♀(Cerceris hortivaga)が飛来すると、背後から突然襲いかかりました。
キオビツチバチ♂の胸背に飛びついた勢いで、2匹とも葉から転がり落ちました。
まずは1/5倍速のスローモーションでご覧下さい。

不意をつかれたキオビツチバチ♀は無事で、すぐ下のススキの葉で身繕いを続けていました。
もんどり打って転げ落ちる際に、背中にしがみついたツチスガリ♀を振り落としたようです。
獲物を誤認したことに気付いたナミツチスガリ♀は既に飛び去っていました。

キオビツチバチ♂は左右の後脚で腹部側面を頻りに擦っています。
もしかして、ツチスガリ♀に一瞬で毒針を刺されたのでしょうか?
しかし結局キオビツチバチ♂は何事もなかったかのように飛び去ったので、毒液で麻酔されてはいないようです。
飛び立つ瞬間を1/5倍速のスローモーションでリプレイ。

圧倒的な体格差があるのに飛びついて狩りを試みるとは、ナミツチスガリ♀はなんと無謀なファイターでしょう。
しかも、本来ならばナミツチスガリ♀は小型のハナバチ類を狩るはずです。
ツチスガリが獲物を狩る様子は未見ですけど、こんな感じなのかな?
私にはツチスガリの性別を外見で見分けられないのですが、交尾相手と誤認した雄蜂♂である可能性もありそうです。
どちらにしても、そそっかしい狩蜂ですね。

本気で狩る気はなくて、ふざけて(茶目っ気を出して)後ろからワッ!と脅かしただけだとしたら面白いですね。
(さすがに昆虫でそれは無いでしょう。)



【おまけの動画】
インドの国立公園で撮影された、ナマケグマの背後から忍び寄って脅かす若いトラ。
狩りの練習?

不意をつかれた熊の慌てっぷりが見ものです。

キオビツチバチ♂@ススキ葉vsナミツチスガリ♀狩り未遂
キオビツチバチ♂@ススキ葉+身繕い

2019/09/28

マメガキの雄花で採餌するクロマルハナバチ♀



2019年6月下旬

庭木として植栽されたマメガキの雄株でクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が忙しなく訪花していました。
赤い雄花に正当訪花で吸蜜を繰り返しています。
後脚の花粉籠は空荷の個体が多かったものの、後半に登場する個体(@1:58〜)は橙色の花粉団子を付けていました。
額も花粉で汚れています。


クロマルハナバチ♀@マメガキ訪花採餌
クロマルハナバチ♀@マメガキ訪花採餌


2019/09/27

キササゲを訪花するオオフタオビドロバチ♂



2019年6月下旬

民家の裏庭でキササゲの木に咲いた黄色い花の周りをオオフタオビドロバチ♂(Anterhynchium flavomarginatum)が飛び回っていました。

吸蜜シーンを撮り損ねてしまったものの、胸背に薄い黄色の花粉がべっとり付着しています。
キササゲの花の手前でホバリングするも、着陸せずに忙しなく飛び去りました。

顔色が見えませんけど、触角の先端が鈎状に曲がっているので、♂ではないかと思います。(自信なし)
雄蜂♂が探雌飛翔しているのかもしれません。
(もし♀だとすると、獲物のイモムシを探している可能性もあります。)

1/5倍速のスローモーションでリプレイすると、ちょっと面白いシーンがとらえられていました。
停空飛翔中に花後の若い実(細長い緑色)の茶色い先端部に頭をゴツンとぶつけ、腹立ちまぎれに(?)もう一度頭突きをお見舞いしてから飛び去りました。


オオフタオビドロバチ♂+胸背:花粉@キササゲ訪花

2019/09/24

マメガキの花で採餌するクマバチ♀



2019年6月下旬

民家の庭木として植栽されたマメガキで多数のキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が訪花していました。
忙しなく飛び回り、撮影に難儀しました。

マメガキは雌雄異株らしく、濃桃色の花は雄花なのだそうです。
(参考:山渓ハンディ図鑑5『樹に咲く花:合弁花・単子葉・裸子植物』p188)


雄花に訪花しているのに、クマバチ♀の後脚の花粉籠は空荷なので、吸蜜に専念しているようです。
花粉はもうハナバチ類が採り尽くした後なのかもしれません。


クマバチ♀@マメガキ訪花採餌
クマバチ♀@マメガキ訪花採餌

マメガキ花
マメガキ花

2019/09/23

キササゲの花蜜を吸い飛び回るオオハキリバチ♂【HD動画&ハイスピード動画】



2019年6月下旬

民家の庭で立派に育ったキササゲの大木が黄色い花を満開に咲かせていました。
親木の下で実生から育った多数の幼木も花が満開です。
梅雨の時期に花が咲くらしい。
花を嗅いでみると、とても良い芳香がしました。

オオハキリバチMegachile sculpturalis)の雄蜂♂が多数飛び回り、訪花していました。
正当訪花で潜り込んで吸蜜すると、顔が雄しべや雌しべに接触して花の授粉を助けます。
そのため、オオハキリバチ♂の顔に白い花粉がべっとり付着しています。
胸背が花粉で汚れることはないようです。

花から飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@1:42〜)
次の花に飛んでいる間も口吻を伸ばしたままのことがありました。


オオハキリバチ♂@キササゲ訪花
オオハキリバチ♂@キササゲ訪花吸蜜
オオハキリバチ♂@キササゲ訪花吸蜜
オオハキリバチ♂@キササゲ訪花

キササゲ花
キササゲ花
キササゲ花+前年の蒴果
キササゲ幼木・幹
キササゲ・幹

2019/09/22

クララの花で採餌するトラマルハナバチ♀



2019年6月下旬

川沿いの土手の下に咲いたクララの群落でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
正当訪花を繰り返し、長い舌を伸ばして吸蜜しています。
後脚の花粉籠に褐色の花粉団子を付けていました。


トラマルハナバチ♀@クララ訪花採餌
トラマルハナバチ♀@クララ訪花採餌
クララ花
クララ花
クララ花・全景

2019/09/19

キリンソウの花で採餌するセイヨウミツバチ♀



2019年6月中旬

堤防に咲いたキリンソウの群落でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
吸蜜中の蜜蜂をよく見ると、後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を少量付けています。


セイヨウミツバチ♀@キリンソウ訪花採餌

2019/09/18

室内に迷い込んで飛び回るヒメスズメバチ創設女王



2019年6月中旬・午後17:18

開け放しておいた窓からヒメスズメバチ♀(Vespa ducalis)が迷い込み、室内を飛び回り始めました。
巨大な♀なので、この時期だと創設女王と思われます。
自分の営巣地または獲物となるアシナガバチの巣を探索中なのでしょう。
ハチが苦手なヒトには、重低音の羽音が恐ろしげに聞こえるかもしれません。

ヒメスズメバチの創設女王だと冷静に見分けられれば、無闇にパニックになる必要はありません。
日本産のスズメバチ類の中でもヒメスズメバチはヒトに対する攻撃性が最も低く、しかも創設女王はワーカー♀よりも穏健なので、この状況では刺される心配はありません。
こちらが大騒ぎしたり下手に手出しをしたりしないで、窓を大きく開け放つなど脱出路を確保してやれば、独りでに出ていってくれます。
室内を暗くして外の方が明るい状況にするのも有効です。

室内を探餌飛翔するヒメスズメバチの女王蜂は、白い壁に立て掛けておいた迷彩ブラインドの絵柄に興味を示したようです。
野外の茂みと誤認してくれたのなら、ブラインドとして優秀だとお墨付きをもらったことになりそうです。


ヒメスズメバチ創設女王@室内飛翔

2019/09/16

ショウジョウバエを捕らえて巣に運ぶヨツボシオオアリ♀



2019年6月中旬

生ゴミを自然発酵させて堆肥にするコンポスト容器に集まったショウジョウバエの一種を捕らえたヨツボシオオアリCamponotus quadrinotatus)の小型ワーカー♀が巣に運ぼうとしています。
首元を咬まれながらも獲物は未だ生きていて、必死で逃れようと羽ばたいて暴れています。
マクロレンズを装着して接写しようか私が迷っているうちに、ヨツボシオオアリ♀は獲物もろともプラスチックの壁面から滑落してしまいました。


ショウジョウバエのような素早い虫をどうやって捕らえたのか、狩りの瞬間を見たかったです。

ヨツボシオオアリ♀@ショウジョウバエ捕食+運搬

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts