2017/07/09

コハクチョウ:川での3種類の採食法(冬の野鳥)



2016年11月上旬・午前6:34~6:50

早朝にコハクチョウCygnus columbianus)5羽の小群が川岸近くまで来てカモ類に混じって採食を始めました。
小群の内訳は、羽毛と嘴が灰色の幼鳥2羽、羽毛が白くて嘴の根本が黄色い成鳥3羽。

平凡社『日本動物大百科3鳥類I』で調べると、ハクチョウの採食法として「地上での草はみ、水面をピチャピチャ、潜水、水中に逆立ち」の4種類が図解してありました。(p64より)


岸辺近くの水深は浅いはずですけど、水中での採食法を全て披露してくれました。

  1. 長い首を水中に突っ込む「もぐり」。
  2. 更に深い川底で採食するためお尻(尾羽根)が真上に来るまで潜水する「逆立ち」。
  3. 前方に伸ばした首を左右に動かしながら嘴で「水面をピチャピチャする」。
最後に成鳥が「もぐり」で水草のような枯木のような物を拾い上げたのですが、食べずに捨てました。(@1:10)
いつか水中カメラで採食シーンを動画に撮ってみたいものです。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts