2012/05/08

ウグイス♂の鳴き声♪を声紋解析してみる【野鳥】



2012年4月下旬


未だ根雪が残る静かな里山に「法、法華経♪」とウグイスの美しい囀り(さえずり)声が響き渡っていました。
個人的に、今季初めて聞いたかもしれません(初鳴き)。
あまりにも大音量で聞こえてくるので、すぐ近くのアカマツの樹上を見上げてみました。
すると声の主の姿を奇跡的に発見!
フジの細い蔓がアカマツの枝と複雑に絡み合っている薮の奥に小鳥が止まっています。
繰り返し鳴く声と嘴の動きが一致している(リップシンクロ)ので間違いないでしょう。
どうやら縄張りを宣言しながら羽繕いしているようです。
啼くよウグイス平安京!

威嚇のいわゆる「谷渡り」(ケキョケキョケキョケキョ♪@2:38-2:41)はなぜか不発に終わりました。
最後は隣の枝に飛び移り、完全に死角に隠れてしまいました。
撮影終了直後に枝から飛び去りました。


ウグイス♂鳴き声の声紋解析

元の動画ファイルから音声をwav形式にデコードしてから「ホーホケキョ♪」と鳴いている部分を切り出し、スペクトログラムを描いてみました。
撮影した4分間でこの♂はなんと25回も囀りを繰り返しました。
カメラのズーム音が混入した第3回目および第24、25回目の囀りは解析の対象から除外しました。
不発の谷渡りは囀りの15回目と16回目との間に鳴きました。

9回目の囀りを切り出す際に冒頭に入ってしまった「チャチャチャッ♪」という鳴き声はウグイス♂の地鳴きなのだろうか?


2回目は他の野鳥の鳴き声が混入。















18回目は他の野鳥の鳴き声が混入。






不発の谷渡り
 各回の声紋を重ね合わせて平均をとればウグイス♂による囀りの典型的な声紋が得られるのかもしれませんが、素人には具体的な方法が分からないので、生データをそのまま掲載します。
並べて眺めているだけでも、なんとなく特徴的な声紋が見えてきます。
耳で聞くと同一個体の囀りにも微妙な長短、高低のバリエーションが明らかに存在します。(同一の主題による変奏曲)
ホーホケキョ♪の冒頭ホー♪の部分に重なってチャチャチャッ♪と舌打ちのように聞こえるときがよくあるのですが、声紋にも如実に現れています。
果たしてこれが同一個体♂による地鳴き(笹鳴き)の成分なのか、バードウォッチング経験の浅い私には分かりません。

【追記】
『野鳥を録る』p209によると、
ウグイスのさえずりにも「ホー」の部分が2,500Hzと高いH型(High)の「ホーホケキョ」と1,700Hzと低く鳴くL型(Low)の「ホーホケキョ」があり、それぞれ意味があるそうです。
高い声は♀へのラブコール、ドスの効いた低い声は隣接する縄張りの♂への威嚇や宣言の意味らしい。
さて、私の聞いた囀りはどちらの型でしょう?

今回私の解析した声紋にはどれも16,000Hz付近で不自然な上限があります。
これはカメラの仕様で音声をac3形式に圧縮しながら録音するため非可聴域が失われたせいです。




6 件のコメント:

  1. しぐまさんSpectrogramをお使いでしょうか。
    今見たら、vir.5.0というのがありましたが、それでしょうか。ダウンロードから、使い方、絵の貼り付け方、などお教えねがえないでしょうか。ooyagiakiraアツトマークyahoo.co.jpです。よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは。
      虫や鳥の鳴き声の声紋解析に興味があって最近始めました。
      独学で真似事をやってるだけなので、とても人様に教えられるレベルではありません。
      使用ソフトウェアなどについては次の記事(ヒメクサキリ褐色型♂の鳴き声♪を解析してみる)の最後をご参照ください。
      http://sigma-nature-vlog.blogspot.jp/2012/02/blog-post.html
      KWave Sound Editorというソフトウェアでもソナグラム解析ができることを最近知ったのですが、まだ使いこなせていません。

      snowmeltさんのPCはwindowsですよね?きっと。
      私はLinux使いなので、圧倒的な少数民族です。
      すぐに使えそうなネット情報も少なくて苦労しています。

      http://wwwsoc.nii.ac.jp/osj/japanese/katsudo/Letter/no12/OL12.html#02
      http://ornithology.jp/osj/japanese/katsudo/Letter/no32/files/gakko-2010-slides.pdf
      http://ornithology.jp/osj/japanese/katsudo/Letter/no32/files/gakko-2010-text.pdf
      この辺を勉強しようとブックマークしたものの、忙しくてなかなか手が回らず、見切り発車で我流でやってます…。

      linux環境でのやり方なら教えられますけど、どうしましょう?

      削除
  2. 私のはWindowsです。Linaxには躊躇します。Win2000の時にgramというソフトで
    我流でカエルの声を分析できないかとやったのですが、操作も正しいかよくわからず、波形を見てもよくわからず、傾向だけこんなものだろうとやったことはあるのですがちゃんと教えていただけないかと思った次第でした。我流でやってみます。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. お役に立てず、すいませんでした。
      私の方こそ誰かに実践的なことをみっちり教えてもらいたいところです。
      windows環境の方が各種ソフトウェアや関連情報も充実していると思います。
      ところで、vir.5.0やgramというソフトウェアをぐぐってもうまく検索できませんでした…。
      お手数ですが、URLを教えてもらいませんか。

      削除
  3. こんばんはしぐまさん
    URLは
    http://www.electronics-lab.com/downloads/pc/003/
    です。コゲラの木登り-すごいズームですね。何メートルくらい離れていますか。

    返信削除
    返信
    1. ご紹介ありがとうございました。
      やはりwindowsはソフトが充実してますねぇ。

      コゲラの木登りはテレコン入手前に撮った映像で、光学24倍ズームです。
      距離は…すいません覚えてません。
      20mぐらい?(当てずっぽう)
      フィールドで何か見つけるとすぐに動画撮影に没頭してしまうので、群れの数や距離などの情報を見落としてしまうのが私の悪い癖です。

      削除

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts