2017/05/21

パン屑を採食するハクセキレイ♂(冬の野鳥)



2016年12月中旬

川岸の桟橋でカモ類にパンを千切って給餌する家族連れがいました。(映像公開予定)
その家族と鴨の群れが帰った後でハクセキレイ♂(Motacilla alba lugens)がやって来て、桟橋の板に散乱した白くて細かいパン屑を丹念に啄み始めました。
(ハクセキレイが食べているのは雪ではなくてパン屑です。大き目の欠片は全てカモ類が食べ尽くした後なのです。)
パンを食べるハクセキレイは以前、都市鳥に関する本で読んだ通りでした。
ハクセキレイがヒトをあまり恐れなくなり、学習した結果、いつも給餌のおこぼれに預かってるのでしょう。
ただし、先程の家族連れからカモ類に混じってハクセキレイが直接パンをもらっていた記憶はありません。

私も試しに給餌してみれば良かったのですけど、あいにくパンなど食物を何も持ってきていませんでした。(そもそも野鳥への給餌行為があまり好きではありませんし。)

※ 夕方に撮った薄暗い映像に対して動画編集時に自動色調補正を施しています。






0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts