2015/12/18

音叉でアカオニグモ♀(蜘蛛)を騙せるか?



2015年9月下旬・午前6:24

アカオニグモ♀の定点観察#8


徹夜の観察を終えた私は荷物や機材を片付けて帰りかけたのですが、気温が上がってレンズの結露が乾きカメラが復活したので現場に引き返しました。
今までの経験上、次回に来るまでアカオニグモ亜成体♀(Araneus pinguis)が無事で居る保証はないので、撮れるときに貪欲に撮っておかないと後悔することが身に沁みて分かっています。

楽器のチューニングで使う音叉(A-440Hz)を使った簡単な実験をこの機会に試してみることにしました。
『クモの巣と網の不思議:多様な網とクモの面白い生活』p82によると、

虫が300〜700ヘルツの振動を出すとき、クモはエサとして反応します。吹奏楽やオーケストラの音合わせに使われるA音の高さの音さは440ヘルツですからこの範囲に入っています。音さを網糸に触れると、クモを導き出すことができます。

映像の冒頭でクモはタニウツギの葉裏に作られた隠れ家に潜んでいます。
音叉を鳴らして垂直円網にそっと触れてみます。(明るい昼間は網がうまく写りません。)
ところが初めアカオニグモ♀は全く無反応でした。
クモの反応が鈍いのは余り空腹でないからでしょうか?
配偶行動と産卵の使命がある♀は、未知の信号に対して慎重になるのかな?
しつこく実験を繰り返すと(四度目の正直)、ようやく隠れ家から飛び出してきました。
音叉の振動がすぐに減衰してしまうためか、近くまで来ても音叉に噛み付いたり捕帯によるラッピング行動を解発するには至りませんでした。
歩脚でしばらく音叉に触れて獲物ではないと見破ったクモは、そそくさと隠れ家に戻ってしまいました。

私が慣れていないだけで、実験のコツが何かあるのかもしれません。
音叉を網に触れながら繰り返し鳴らす工夫があれば上手くいきそうなのですが、網を壊してしまいそうです。
持続的な振動を与えるために電動歯ブラシを試してみる?

つづく→#9:網にかかったイチモンジセセリを捕食するアカオニグモ♀(蜘蛛)



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts