2016/01/30

巣の外に捨てられたキイロスズメバチ幼虫の謎【子殺し?】



2015年10月上旬

キイロスズメバチ巣の定点観察#4


キイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)の巣作りを微速度撮影していると、目の前の地面に蜂が幼虫と一緒にボトッと落ちてきました。
幼虫を残して蜂はすぐに飛び去りました。

一瞬の出来事でしたが、巣がオオスズメバチの襲撃を受けている様子はありません。
巣の下の地面をよく調べると、あちこちに幼虫が何匹も散乱していて衝撃を受けました。


オオスズメバチやヒメスズメバチのように他の蜂の巣を襲い幼虫を狩ってきたキイロスズメバチのワーカー♀が、帰巣する前に獲物をうっかり落としてしまったのでしょうか?
それなら肉団子に加工して運搬するはずですし、何匹も幼虫が落ちていることの説明が出来ません。
やはり、軒下の巣から外に捨てられたと考えるのが自然でしょう。
微速度撮影の動画(オリジナルは10倍速映像)を見直しても、蜂が巣口から幼虫を運び出して外に捨てる決定的瞬間を見つけられませんでした。

コロニーの性比を調節するために、例えば雄蜂♂になる幼虫を選んで捨てているのかな?
晩秋で狩場の獲物が乏しくなり、巣内の幼虫を間引いているのでしょうか?(子殺し、口減らし)
それなら幼虫を食べてしまっても良さそうなものです。
せっかく投資したタンパク源をなぜ食べずに巣外に惜しげもなく捨てるのでしょうか?
少なくともコロニーの引っ越しに伴う子殺しではなさそうです。

巣内で病原菌に感染したり病気になった幼虫をワーカー♀が排除して捨てたのかもしれません。
トロイの木馬(寄生者が巣に潜り込んだ)に気づいたワーカー♀が、体内寄生された幼虫を捨てた可能性も考えられます。
実は私は寄生を強く疑っているのですが、詳細は続編のお楽しみ。

落ちた幼虫は丸々と太っており、体液で濡れていました。
落下の衝撃で傷つき出血したのかと初めは思いましたが、おそらく栄養交換液(VAAM)を吐き戻したのだと思います。
その証拠に、捨てられたキイロスズメバチの幼虫の一匹に対してクロヤマアリFormica japonica)のワーカー♀が集っていました。
アリの巣に持ち帰るには重すぎる気がします。
クロヤマアリはキイロスズメバチ幼虫の口元を頻りに舐めて、栄養交換していました。
蟻の巣で共生するシジミチョウの幼虫を連想しました。
この後どうなったか見届けていませんが、巨大なキイロスズメバチ幼虫を家畜としてアリの巣に運んだとしたら愉快ですね。



初めに見つけたキイロスズメバチの遺棄幼虫を指で摘んで採集してみると、初めて触ったその感触があまりにも柔らかく頼りないことに驚きました。
ブヨブヨで全く掴みどころがありません。
体表にクチクラ(外骨格)がほとんど発達していないようです。
丸々と太った蜂の子は、育房の外では自重を支えられないのでしょう。

(健康なキイロスズメバチ幼虫を育房から取り出してみるとまた感触が異なるのかもしれません。)
幼虫の口元に触れて刺激すると栄養交換液を吐き出すことを実演すればよかったですね。
私は未だ蜂の子を食べたことがないのですけど、これを見て美味しそうだと思う人もいるでしょう。


せっかく貴重な蜂の子を採集したのに帰路で他の虫を採集する必要に迫られ、採集容器が足りなくて悩んだ末に蜂の子を捨ててしまいました。(痛恨の判断ミス)
飼育下で給餌して育てるのは難しそうですが、解剖して体内寄生の有無を確認すべきでした。


映像の最後(@2:39〜)は更に奇妙な事件簿です。
キイロスズメバチが営巣した古い木造家屋の地面に接した基礎部分の材木の割れ目にキイロスズメバチの幼虫がぺったんこに潰れて挟まっていました。
なんでこんな所に幼虫が挟まっているのか、まるで猟奇事件です。
スズメバチの幼虫は脚が退化していて歩行能力が皆無ですから、地面に落ちた幼虫がこんな所に偶然嵌り込むことはあり得ません。
アリが運ぶ途中で挟まったと考えるのも無理がある状況です。
モズの速贄はやにえなど、野鳥による貯食行動の結果ではないかと推理してみました。


つづく→#5:キイロスズメバチ♀の巣作り

【追記】
記事を書き終えてからネット検索してみると、この現象はよくあるようです。
ルイワン氏のブログ「スズメバチの巣から大きな幼虫をくわえた働き蜂が降ってくる謎」では晩秋に飢餓で死んだキイロスズメバチの幼虫を捨てていると、私の寄生説とは全く違う説明がなされていました。

スズメバチの雄成虫や新女王蜂は、幼虫から頻繁に栄養価の高い唾液分泌物を一方的に摂取するだけなので、急速に衰弱して死亡する幼虫が多くなる。
スズメバチの働き蜂は、こうして死んだスズメバチの幼虫を引き抜いて、巣の外に運び出す。そして、それらの幼虫の死骸が巣の直下に散乱することとなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts