2013/08/19

ヘビイチゴの果実で争うナガカメムシ科幼虫の群れ



2013年7月上旬

ヘビイチゴの群落で赤い果実に見慣れないカメムシを何匹も見つけました。
体長が不揃いですけど、未だ幼虫なのか性差なのか、カメムシに疎い私には分かりません。
全て同種のカメムシでしょうか?
未採集、未採寸。

ヘビイチゴの痩果をめぐって数匹が激しく喧嘩しています。
赤く熟した果実に口吻を突き刺して甘い汁※を吸いたいのだと思いますが、餌資源の占有行動でしょうか。
(※ ヘビイチゴの実は我々ヒトが食べても甘くありません。)
吸汁しながらお山の大将のように、下から登ってくるライバルの接近を長い後脚で妨げたり(牽制)払い除けたりしています。
最終的には体の大きい個体がやはり有利のようです。

群落内でヘビイチゴの果実は幾つも実っているのに、なぜ特定の果実で争いになるのか不思議でなりません。
一番熟して大きな果実の争奪戦でしょうか。
もし成虫ならば、♂が質の良い餌場を占有した後で交尾相手の♀を待ち受ける作戦なのかもしれません。
株によっては果実にカメムシが一匹しか来ておらず、その個体はのんびり平和に吸汁しています。

争いが落ち着くと、同じ果実上でも互いに少し離れて吸汁するようになりました。
(完全に独占することを諦めた?)
それでも果実の天辺は優位の個体が占めており、劣位の個体は実の辺縁部に甘んじています。

いつもお世話になっているカメムシBBSに問い合わせたところ、kameotakuさんより以下の回答を頂きました。

ナガカメムシ科の幼虫ですね。種名まではわかりません(当てずっぽうでアムールシロヘリナガ?) 
動画像では終齢幼虫も混じってましたので、飼育すれば羽化するかもですね。
私も、地面に落ちたクワの実を巡ってオオモンシロナガ成虫・幼虫・ダンゴムシの三者が争っているのを見たことがあります。
幼虫同士の喧嘩だとすると、配偶者獲得のためではなく単に食料を独り占めしたいようです。
カメムシの飼育は未経験ですけど、もしヘビイチゴの実と一緒に幼虫を採集したら、同定可能な成虫まで勝手に育ってくれますかね?
もし次に機会があれば試してみようと思います。

関連記事→「アキノキリンソウの花蜜を吸うアムールシロヘリナガカメムシ

動きが激しく、なかなか良い写真が撮れませんでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts