2013/09/19

ダイミョウセセリの交尾



2013年7月下旬

林道脇の茂みにダイミョウセセリDaimio tethys)が止まっていました。
日光浴しているのかと思いきや、翅が多いので変だと気づきました。
よく見ると交尾中でした。
ヒヨドリバナ?の葉先に止まった♀♂ペアが葉の表と裏に葉を挟むように止まっています。

図鑑で調べてもダイミョウセセリの性別判定法は載っておらず、雌雄の斑紋は同じとのこと。
交尾中の結合部を接写した映像・写真から、詳しい人はきっと性別判定が出来るのでしょう。(参考:ゲニタリアについて
私は勉強不足で見分けられません。

無遠慮に接写していたら連結したまま何度か飛んで逃げました。
場所を変える度にしつこく撮影を続けます。
連結飛行は最後の1回だけ映像に撮れました。

木の葉の表と裏にペアが別れて止まりながら交尾するのは本種の特徴なのでしょうか?
先導して飛ぶ方が着陸後は葉裏に隠れたがる性質があるのかもしれません。
後続の個体は連結状態では翅がひっかかり、一緒に葉裏に回り込めないだけ?
…などと考えながら撮っていたら、最後にススキの葉に移動した際は2頭共に葉表に止まれました。
片方は翅を全開にし、もう一方は翅を半開きにしています。

マクロレンズが汚れていてお見苦しい映像になってしまいました。
逆光シーンは映像編集時に自動色調補正を施してあります。







0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts