2017/06/13

夕方の川から飛び立つコハクチョウのペア(冬の野鳥)



2016年11月上旬・午後16:26

コハクチョウの塒入り#1


白鳥の塒入りを見ようと夕方の川にやって来ました。
川に居たのは、おそらく番(つがい)と思われる2羽のコハクチョウCygnus columbianus)だけでした。
川面を並んで泳ぎながら首を上下に動かし、小声で鳴き交わしています。
一旦、下流へ向かいました。
鳴き声が次第に大きくなり、気分を高めているようです。
1羽がちょっとだけ羽繕い。
更に下流へ移動し充分な助走距離を確保すると、2羽揃って羽ばたきながら川面を上流へ走り出しました。
せっかく流し撮りしたのに、残念ながら葦原の死角になってしまい、肝心の離陸シーンは撮れませんでした。
体重の重い白鳥は助走しないとすぐには飛び立つことができません。
この辺りは川が真っ直ぐ緩やかに流れているので、離着陸する滑走路として最適なのでしょう。
川の手前にいたカルガモも白鳥の迫力につられて(驚いて?)群れの一部が飛び立ちました。

ここは白鳥の集団塒のはずなのに、日没近くの時間帯に一体どこに飛んで行ったのでしょうか。
この番の塒はまた別な場所にあるのかな?
以下は私の想像ですが、この番は昼間もこの川に居残って採食していた例外的な個体なのかもしれません。
(白鳥は通常、昼間は川を離れて田んぼ等で採食すると言われています。)
日が暮れて塒入りの時間が近づくと一旦川を離れてから、群れの仲間と一緒に改めてここへ戻ってくるのではないか?と想像しました。
水鳥に給餌しようと川に来る人もいるので白鳥も人馴れしています。
また、このペアが川で羽繕いしたり水を飲んだりする様子をそれまで長々と動画に撮っていたので、私の存在に警戒して逃げてしまったのではないと思います。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#2:塒入りしたコハクチョウが着水後に水を飲み羽繕い(冬の野鳥)

【追記】
『しぜんのせかい10:はくちょう』によると、

・ハクチョウは飛び立つ時、小鳥のようにすぐには飛び立てません。飛行機のように風上に向かって助走して飛び立ちます。(p18より)
・ハクチョウの鳴き声は大きく「コホー、コホー」と鳴きます。飛ぶ時には「コッ、コッ」と短く鳴くこともあります。(p22)



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts