2015/02/03

カブトムシ♂が昆虫ゼリーの容器を持ち上げる奇行



2014年10月上旬〜中旬

カブトムシ♂(Trypoxylus dichotomus)を飼育しています。
昆虫ゼリーのカップを専用の固定容器から抜き取ろうとする謎の行動が増えてきました。
ゼリーカップ(プラスチック製)の縁を角の付け根に引っ掛けて持ち上げ、固定容器から引き抜こうとしています。
(固定容器の側面に何本も巻いている輪ゴムは滑り止めです。)
食べ進んだ結果、口器がゼリーに届かなくなったのかと初めは思いました。

カブトムシが食べやすいように、残ったゼリーを浅い平皿に移して給餌してみました。(映像なし)
ゼリーは意外と水気が多いので、器からこぼれない程度の深さがないと飼育容器全体がゼリーで汚れてしまいます。
ところが皿の上に乗せてやったカブトムシは脚の爪がつるつる滑り、立ち往生しています。
滑り止めの工夫が必要だな…と私が思案していたら、 翌朝になるとカブトムシ♂は止まり木にぶら下がりながら皿から採食する技を自力で編み出していました。
平皿に移した昆虫ゼリーをほぼ食べ尽くしたので、新しいゼリーを給餌してやりました。



するとまたもやゼリーカップを固定容器から抜き取ろうとする奇行が始まりました。
ほとんど成功するもあと少しのところで抜き取れません。(抜けないようにサイズや形状が設計されているのでしょう)
ゼリーは新しくカップの縁まで満タンに入っているので、口器が届かないという不満はないはずです。
飼育下で餌を十分与えられ、力を持て余しているのかもしれません。
私がライバルの♂や交尾相手の♀を見つけてあげられなかったばかりに、単独で飼い続けています。
暇潰しに独りで遊んでいるのでしょうか。
特に夜になるとゼリー固定容器ごと力任せにひっくり返したり、飼育容器の壁面を角で押したり、止まり木を持ち上げたりと乱暴な行動が目立つようになりました。
止まり木のコブを角でぐいぐい押す行動も見ています。
♀が居ない空間に閉じ込められて欲求不満なのでしょうか。
拘禁反応のような異常行動・問題行動だとしたら気の毒です。
幼少期にカブトムシを飼育してこなかった私は、今頃になって初めての体験です。

(昔は昆虫ゼリーなんていう便利なものはありませんでした。)
カブトムシの飼育に慣れた人にとってはもしかしたら別に珍しくない(心配無用な)行動なのかもしれません。

※ プラスチック製の飼育容器越しに撮ったやや不鮮明な映像を元に、YouTubeの動画編集時に自動色調補正を施してあります。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts