2013/07/29

ノアザミに訪花吸蜜するウラギンヒョウモン



2013年6月中旬

ウラギンヒョウモンFabriciana adippe)がアザミの群落で花蜜を吸っていました。
モンキチョウも飛んでいます。

ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンの区別は紛らわしいのですが、図鑑『札幌の昆虫』p281を参考にしました。
次の特徴からウラギンヒョウモンと判明。

  • 後翅裏面 一番上の横列の銀色の紋が5個。
  • 銀紋3個が縦に一列に並ぶ。
  • 褐色紋の縦列がある。



アザミの方は、総苞に粘り気があったのでノアザミですかね?




0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts