2016/07/01

晩の水田から飛んで逃げるアオサギ(野鳥)の家族群



2016年5月中旬・午後19:03〜19:05

日が落ちてすっかり暗くなった水田でアオサギArdea cinerea jouyi)を見つけました。
水を張った田んぼの水面に外灯の明かりが映り、カエルの大合唱♪が辺りに響いています。
ちなみに、この日の日の入り時刻は18:44。

互いに離れた位置に3羽のアオサギが居ました。
一番左側の個体Lは明らかに他よりも小さく、幼鳥のようです。
真ん中の個体Mが畦に登りました。
幼鳥Lが心配で、親鳥Mが様子を見に来たのでしょうか。
幼鳥Lが畦に近いところで何か餌を採食してから畦に登りました。
カメラをもう一度右へ振ったら警戒した成鳥Rが飛び立ち、少し離れた水田に着地しました。
更に私が動画を撮りながら横の道を歩いて近づくと、残るアオサギはL、Mの順に飛び立ち、別々の方へ逃げました。
少し離れた田んぼに着地。
最近のカメラはこんなに暗い条件でもなんとかズームが可能で、光学性能の良さに驚嘆します。(今回は赤外線の暗視映像ではありません。)

最近、野鳥の塒入りについて興味を持って調べています。
今回もし私が邪魔しなければ、家族水入らずで過ごしていたアオサギの群れはそのまま水田をねぐらとして夜を過ごしたのでしょうか?
ひょっとすると意外にも、夜通し水田で採食するのかもしれません。
それとも鷺山のコロニーなど別な場所にある塒に毎晩飛んで帰るのかな?
実際に、暗い夜空を飛んでいるアオサギを見たり鳴き声を聞いたりしたことがあります。


▼関連記事
未明の空を飛ぶアオサギ(野鳥)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts