2014/11/11

ミズナラの樹液を舐めるムツボシベッコウハナアブ♀



2014年8月中旬

里山の雑木林で定点観察しているミズナラの樹液酒場に夕方(18:15 pm)※、見慣れない虻が来ていました。
幹を歩き回り樹液スポットを探し当てると、美味しそうに舐め始めました。
これほど独特の斑紋なのに図鑑で見つかりません。
インターネットで調べ回り、ようやくムツボシベッコウハナアブ♀(Volucella nigropicta)かもしれないと名前が分かりました。
(参考サイト:標本写真解説。)
左右の複眼が離れているので、♀だと思います。

名前の通り、腹背に黒い斑点が6個並んでいます。
ちょっと珍しい種類らしいです。

※ 映像の画質が粗いのは、日が暮れて薄暗いせいです。
写真はストロボを焚かないと撮れないぐらいの暗さでした。
「スズキベッコウハナアブとムツボシベッコウハナアブは夜行性かも」と題した報文が双翅目談話会会誌『はなあぶ』No.15-1(2003年3月発行)に掲載されているらしく、読んでませんが興味深く思いました。

念の為に写真鑑定で問い合わせる?
未採集・未採寸。


▼実は同じ日の午後に♂も観察していました。
ミズナラ樹液を吸いつつ排泄するムツボシベッコウハナアブ♂



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts