2013/07/25

羽繕い中のアオサギを追い払うハシボソガラス【野鳥:烏鷺の争い】



2013年6月中旬

川沿いの建物の屋根にアオサギArdea cinerea)が止まっています。
アオサギは川の堰堤に着水して採食したいようですが、横の堤防に私が立って撮影しているため警戒してなかなか下りて来ません。
仕方なくアオサギは屋根の上で川を見下ろしながら念入りに羽繕いをしています。
飛び立って川の上を旋回しては元の屋根に戻る、という偵察飛行を何度も繰り返しています(関連記事はこちら)。

そこへ左手からハシボソガラスCorvus corone)が登場。
映像では遠近感が分かり難いのですが、屋根の上でアオサギは奥に、カラスは手前に居ます。
羽繕いしているアオサギの目の前をカラスがピョンピョン跳んで通り過ぎます。
目障りなカラスを嫌ったのか、アオサギが急に飛び立ちました。
川の上空を旋回すると再び屋根に戻りました。

トラブルを避けてせっかく離れたのに、カラスは許してくれません。

またもや左手から屋根の上を歩いてハシボソガラスが再登場。
横歩きで挑発するようにアオサギに接近します。
体格では圧倒的にアオサギが勝るものの、カラスに怖気付く様子はありません。
遂にカラスが飛び上がってアオサギに空中からアタックを仕掛けました。
直接つついたり蹴ったりすることはなく、威嚇のようなモビング行動(偽攻撃)です。
アオサギは首をすくめるだけで反撃しません。
右手に着陸したカラスは跳ねながらアオサギの眼の前を再度横切りちょっかいをかけます。

カラスのしつこい嫌がらせに堪りかねたアオサギが遂に飛んで逃げました。
引きの絵にすると、いつの間にか屋根にハシボソガラスがもう一羽加勢しに来ていました。
つがいなのか、勝ち誇ったように並んで屋根に嘴を擦りつけています。
ひょっとすると、近くで営巣してるのかもしれません。
川の水音がうるさくて、この間に鳴き声は聞き取れませんでした。

カラスが天敵の猛禽類に対してモビングを行うのは有名ですが、大型のサギ類にも嫌がらせをして追い払うようです。

関連記事→「ササゴイにモビングするハシボソガラス【野鳥:烏鷺の争い】





0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts