2017/06/02

カキノキとツルウメモドキの実を食べるムクドリの群れ(野鳥)



2016年11月中旬

郊外の民家の庭に植えられたカキノキムクドリSturnus cineraceus)の群れが果実を食べに来ていました。
紅葉した葉はほとんど散ってしまっているものの、果実の見た目は熟柿というよりも未だ少し固そうです。

柿の実を啄みながら、ポトリと脱糞しました(@1:31)。
まさに種子散布の瞬間を目撃したことになります。
満足したムクドリは枝から枝へ移動し、嘴を足元の枝に擦り付けています。

後半の映像(@2:59~)では、込み入った枝の奥で柿の実以外の何かを採食している個体が居ます。
あまりよく見えないのですが、枝に絡み付いた蔓植物ツルウメモドキの実を食べているようです。

最後にヒヨドリHypsipetes amaurotis)が一羽で飛来すると、ムクドリの群れは追われてすぐ横の電柱のてっぺんに避難しました。(@3:59~)
ムクドリは数で圧倒しているのに、ヒヨドリに対しては弱いようです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts