2013/09/13

ハナトラノオの花で盗蜜するクマバチ♀



2013年7月下旬

民家の花壇に咲いたハナトラノオ(=カクトラノオ)にキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)が数匹、訪花していました。
朝は蜜量が多いのか、のんびり時間をかけて吸蜜しています。

ところがよく観察してみると、花の根元を外側から食い破って穿孔盗蜜していました。
後脚の花粉籠が空荷である点も受粉に関与しないことを物語っています。
筒状の花の入り口から潜り込むには体が大き過ぎる上に口吻が短いので、クマバチはハナトラノオに正当訪花しても蜜を吸えないのです。

途中で花壇に飛来したスズメバチとクマバチがニアミスしました。
スズメバチは訪花吸蜜せず、獲物を探索中のようです。





0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts