2015/09/23

キボシアシナガバチ:夜の栄養交換【暗視映像】



2015年7月中旬・夜19:33

キボシアシナガバチ巣の定点観察@柳#13


三脚から外した手持ちビデオカメラでキボシアシナガバチPolistes nipponensis)の巣盤下から撮ってみました。
赤外線の暗視動画で成虫・幼虫間の栄養交換を記録しました。
暗闇でも触角で育房内の幼虫を探り当てることが出来ます。
巣上の蜂が落ち着かないのは、ヒトの接近を気配で感じて警戒しているのでしょう。
キボシアシナガバチは攻撃性が強く、明るい昼間なら危なくてこれほど巣に近づけません。

引き続きビデオカメラの白色LEDの光を照射しても蜂は襲って来ませんでした。
光が眩し過ぎて目くらましのようになっているのでしょうか。
暗い夜は飛べないので攻撃性が下がるようです。
巣盤の下面には創設女王と思われる♀と、♂(早期羽化雄)の1匹ずつしか居なくなりました。
女王は翅をやや持ち上げ、警戒しています。

つづく→#14:夜の排水行動【暗視映像】


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts