2018/04/21

イチョウの街路樹を塒とするハクセキレイ♀♂の群れ(野鳥)



2017年8月中旬・午後18:46〜18:55(日の入り時刻は午後18:30)


▼前回の記事
イチョウ並木に塒入りするハクセキレイの群れ(野鳥)

ほぼ一ヶ月(26日)ぶりの定点観察です。
交通量の多い大通り沿いに植栽されたイチョウ並木にハクセキレイ♂♀(Motacilla alba lugens)が塒入りしていました。
日没後でもう薄暗いため、画質が粗いです。
就塒行動の騒ぎ(塒内での場所取り)は既に収まっていました。
イチョウの青い葉の茂った枝に鈴なりに止まったハクセキレイは、各自おとなしくしています。
背中の黒い♂だけでなく、背中が灰色の♀の姿も見えます。
セグロセキレイも混じっているかと現場では思ったのですが、私の勘違いでした。
この群れは全てハクセキレイでした。

イチョウ並木の中で、前回の観察ではねぐらとして使ったのに今回は一羽もハクセキレイが居ない木がありました。
この群れが毎晩使う集団塒は、特定の木には固執せず、大まかに(臨機応変に)決められているのでしょう。

近くにある某施設の外階段に登るとこのイチョウ並木を見下ろせるので、観察・撮影するには好都合です。
実は車道を挟んで反対側のイチョウや広葉樹(樹種不明)の樹幹にも数羽のハクセキレイが潜んでいたのですが、うまく動画に撮れず割愛。

※ 実際はもっと薄暗いのですが、ハクセキレイの性別を見分けるために動画編集時に自動色調補正を施して明度と彩度を上げています。


ハクセキレイ♀♂群れ@集団塒:イチョウ並木

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts