2016/12/03

ゴイサギ幼鳥同士の喧嘩と威嚇誇示



2016年8月中旬・午前4:55〜5:03(日の出時刻は4:57)
▼前回の記事
朝、池の水を飲むゴイサギの幼鳥(野鳥)

浅い溜池に散開してのんびり採食中のゴイサギNycticorax nycticorax)幼鳥群で、早朝からときどき小競り合いが勃発します。

背中の羽毛を逆立てて体を大きく見せながら頭を低く下げ相手と対峙するのが威嚇の誇示行動なのでしょう。
その姿勢で近くの個体へ急に歩み寄って跳びかかり、追い払います。
このときグワッ♪という鳴き声が響きましたが、喧嘩中の個体の鳴き声かどうか不明です。(カルガモかも?)
決して嘴による突付き合いとか本格的な激しい喧嘩には発展せずに離れて終わります。

縄張り争いというほどではありませんが、池の中で互いに適度なパーソナルスペースを確保するための争いではないかと思います。
個体間距離が近過ぎると緊張が高まるのでしょう。
池全体を上から見下ろすアングルで微速度撮影してみたら、ゴイサギ幼鳥群の分布の時間的変化を可視化できそうです。




先日、同じ池でちらっと見かけた小競り合いと同じ行動が繰り返されたので、様式化された誇示行動なのでしょう。

▼関連記事
ゴイサギ幼鳥間の小競り合い

つづく→枯れたハンノキを登り実を甘噛みするゴイサギ幼鳥(野鳥)



【追記】
日高敏隆『群となわばりの経済学』p39によると、
餌をとるときになると、群は散開体勢をとってひろがる。争いの発生を避け、しかも獲物を脅かさずに近づける。群をつくる個体間の距離は、そのときどきでの彼らの収支のバランスを示しているのである。
この記述は「餌をとるフラミンゴの群」と題した見開き写真に付いた解説文なのですが、フラミンゴは塩湖の藻を食べる草食性なので、下線部については少しズレていますね。
むしろゴイサギのような肉食性の鳥に当てはまることだと思います。






ヌルデミミフシ(虫瘤)



2016年8月下旬

峠道の横に生えたヌルデの灌木で葉に虫こぶ(虫瘤、虫えい)が形成されていました。
これはヌルデシロアブラムシ(Schlechtendalia chinensis)が寄生してできたヌルデミミフシと呼ばれる虫こぶです。
枝によって色づき方が違うのは、形成時期にズレがあるからですかね?

次回は虫えいをカットして内部を調べてみよう。



2016/12/02

早朝の池に飛来したダイサギ(野鳥)が採食、羽繕い



2016年8月中旬・午前4:55

早朝の溜池に一羽の白鷺が飛来しました。
もう充分に明るい状態で、ほぼ日の出時刻でした。
ちなみに、この日の公式な日の出時刻は午前4:57。

横顔の目元にズームインすると、ダイサギArdea alba)と判明。
白鷺のことは未だ勉強不足なのですが、嘴が黄色いということは冬羽らしい。
真夏なのになぜ冬羽なのか?という素朴な疑問を抱きました。
若鳥なのかな?

古い本ですけど『科学のアルバム:シラサギの森』を紐解いてみると、次の記述と写真を見つけました。

(ダイサギの)親鳥のくちばしは、くすんだグリーン。若鳥のくちばしは、あざやかなオレンジ。(p11より)
巣立ち前の若鳥を写した掲載写真の撮影時期(何月か?)を知りたいところです。


浅い池にダイサギが着水すると、近くに居たゴイサギの幼鳥が慌てて飛び退きました。
ダイサギはあまり混み合っていない場所に歩いて移動しました。
嘴を軽く水でゆすいだように見えましたが、水は飲まず、獲物も本気で捕食していません。
つづいて嘴で羽繕いをしました。


手前はアオサギの若鳥





桑の葉の隠れ家に潜むヤマシロオニグモ♀(蜘蛛)


2016年8月中旬・午後18:00

用水路沿いに生えたクワの葉裏にヤマシロオニグモ♀(Neoscona scylla)を見つけました。
触肢は発達していないので、♀または幼体だと思います。



フラッシュを焚いて写真を撮っていたらクモは閃光を嫌ったのか、移動を始めました。
葉表に回り込んで葉柄近くに移動しました。
葉を軽く糸で綴って隠れ家になっているようです。

これから暗くなると造網を始めるのかと期待しましたが、辺りに枠糸などは見当たりませんでした。

あまり見かけない種類ですけど、この近くで前年にも見ているので、ほそぼそと生息しているようです。

▼関連記事
ヤマシロオニグモ♀アトグロ型(蜘蛛)が垂直円網で身繕い



2016/12/01

朝、池の水を飲むゴイサギの幼鳥(野鳥)



2016年8月中旬・午前5:16

▼前回の記事
池に飛来し、飛び去るゴイサギ幼鳥

溜池の中に散らばっているゴイサギNycticorax nycticorax)幼鳥群の中で、手前の東岸に佇む個体に注目しました。
この直前に飛来して池に着水したのです。(映像無し)
しばらくすると、岸辺を歩き始めました。
つづいて池の水を3回に分けて飲みました。
嘴で水を一口すくう度に頭を上げて喉に流し込んでいます。

その後、全身の羽毛を一瞬だけ逆立てた仕草は何を意味しているのですかね?
小声で鳴いているような気もするのですが、定かではありません。
ブラインドの陰からズームを多用して幼鳥の横顔を撮っていたら、どうやら私の存在に気づいてしまったようです。
突然岸辺から飛び立ち、逃げてしまいました。



この日初めて使ってみた迷彩ブラインドの効果は抜群でした。
この映像が撮れただけでも元が取れた気になりました。
夜通しで観察してきた中で一番感激した瞬間です。
ブラインドが無ければ、水鳥をこんな間近から撮るのはとても無理です。
今回は望遠レンズを使わなくても済むぐらいの近距離でした。


つづく→ゴイサギ幼鳥同士の喧嘩と威嚇誇示


眼の周りが緑色でした。

余談ですが、夜明け前(深夜3:00頃)に池の畔でブラインドを木陰に張っているときに思わぬ出会いがありました。
背後の土手の茂みからガサガサと小動物が動く音がするので赤色灯で照らしてみると、そこに居たのはなんとハクビシンPaguma larvata)でした。
向こうもニアミスに驚いてすぐに引き返して逃げて行きました。
証拠映像が撮れずに残念無念。
一瞬の出会いでしたが、タヌキの顔ではありませんでした。
外来種のハクビシンが溜池周辺に生息しているとは、嬉しい発見でした。
暗闇で作業していた私の物音を聞きつけて、好奇心旺盛なハクビシンが様子を見に来てくれたのでしょう。






ミズナラに形成したナラメリンゴフシ【虫こぶ】経過観察#6



2016年7月下旬

虫瘤ナラメリンゴフシの定点観察記録#6


山間部の道端に生えたミズナラ幼木の枝先に形成されたナラメリンゴフシを9日ぶりに見に行きました。

全体的にすっかり木質になり、これ以上変わることはなさそうです。
乾いて少し萎んだかもしれません。
草刈りのとばっちりでいつミズナラごと伐採されるか分からないので、虫こぶを採集して持ち帰りました。

虫えいを切断して内部の構造(断面)を観察してみる?

シリーズ完。



2016/11/30

池に飛来し、飛び去るゴイサギ幼鳥



2016年8月中旬
▼前回の記事
ゴイサギ幼鳥が群れる池の夜明け

シーン1:午前5:09

ゴイサギNycticorax nycticorax)幼鳥が一羽ずつ飛来し(計2羽)、溜池の上空で旋回すると着水しました。
空を見張っていなくても、水面に映る影で鳥の飛来を予測できることに気づきました。

近くでカワセミの鳴き声が聞こえますけど、どこに居るのか見つかりませんでした。



シーン2:午前5:36

2羽のゴイサギ幼鳥が飛び立ち、池に残っている群れは7羽になりました。


つづく→朝、池の水を飲むゴイサギの幼鳥(野鳥)



ヒマワリの花で採餌するクロマルハナバチ♀



2016年8月下旬

平地の畑の端に咲いたヒマワリ(向日葵)の群落でクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
この組み合わせは意外にも初見でした。
花から花へ飛び回る蜂の体中が橙色の花粉にまみれています。
台風の影響で倒伏したヒマワリの株もちらほらありますが、どの花もほぼ東を向いていました。



2016/11/29

ゴイサギ幼鳥が群れる池の夜明け

2016年8月中旬

ゴイサギNycticorax nycticorax)は本当に夜行性なのかこの目で確かめようと、定点観察している溜池で深夜から朝まで徹夜の観察をしてみました。
ちなみに、この日は月齢16.3の満月が夜通し照らしていて、月の入り時刻は午前5:31。
日の出時刻は午前4:57。

我々ヒトの肉眼はなかなか暗視性能に優れていて、深夜の月明かりだけでも水鳥のシルエットは充分に見えます。
しかし、普通のカメラでは暗過ぎて闇しか写りません。
ストロボを焚いて写真に撮っても光が届かなそうですし、鳥がたちまち驚いて逃げてしまいそうな気がしたので、使いたくありません。
暗視カメラの赤外線投光機も非力で広い池では届かず、使い物になりません。
仕方がないので夜が明けるまでは池の畔にじっと座り込み、とにかく観察に専念しました。
蒸し暑い夜で、藪蚊の襲来に悩まされました。

溜池の北西より忍び寄ってみて分かったのは、夜でも水鳥の群れに近づくのは至難の業でした。
同じ池を集団塒としているカルガモAnas zonorhyncha)の警戒心がとにかく強く、すぐに私に気づくと大騒ぎして次々に飛び去ってしまいました。
新月の晩に忍者のような黒い服を着て行くべきかもしれません。
あるいは日中からブラインドを張って隠れ、夜の水鳥を待ち構えるしかなさそうです。




そのまま私がひたすらじっとしていると、逃げたゴイサギがときどき戻って来て、溜池の上空を偵察飛行しました。
池の畔に座っている私の姿を認めると、旋回してまた飛び去ってしまいます。
わざわざ私の様子を見に来て、その正体や危険性を確かめようとしているようです。
満月を背景にに飛ぶゴイサギのシルエットはとてもフォトジェニックでした。
これだけでも動画に撮りたかったです。

夜間、飛翔中に「クワッ」とカラスのような大きな声で鳴くことから「ヨガラス(夜烏)」と呼ぶ地方がある。昼も夜も周回飛翔をして、水辺の茂みに潜む。(wikipediaより)

夜も自由自在に飛べるゴイサギは、いわゆる鳥目(夜盲症)ではないことは明らかです。
ゴイサギの目に夜行性を実現するための解剖学的な秘密が隠されているのでしょうか?
ネット検索すると、やはりゴイサギはタペータム(輝板)を持っているようです。(参考ブログ:Backyard Biology)

徐々に水鳥が池に戻って来て、私から離れた池の中央または対岸近くに集まり始めました。
長時間粘って池を見張ってみたところ、本で読んだようなゴイサギの漁り火漁はここでは行われていませんでした。
この池には、水面を照らし魚が集まるような強い照明が無いのです。
そもそも池の状態に問題がありそうです。
雨が少ないせいか溜池の水位がかなり下がり、ほとんど泥沼の状態でした。
かなりドブ臭く、お世辞にも水質が良いとは言えません。
ここに集結する多数の水鳥(カルガモ、ゴイサギ、アオサギ、チュウサギなど)を養えるほど多数の餌や獲物(魚など)がこの池に生息するとはとても思えません。
水鳥がこの池に集まる理由が不思議でなりませんが、餌場というよりも比較的安全な集団塒として利用しているだけかもしれません。

午前2:40、明け方の撮影に備えて私は池の畔を東岸に移動しました。
すると池の水鳥は警戒して一羽残らず飛び去ってしまいました。
その間に柳の大木の下にブラインドを張って隠れました。(詳細は記事を改めて書きます。)
しばらくすると、逃げた水鳥が日の出前に続々と池に戻って来てくれました。
勇敢な初めの一羽が着水すると、それを見た後続の水鳥が安心して次々に飛来します。




動画の撮影時刻は午前4:34〜5:40。
ちなみに、この日の公式な日の出時刻は午前4:57、月の入り時刻は午前5:31。

ようやく夜が明けてきて水鳥が見分けられるほど明るくなると、未だかつて無いくらい多数のゴイサギ幼鳥を一度に観察することが出来ました。
初めて使ってみたブラインドの効果は抜群です。
昼間の定点観察で見ていたゴイサギの群れは氷山の一角でした。
優占種はゴイサギで、他にはアオサギ、チュウサギ、カルガモが居ました。
以前この池で営巣していたヨシゴイの姿は見当たりません。
ゴイサギの群れは幼鳥ばかりで、成鳥は一羽も居ないことが判明しました。
繁殖期を終えたゴイサギ成鳥は幼鳥を残して一足早く暖かい地域に渡りをするのですかね?
ゴイサギは留鳥とされていますが、寒い地域では冬に暖かい地域へ移動するらしい。

池の中を少し歩き回るゴイサギ幼鳥もいるものの、ほとんどの個体が呆然と佇んでいるだけです。
ゴイサギ幼鳥同士の小競り合いがときどき勃発します。
これだけ数が多いと、どの個体を撮るべきか目移りしてしまいます。
ゲッゲッ、ガッガッガッなどの鳴き声が聞こえますけど、どの鳥が鳴いているかよく分かりません。

後半になると水鳥の数がどんどん減っていくのは、池からどんどん飛び立って行くからです。
朝になって集団塒からの自然な離塒なのか、それとも私の存在に気づいて逃げて行ったのか、不明です。
苦しい体勢での長時間撮影に堪りかねて私がブラインドの陰で立ち上がったりしたからです。

つづく→池に飛来し、飛び去るゴイサギ幼鳥








帰巣時に迷子になったクロマルハナバチ♀



クロマルハナバチの巣:定点観察#3



▼前回の記事
クロマルハナバチ♀の定位飛行【ハイスピード動画】

2016年6月上旬・午後15:10〜15:50

巣穴に出入りするクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀をハンディカムでも動画に撮りました。
プレレコーディング機能をONにしておいて、帰巣する羽音が聞こえたら撮影開始すれば、その10秒前から記録してくれるので無駄に長撮りする必要もなく便利です。
後脚に白い花粉荷を付けて巣に持ち帰る個体や、空荷で帰巣する個体がいます。

興味深いのは、ラストシーンで帰巣時に迷子になる個体がいたことです。
外役に出るのが初めてでも出巣の際に定位飛行して巣穴の位置や周囲の環境を記憶したはずなのに、巣穴とは違う左の排水口の辺りをウロウロと飛び回っていました。
それでもなんとか無事に帰巣しました。
空荷なので、おそらく採餌経験の浅い未熟な(日齢の若い)ワーカーだと思います。

迷子になった原因は幾つか考えられます。
まず第一に、ハイスピード動画を撮るために私が巣穴の前に三脚を立てたので、蜂が定位飛行したときと比べて巣穴周辺の景色が激変したのかもしれません。
第二に問題となるのは、この営巣地が非常に人工的な繰り返し構造になっていることです。
このコロニーは峠道の法面を補強する土留のコンクリート壁面に開けられた排水口の一つに営巣しています。
同サイズ(直径7cm)の排水口が横に1m間隔で30m以上も並んでいます。
コンクリート壁の両端は別として、上下に2個ずつ排水口が並んでいます。
つまり非常に人工的で無機質な繰り返し構造の環境なのです。
これでは蜂も覚え難いのは当然です。
下の側溝から生える雑草であるとか、排水口に詰まった土から生えるコケや草とか、上から垂れ下がっている茎などの微妙な植生の差異を目印にして蜂は巣穴を記憶しているのでしょう。
一方、私は目印のビニールテープを貼った上に、「左から3番めの排水口(上下に穴は並んでいない)」というように、座標の概念で覚えるようにしました。
このような人工的な繰り返し構造の営巣地では、創設女王が迷子になって二巣並行営巣を始めてしまう例をこれまでスズメバチ科で観察しています。
しかし、今回のクロマルハナバチのコロニーは一つの排水口だけで営巣していました。
営巣初期の様子を見逃してしまったのが残念です。

つづく→#4:クロマルハナバチの巣穴に侵入するクロスズメバチ♀の謎【HD動画&ハイスピード動画】


2016/11/28

クズの蔓と戦う電柱支線用かずら巻き防止ガード



2016年8月上旬

電柱を支えるケーブルにクズなどの蔓植物が巻き付いて電線まで登ってしまうと地絡事故が発生する恐れがあります。
除草の手間を省くため、ケーブルに予め円筒状のカバーを被せています。
郊外の電柱でたまに見かけるこのカバーは、電柱支線用かずら巻き防止ガードと呼ぶらしい。
ある程度以上直径の大きな物体には蔓が巻き付くことができない性質を利用しているのです。

実際に電柱支線を伝ってクズの蔓が伸びる様子やかずら巻き防止ガードの効果を長期間の微速度撮影で記録してみたいものです。



以下の写真は、今季あちこちで見かけた電柱支線用かずら巻き防止ガードの例です。


 2016年8月下旬

せっかく設置したのに草刈りしているようで、効果は不明。


線路沿い

電柱支線用かずら巻き防止ガードが無い場合。

草刈りまたは除草剤で対処している?
【追記】
電柱に直接設置する別タイプの「蔓性植物巻き付き防止具」も見つけました。
電柱の直径を手っ取り早く(安上がりに)太くして、蔓植物が巻きついて登れないようにする工夫です。











ムクゲの花蜜を吸うトラマルハナバチ♀



2016年8月中旬・午前6:40

農道沿いに植栽されたムクゲの生垣でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。

中央の雄しべに白い花粉が大量に用意されているのに、蜂は花の奥に潜り込んで花蜜に夢中です。
雌しべに触れていないので、この場合は送粉者(受粉媒介者)の役割を果たしていませんね。
体中が白い花粉で汚れています。
ただし、後脚の花粉籠に運んでいる橙色の花粉団子がムクゲ由来とは限りません。(顕微鏡で実際に花粉を調べてみないと分かりません)

『ヤマケイポケットガイド5:庭木・街路樹』p101によると、

(ムクゲの)花は、朝開いて夕方にはしぼむ一日花。多数の雄しべがくっついて筒状になるのが、特徴。



『昆虫の集まる花ハンドブック』p38でムクゲを調べると、

たくさんの雄しべが斜め上を向いた長い筒をつくり、その中を雌しべが貫き先から頭を出している。5枚の花びらの付け根の奥に蜜があり、ミツバチやクマバチ、セセリチョウなどが来るが、彼らは小さすぎて雌しべの先端には触れない。花粉を媒介するのは羽の透明なオオスカシバで、雄しべの筒に乗るようにして蜜を吸い、雌しべの先にも触れる。




2016/11/27

池の畔から柳の木を経てコロニーへ飛び去るアオサギ(野鳥)



2016年8月中旬・午後17:35頃

溜池に私が近づくとアオサギArdea cinerea jouyi)が警戒声を発して飛び立ち、背の高い柳の梢に着地しました。
風で揺れる細い枝にも器用にバランスを取って止まっています。
他の鳥に私が気を取られている隙に、アオサギが柳の梢から飛び立つと、コロニーのある河畔林のハンノキ樹冠に止まりました。

同じ柳の樹の下に隠れて羽繕いしていたアオサギとは別個体です。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。






ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts