2016/11/05

夜ケヤキ並木の集団塒で寝静まらずに鳴き騒ぐムクドリの大群【野鳥:暗視映像】



2016年7月下旬


▼前回の記事
ケヤキ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の大群

集団就塒を見届けてから少し休んで時間を潰しました。
完全に暗くなってから現場に戻ると、ケヤキ並木ではムクドリSturnus cineraceus)の大群が未だ寝静まらずに鳴き騒いでいました。
集団塒の下の道を歩いてもムクドリは警戒して飛び立つことは殆どありませんでした。
照明は一切使わず、樹の下に忍び寄って赤外線の暗視カメラで撮影してみます。
(恥ずかしながらビデオカメラ内蔵の時計が狂ったままで、撮影時刻が分からなくなってしまいました。)
鳴き声を頼りに探しても、ムクドリが茂みのどこに隠れて鳴いているのか、全く分かりません。

音声をヘッドフォンで注意深くお聞きになった皆さんはお分かりになったかと思いますが、ムクドリの鳴き声に混じって打ち上げ花火の爆裂音が遠くからかすかに聞こえてきます。
偶然この日は花火大会でした。(田舎なので、規模は小さいです。)
花火の打ち上げが始まっても、ムクドリは塒で鳴き騒ぐだけで、花火の爆裂音に驚いて逃去することはありませんでした。
打ち上げ推定地点からの直線距離は約2kmもあり、影響は少ないようです。

数時間後にムクドリが寝静まった様子も撮影すべきでしたが、誘惑に負けて打ち上げ花火を見に行きました。
打ち上げ会場である河原に生息する水鳥の立場になってみれば毎年開催される花火大会は騒音公害(および光害)でしかなく、いい迷惑でしょう。
野鳥への影響を調べるのは今後の課題です。

『マン・ウォッチングする都会の鳥たち』によると

(ムクドリの)冬季の塒についてはよく知られているが、夏や秋の塒は、突発的に出現し、短期間に消失することが多いので、実態がよくつかめないのが現状である。(p178)
ムクドリが夏から秋に塒として利用する樹木は、イチョウやプラタナス、ケヤキといった落葉樹の高木が多い。したがって、秋の塒は落葉後まで利用されることはない。(p181)



打ち上げ花火が無い夜は、ムクドリの集団塒はもっと早くに寝静まるでしょうか?
まさか夜中も寝言のように鳴き騒ぐのでしょうか?
この点を調べるために、頑張って翌日も見に行きました。


つづく→就塒前集合場所に向かって飛んで行くムクドリ(野鳥)の群れ


『カラー版自然と科学50:ムクドリ』p30-31によると、

ねぐらのしげみのなかでは、一晩中リャーリャー、ギャーギャーとなきながらすごしています。ねぐらにむれる鳥は、日本ではムクドリのほかにスズメやカラスなど何種類かがしられています。(中略)ムクドリはこれらの種のなかでもっとも大きな群れとなり、夜をすごすのが見られる鳥です。



日本野鳥の会『ムクドリのなかまたち(みる野鳥記)』p54によると、

(ムクドリの)群れは、だいたい日暮れ前に、ねぐらの近くに集まり、日が落ちると、ねぐらのしげみに入っていきます。そして、ほとんど寝ていないのではないかというくらい、一晩中鳴き続け、夜が明けると、また、食物を探しに出かけていきます。


ケヤキ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の大群



2016年7月下旬・午後18:53〜19:12


▼前回の記事
ムクドリ(野鳥)の大群が高圧線の鉄塔Aに就塒前集合

運動場(グラウンド)の端にケヤキが並んで植栽されています。
葉の生い茂ったケヤキの樹冠にムクドリSturnus cineraceus)の大群が塒入りを始めました。
ここは大通りには面していないので、少し静かな住宅街です。

グラウンドの近くに聳え立つ高圧線の鉄塔A
#30およびその隣の電柱・電線に就塒前集合していたムクドリが、まるで木の葉落としのように数羽ずつ急降下してケヤキの梢に飛び込んで行きます。
リャーリャー♪と大声で鳴き交わして喧しい。
薄暗くなっても塒内でしばらくは落ち着かず、枝から枝へ移動したりときどき一斉に飛び立って大群で並木の上空を低く飛んだりしています。

ムクドリの大群は一斉に塒入りするのではなく少しずつ飛び込むのは、私に見られているから警戒し就塒を躊躇っているのでしょうか?
後日に何度かムクドリの塒入りを観察しても同様でしたので、これがムクドリの流儀なのでしょう。

遂にムクドリの集団塒を突き止めることが出来て、感無量です。
鳥の糞はグラウンドに落ちるからまだ許せるにしても、鳴き声のすさまじい騒音で近隣住民には迷惑そうです。

つづく→夜ケヤキ並木の集団塒で寝静まらずに鳴き騒ぐムクドリの大群【野鳥:暗視映像】


電柱に就塒前集合するムクドリ

アカソの葉裏に産卵を試みるアカタテハ♀



2016年7月下旬・正午頃

山間部の道端に生えたアカソの群落でアカタテハ♀(Vanessa indica)が思わせぶりに飛び回っていました。
葉裏に腹端を擦り付けてから飛び去りました。
葉に止まる時間が短くて、本当に産卵したのか不明です。
最後は斜面に生い茂ったアカソの群落の方へ行って茂みに隠れてしまいました。

蝶が止まった葉を撮影直後にめくって調べてみたものの、アカタテハの卵を見つけられませんでした。
ときどきフィールドで遭遇するこういうケースは、どう解釈したら良いのですかね?

  • 私の探し方が未熟なだけで卵を見落とした?
  • ♀が食草を腹端で探ったものの気に入らずに飛び去った?
  • 卵巣が未だ発達していない未成熟な♀?
  • あるいは逆に老いた♀で、卵がもう体内に無い?
そのような成虫♀を採集して人工的に採卵を試みれば、解明できるかもしれません。


【追記】
『チョウのはなしI』p80(第11章:ヒメアカタテハの不思議な生活)によると、
普通のチョウの♀は羽化したときに成熟した卵をもっています。ところが、秋に発生して冬をチョウのままで過ごす種類では、羽化したときまったく卵をもっていません。(中略)春になるとふたたび日の長さを感知して次第に卵が成熟して、越冬後交尾、産卵して一生を終えるのです。
アカタテハも成虫越冬する種類ですが、撮影時期は真夏ですから今回の個体がそのまま越冬するには早い気がします。(秋までにもう一回世代を重ねるのでは?)





2016/11/04

ムクドリ(野鳥)の大群が高圧線の鉄塔Aに就塒前集合



2016年7月下旬・午後18:50〜18:56

市街地に聳え立つ高圧線の鉄塔A#30にムクドリSturnus cineraceus)の大群が集結し、やかましくジャージャー♪鳴いていました。
周囲からムクドリが続々と鉄塔に集まって来ます。
鉄骨にびっしり密集して鈴なりに止まっているムクドリのシルエットが夕焼け空を背景に見えます。
ムクドリが塒入りの前に行う有名な群飛(murmuration)は既に終わっていたようで、見れずに残念でした。
ちなみに撮影時刻はたまたま、ちょうど日の入り時刻(午後18:50)の前後でした。

観察を続けると、この鉄塔が塒ではなく就塒前集合と分かりました。
素人目にはこのまま高い鉄塔で夜を過ごしても充分に安全そうだと思うのですが、ムクドリの考えは違いました。
実はこの映像でもよく見ると就塒行動が一部で始まっているのですけど、その説明は続編で。

つづく→ケヤキ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の大群



【追記】
『カラー版自然と科学50:ムクドリ』p28-29によると、
北国では冬のあいだムクドリの大群はみられません。北海道や東北地方でムクドリの大群がみられるのは、真夏から秋です。(中略)雪のつもるのがおくれた年、北国ではいつもの年よりおそくまでムクドリの大群がのこっているようです。



斑入りギボウシの花で採餌するトラマルハナバチ♀



2016年7月下旬

歩道の花壇に咲いたギボウシトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が正当訪花していました。
蜂の後脚の花粉籠は空荷でした。
すぐに飛び去ってしまい、戻って来ませんでした。

▼関連記事
オオバギボウシの花で採餌するトラマルハナバチ♀



葉が斑入りの園芸品種ですね。




2016/11/03

ネムノキの葉が夜に閉じる就眠運動【微速度撮影】その2



2016年7月下旬

ネムノキAlbizia julibrissin)の小葉が夜に閉じる就眠運動を動画に記録しようと頑張っています。
前回と同じネムノキの株aの前に三脚を立てて微速度撮影の準備をします。
まず明るいうちに葉の開いた状態の全景を記録しました。
この冒頭部のみ(@0:00〜0:23)動画編集時に自動色調補正を施しています。

日没前後の2時間20分間(午後17:11〜19:30)20秒間隔のインターバル撮影した連続写真にEXIFから時刻を焼き込んでから改めて早回し映像を制作しました。
前回の動画は30fpsでしたが、今回は15fpsに設定したら動きが滑らかになりました。
ちなみにこの日の公式な日の入り時刻は午後18:51。
今回はやや引きの絵にして葉と一緒に花も写し込むようにしました。
前回撮った枝よりも上にあり若い枝なので、葉が閉じる運動性は高いだろうと期待しました。

撮影はカメラに任せて私は同じ木aの日陰側(東側)の枝を見ていました。
すると、葉の先は閉じるのが遅い傾向にありそうに感じました。
根元の小葉からジッパーのように閉じていく様子を想像したのですが、完成した早回し映像を見直してもはっきりしません。(ほぼ同時に一気に閉じています)

日が沈んで完全に暗くなってから微速度撮影を終了し、後半(@0:38〜)は葉の閉じた全景を赤外線の暗視カメラで記録しました。

この日は並行して微速度撮影の新兵器も投入しました。
つづく→ネムノキの葉が夜に閉じる就眠運動【微速度撮影】その3:全景



キイチゴの葉を食すヤブキリ♂



2016年7月下旬

峠道沿い草むらでヤブキリ♂(Tettigonia orientalis)がキイチゴの一種の葉を食べていました。
葉を齧る口器の動きがよく見えます。
満腹したのかカメラを警戒したのか分かりませんが、すぐに向きを変えて歩き去ってしまいました。
灌木の枝を登り、茂みに姿を消しました。


木苺だと思うのですが名前をご存じの方は教えて下さい。



飛べ!カノコガ【蛾:ハイスピード動画】



2016年7月下旬

山間部の道端の草むらでカノコガAmata fortunei fortunei)が枯草の葉にしがみついていました。
翅は全開で、腹面を見せています。
私には見た目で性別が分からないのですが、ひょっとしてコーリング(性フェロモンを放出)している♀なのかな?
それとも腹部が細いので♂?

飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
物を投げつけて草むらを揺らすと、昼行性のカノコガは準備運動無しで緊急避難の飛び立ちが可能と分かりました。



2016/11/02

ムクドリ(野鳥)の群れがシダレザクラに就塒前集合



2016年7月下旬・くもり・午後18:01〜18:29

夕刻になるとムクドリSturnus cineraceus)の群れがシダレザクラに続々と集結してやかましく鳴き騒ぎ始めました。
葉が生い茂った梢に止まると、自分で羽繕いしています。
枝上で並んでも相互羽繕いはしませんでした。
枝上であまりにも近くに来た図々しい個体に対して嘴で突いて追い払うことがありました。(パーソナルスペースの問題?)

鳥の大群という異変に気づいた近所の子供(ヒト)が負けじと大声を張り上げています。

刻々と薄暗くなってくる上に逆光で見づらいのですけど、ムクドリの成鳥だけでなく幼鳥や若鳥も混じっています。
白い部分が無くて全体が黒っぽい灰色の個体は巣立ったばかりの幼鳥で、白黒のコントラストが弱いのが若鳥だと思います。

『ムクドリの子育て日記』p39によれば、

巣立ったばかりのヒナたちは、親鳥といっしょに、エサがあって安全な場所に行く。しばらくのあいだは、親からエサをもらう。そして、だんだんと自分でエサをとることをおぼえていき、6月末から7月には、ひとりだちする(若鳥は、親にくらべて羽の色がうすいが、秋には、成鳥と同じ色になる)。


『ムクドリ (カラー版自然と科学50)』p16-20によると、

ヒナは、親鳥よりあわい羽の色をしています。

混群というほどではありませんが、スズメが少数ながらもムクドリの群れに紛れ込んでいます。
近くの枝に居るスズメをムクドリが排斥することはありませんでした。
このままシダレザクラの樹冠でムクドリと一緒に夜を過ごすのでしょうか?

ところが私が油断して眼を離している隙にムクドリはどこかへ行ってしまいました。
午後18:46に辺りが静まり返ったと思ったら、シダレザクラの樹冠に鳥は1羽も居ませんでした。(そして誰も居なくなった)
移動シーンを見逃したのは痛恨の大失敗。
てっきりシダレザクラで夜を過ごすのかと思いきや、どこかまた別な場所にある集団塒に移動したようです。
つまり、私が見ていたのはムクドリの就塒前集合でした。

ちなみに、この日の公式の日の入り時刻は午後18:58。
昼間は暑くならず、涼しくて過ごし易い一日でした。

悔しいので、日を改めてムクドリの集団塒がどこにあるのか突き止めることにしました。
つづく



ビヨウヤナギの花で花粉を集めるヒメハナバチの一種♀



2016年7月下旬

団地の植え込みに咲いたビヨウヤナギ(=マルバビヨウヤナギ)の群落でヒメハナバチの一種の♀が訪花していました。
花がほとんど散り終わった群落で、残り少ない花にて採餌していました。
『ヤマケイポケットガイド5:庭木・街路樹』p86によると

(ビヨウヤナギは)花の寿命は短いが、1つの花が終わっても、新しい花が次々と咲き続ける。

吸蜜している様子はなく、長い雄しべの茂みの中をひたすら歩き回り集粉しています。
回転集粉と言えるほど効率的な採餌法ではありません。
後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けています。
飛び上がっても、すぐに同じ花に舞い降ります。
後半は雄しべの先端によじ登ってしがみ付き、葯から集粉していました。

同定のため蜂を採集したかったのですが、柄の長い捕虫網が無いと花壇中央に届かないため無理でした。






2016/11/01

小枝で漁の特訓をするゴイサギ幼鳥(野鳥)



2016年7月下旬・午後16:50頃

溜池でゴイサギNycticorax nycticorax)の幼鳥が岸に近い浅い所で佇み、興味深い行動をしていました。
池底から拾い上げた短い枯れ枝を何度も啄んでいます。
同じ小枝を水中に落としては素早く嘴で咥えて拾い上げる、という動作を飽きずに繰り返しています。
好奇心旺盛な子供(幼鳥)が退屈しのぎに遊んでいるように見えますが、おそらく捕食行動の自主練なのでしょう。

映像の冒頭でヨシゴイ成鳥♂がゴイサギ幼鳥をかすめるように飛来し、近くのヨシ原に姿を消しました。(@0:03)
ゴイサギ幼鳥はさほど驚いた様子もなく、捕食の練習を続けています。
アオサギやカルガモが近くに来た時にもゴイサギ幼鳥はほぼ無関心でした。
この池では互いに顔馴染みの水鳥なのでしょう。

やがてゴイサギ幼鳥は小枝を捨て、池の中を歩き回りながら自力で採食しようと試み始めました。
頻繁に水中に嘴を突っ込んでいるものの、獲物を捕らえているようには見えません。
アメンボぐらいは捕食しても良さそうな気がして期待したのですが、毎回空振りでした。

最後、ゴイサギ幼鳥は急に池から飛び立つと、立ち枯れしたハンノキの枝に止まりました。
右にパンすると、別個体が同様にハンノキの枯れ枝で羽繕いしています。(前回の記事で紹介した個体)

▼関連記事
飛んで木に隠れるゴイサギ幼鳥(野鳥)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


同じサギ科のササゴイは撒き餌漁をすることで有名です。
魚を誘き寄せるための餌や疑似餌を目の前の水面に浮かべておいて待ち伏せし、寄ってきた魚を素早く捕食するという賢い捕食戦略です。
ゴイサギも似たような撒き餌漁をするとしたら面白いですけど、そのような話は見聞きしたことがありません。
ゴイサギの親鳥(成鳥)は夜行性なので採餌行動を観察するのが困難ですし、暗い夜の池で疑似餌を撒いても魚には通用しない気がします。
余談ですが、夜の魚に有効なのは漁り火漁です。
都会のゴイサギ成鳥はネオン街に近い夜の川で光に集まる魚群を狙うのだそうです。(『マン・ウォッチングする都会の鳥たち』p133-より)


幼鳥の期間だけでも撒き餌漁をマスターする個体が現れるでしょうか?
この池は水深が浅い割に水鳥の生息密度が高く池の魚はほとんど獲り尽くされているため、漁を観察するのは無理そうです。
ゴイサギの親鳥(成鳥)を私は未だ一度も見たことがありません。
隠れて寝ている昼間の塒を突き止めたいものです。






サカハチチョウ夏型の吸水と排尿



2016年7月下旬

沢の水が流れ込んで濡れている路面に夏型のサカハチチョウAraschnia burejana)が来ていました。
半開きの翅を開閉しながら徘徊すると、口吻を伸ばして泥から吸水を始めました。
泥からミネラル成分を摂取しているのでしょう。
吸水しながらときどき腹端から透明な液体を排泄しています。

一緒に来ていたコチャバネセセリと比べると、サカハチチョウ夏型は鈍感で撮影が楽でした。
この水場では他にキタテハも吸水に来ていたのですが、逃げられて撮り損ねました。





飛んで木に隠れるゴイサギ幼鳥(野鳥)



2016年7月下旬

ゴイサギNycticorax nycticorax)の幼鳥を2羽、溜池で見つけました。

左の個体が少しだけ飛んで浮島の近くへ移動しました。
ススキの茂みから隠し撮りしている私に気づいて警戒し、茂みの死角に隠れたのかもしれません。
すぐにまた飛び立つと、池の畔で立ち枯れしたハンノキの枝に着陸しました。
足は黄色いものの羽の模様は見事な保護色(カモフラージュ)になっていて、動かなければ絶対に気づかれないでしょう。
ときどき首を伸ばし、警戒姿勢の片鱗を見せてくれました。
せっかくの擬態をすぐに止めてしまう幼鳥は、飽きっぽいのでしょうか。
何かに驚いて首を伸ばすのだと思うのですけど、警戒の対象がよく分かりません。
列車の通過音と踏切の音を聞いて首をわずかに伸ばしかけるものの、擬態を強めることはありませんでした。
おそらく卵の時期から聞き慣れた騒音なのでしょう。
樹上の幼鳥は羽繕いを始めました。
調子に乗って撮り続けていると、しつこいパパラッチを嫌ったのか急に飛び立ち、溜池の岸辺に広がるヨシ原に降り立ち姿を消しました。
飛翔能力があり、巣立ち後の幼鳥ですね。
『日本動物大百科3:鳥類I』p41によると
(ゴイサギは)幼鳥羽から成鳥羽になるまでに2年かかり、そのあいだは中間的な羽色で、換羽ごとに少しずつ成鳥羽に近づく。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2016/10/31

軒下を飛び回るハラアカヤドリハキリバチ♀



2016年7月下旬

軒下をハラアカヤドリハキリバチ♀(Euaspis basalis)が忙しなく飛び回っていました。
寄主オオハキリバチの巣を探索しているようで、軒下の窪みや穴を頻りに物色していました。
2匹以上の複数個体を撮影。
しかし私が見る限り、寄主オオハキリバチの巣は辺りに見当たりませんでした。
互いに縄張り争いがあるようで、空中戦の小競り合いも見られました。(ハイスピード動画で撮ればよかったですね…。)


※ 蜂の性別を形態から見分けたわけではなく、行動からおそらく♀だろうと解釈したのですが、先に羽化した♂が後から羽化してくる♀と交尾するために巣を見張っている可能性もありますかね?


2016/10/30

ヨシゴイ♂(野鳥)が池の水を飲み脱糞



2016年7月下旬・午後16:50

東北地方南部の梅雨明けが宣言された日の夕方に溜池で観察していると、ヨシゴイ♂(Ixobrychus sinensis)が岸辺のヨシ原に飛来しました。
頭頂部が黒いので♂成鳥です。
水面に嘴を付けてから頭を持ち上げる動作を何度も繰り返し、水を飲んでいます。
つづいて白い液状の糞を池に排泄しました。(@0:53)
水洗トイレですね。

軽く飛んで水辺から葦原に戻ると、長い茎から茎へ渡り歩きながら、獲物を探し始めました。
途中で再び水辺に降りて嘴を水でゆすぎました。(@1:30)

後半は手前の水面をカルガモが2羽横切ったり、一羽のアオサギがいつの間にか溜池に飛来したりしたので、私はそちらに気を取られてしまいました。
互いに顔馴染みらしく、3種の水鳥は互いに無関心でした。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


頭頂部が黒いので♂




マルバハッカの花蜜を吸うキタテハ



2016年7月下旬

農村部の民家の花壇に咲いたアップルミント(=マルバハッカ)の群落でキタテハPolygonia c-aureum)が訪花していました。
翅を開閉しながら吸蜜しています。
映像の前後半で別個体(計2頭)を撮影。





アガパンサスの花で採餌するトラマルハナバチ♀?



2016年7月下旬

農村部の道端の花壇に咲いた園芸植物アガパンサストラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に少量の白い花粉団子を付けています。
隣に咲いたピンクの花(園芸植物;オイランソウ=クサキョウチクトウ)には見向きもせずに、やや萎れかけの青紫のアガパンサスの花でせっせと採餌しています。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts