2016/08/27

水草も巣材として集めるヨシゴイ♂(野鳥)



2016年6月中旬・午前8:58
▼前回の記事
池で魚を捕食するヨシゴイ♂(野鳥)

ヨシゴイ♂(Ixobrychus sinensis)がいつの間にかまた水際に来ていました。
じっと池を見つめています。
葦原を歩いて移動を始めました。
水面を狙いながら体をゆっくり左右に振っています。
今度こそ、魚を捕食する瞬間をしっかり観察できそうです。(前回の捕食シーンは藪の中でした)
集中力を高めて獲物を狙っているヨシゴイの姿は絵になりますね。



しかし獲物に逃げられたのか、ヨシゴイ♂は一旦諦めたようで、また少し移動しました。
嘴を何度か連続で水面に付けたのは、魚をおびき寄せる行動なのでしょうか?
次に水中から咥え上げたものは緑色の水草でした。(@1:56)



撮影中の私は一瞬、巨大なミズカマキリかと思ったのですが、水草ですね。


水草を池に一度落としたのに拾い直しました。
そのまま水草を咥えて少し飛び、営巣地と思われる葦原の奥へ入って行きました。
ヨシゴイはベジタリアンではないので、水草を採食するはずがありません。
漁の失敗でたまたま採取した水草もおそらく巣材や産座として利用するのでしょう。

▼関連記事(これまでは巣材として主に枝をせっせと集めていました)
巣材を集めるヨシゴイ♂(野鳥)


つづく→樹上で脱糞するヨシゴイ♂(野鳥)


木の柱をかじり巣材を集めるキアシナガバチ♀



2016年6月中旬

小川沿いの民家の軒下の資材置き場の木柱にキアシナガバチPolistes rothneyi)のワーカー♀が飛来しました。
年季の入った(古びた)角材の表面を薄くかじり取っています。
同じ面のあちこちに巣材を採取した跡が縦に細長く残っているので、同一個体の蜂が繰り返し何度も通ってきているのでしょう。



川でゴミを漁るハシボソガラス(野鳥)の親子



2016年6月中旬

街中を流れる川でハシボソガラスCorvus corone)の親子が採食していました。
岸辺に漂着したビニール袋を成鳥が調べています。
口の中が赤い幼鳥が餌乞いしながら親鳥に近づくと、軽く嘴で撃退されました。
袋の中に食物は無かったようで※、成鳥は歩き去り、下流の方へ飛び立ちました。
取り残された幼鳥が恨めしそうに鳴いています。
その幼鳥も飛び立つと、川岸のお寺の境内で仲間(家族群)に合流しました。
親子が並んでいて、幼鳥がやかましく餌をせがんでいます。

※ 動画のスナップショットを拡大すると、切り花を川に捨てた(落ちた?)ようにも見えました。


今回の親鳥(成鳥)のように、頭部が出っ張っているのに嘴は太くない、というカラスをたまに見かけてその度に迷うのですけど、これはハシボソガラスですよね?
雑種の可能性もあるのでしょうか?
性差なのかな?



2016/08/26

池で魚を捕食するヨシゴイ♂(野鳥)



2016年6月中旬・午前8:49
▼前回の記事
巣材を集めるヨシゴイ♂(野鳥)

葦原で休んでいたヨシゴイ♂(Ixobrychus sinensis)が少し飛んで移動しました。
やがて、水際に飛び降りました。
水辺の葦原を器用に歩いて移動しています。
茂みの中で静止していたヨシゴイ♂が池の水中で何かを嘴で素早く突き刺しました。(@2:55)
獲物は細長い魚でした。
暴れる魚をなかなか飲み込めないでいます。
食後は嘴を水に浸してゆすぎました。
再び水際の葦原を歩いて移動を始め、茂みの奥に消えました。

つづく→水草も巣材として集めるヨシゴイ♂(野鳥)



トウネズミモチの花で食餌するシロテンハナムグリ



2016年6月下旬

農道脇に植栽されたトウネズミモチの生垣でシロテンハナムグリProtaetia orientalis submarumorea)が訪花していました。
花に潜り込んで花蜜や花粉を食べています。
葉に落ちた花(散った花の花弁そのものではなく花粉?)を食べている個体もいました。

複数個体を撮影。
葉を透かして葉脈がくっきり見えることがトウネズミモチの特徴です。(ネズミモチだと、主脈だけ透けて見えるものの側脈は見えないらしい。)



2016/08/25

枯木で羽繕いするモズ♀(野鳥)



2016年6月中旬・午前6:20

湿地帯で立ち枯れしたハンノキの樹上で早朝、モズ♀(Lanius bucephalus)が羽繕いしていました。
♀を見かけるのは珍しいので、嬉しい出会いでした。
(幼鳥の可能性は?)
後半は飛んで樹冠に移動し、縄張りを見張ります。
この梢はモズ♂の特等席とは限らないことが分かりました。
♂とは異なり、♀はさえずりません。
最後は飛び立ってこちらに向かって来ました
つがいの♂と同じ縄張りを共有しているのでしょう。


トウネズミモチの花で探餌飛翔するモンスズメバチ♀



2016年6月下旬

農道脇に植栽されたトウネズミモチの生垣でモンスズメバチVespa crabro flavofasciata)のワーカー♀が訪花していました。
獲物を探しつつ飛び回っています。

近くで吸蜜中のウラギンヒョウモンFabriciana adippe)とニアミスするも、蝶は飛んで逃げました。



2016/08/24

巣材を集めるヨシゴイ♂(野鳥)



2016年6月中旬・午前6:45〜8:37
▼前回の記事
ヨシゴイ♂(野鳥)同士の喧嘩

ヨシ原で羽繕いしていたヨシゴイ♂(Ixobrychus sinensis)が不意に飛び立つと、池の水面すれすれに低空飛行で対岸へ渡りました。
カメラを嫌って死角へ逃げたのか、あるいは対岸で獲物の魚影を見つけたのかな?と初めは思いました。
ところがその後、何度も葦原と対岸を往復するようになりました。
ちなみに対岸には柳の木とガマの群落が少しあるぐらいで、葦原は発達していません。
その対岸から戻って来た個体に注目してズームインしてみると、嘴に枯れた植物(ガマ?)の茎または枯れ枝を咥えていました。
巣材を集めているのだと、ようやく合点がいきました。
取ってきた長い枯れ枝を足で押さえながら嘴で折り、細い枝だけを茂みに運びました。
奥の葦原で営巣しているようです。
♀の姿を全く見かけませんが、造巣は♂の仕事なのかな?
ヨシゴイは夏鳥らしいので、♀が渡ってくる前に一足先に♂が縄張りを張り、巣作りしておくのでしょうか?

この池には少なくとも2羽のヨシゴイ♂が生息しているのですが、今回の動画では個体識別していません。
縄張り争いに勝った♂個体だと思うのですけど、定かではありません。

つづく→池で魚を捕食するヨシゴイ♂(野鳥)



【追記】
『日本動物大百科3:鳥類I』p38によると、関東地方低地のヒメガマ群落で営巣した例では
ヨシゴイは水底から2〜3mの高さに育ったヒメガマの途中、水面上数十cmのところに巣をつくる。茎を折り曲げてからみあわせ、枯れた葉や茎を織り込んで椀状の巣をつくり、近くの巣をたくし込むようにして、巣の上方にドーム状のおおいをつくる。巣の下は水面であることが多い。(中略)こういう場所では、数巣がゆるやかな集団で固まっているのが見られる。




交尾後に恋矢を排出するヒダリマキマイマイ


2016年5月下旬

飼育中のヒダリマキマイマイEuhadra quaesita)が軟体の右横から白い恋矢を伸ばしているように見えました。
このとき私は未だ勉強不足で、見ても意味が分かりませんでした。
発情した個体がこれから交尾しようと興奮しているのだろうか?と思い、写真を撮っただけでした。
しばらくすると容器の壁面に脱落した恋矢が残されていました。
どうやら数日前に交尾したのを見逃してしまったようです。
交尾相手から刺された恋矢を数日かけて体内から排出したのでしょう。
この排出過程を微速度撮影で記録してみたいのですが、いつも見落としてしまい、なかなか上手くいきません。

容器の天井に脱落した恋矢がもう一個へばりついていました。



ヒダリマキマイマイの交尾【60倍速映像】



2016年6月中旬・室温22.0℃→20.2℃→20.5℃

ヒダリマキマイマイEuhadra quaesita)が飼育容器の蓋の裏で交尾していたので、慌てて微速度撮影で記録してみました。
60倍速の早回し映像でご覧ください。
窓際の自然光で撮ったので、カーテンが動くとちらちらして見難いですね。
残念ながら、恋矢はとっくに刺し終えた後でした。
前回の交尾とは異なり、今回は交尾器の結合は安定していて、2匹共に静止していました。
互いにほとんど動かないのが前回と大きな違いです。
相性が良かったようです。
2本のペニスが螺旋状に絡み合っています。

交尾が完了すると、初めに上の個体Uのペニス(紫色)が抜け、縮んでいきました。
次に下の個体Lのペニス(白色)が抜け、縮みました。
個体Uが下に向かって移動を始め、その後は脱走して三脚をよじ登りました。
残った個体Lはプラスチック容器の表面に付着した濃い粘液を舐めています。




↑【おまけの動画】
オリジナルの10倍速映像をブログ限定で公開します。



交尾相手から刺された恋矢を2日後に排出していました。





2016/08/23

ヨシゴイ♂(野鳥)同士の喧嘩



2016年6月中旬・午前6:23


▼前回の記事
ヨシゴイ♂(野鳥)が葦原で活動開始
溜池の岸辺に飛来したヨシゴイ♂(Ixobrychus sinensis)を動画に撮り始めたら、右側にもう一羽のヨシゴイを見つけました。
こちらの個体も頭頂部が黒い♂でした。
互いにそっぽを向いていますけど、実は相手をかなり意識しています。
右側の個体Rが落ち着かず、枯れたヨシの茎を登り下りしています。
少しずつ飛んで左側の個体Lに急接近すると、葦原の茂みで激しい闘争を始めました。
ようやく離れると、残された個体Lは嘴にRの羽毛を咥えていました。
喧嘩の最中に相手の羽毛を毟り取ったのでしょう。
勝者Lも葦原の奥に姿を消しました。
おそらく縄張りを巡る闘争と思われますが、喧嘩中に鳴き声を発したかどうか、よく分かりませんでした。
周囲の葦原ではオオヨシキリが絶え間なくさえずっている上に、突然の喧嘩に驚いたカルガモの群れが警戒声を発しながら池から飛び去ったりして、ヨシゴイ♂の鳴き声かどうか自信がありません。

つづく→巣材を集めるヨシゴイ♂(野鳥)


1回目の喧嘩シーンは動画ではなく写真のシャッターを慌てて押してしまいました。
2回目の喧嘩(動画のスナップショット)

トウネズミモチの花で探餌飛行するヤマトフタスジスズバチ



2016年6月下旬

農道脇に植栽されたトウネズミモチの生垣でヤマトフタスジスズバチDiscoelius japonicus)が訪花していました。
花から花へ忙しなく飛び回り、吸蜜シーンは撮れず仕舞いでした。
おそらく♀で、獲物となるイモムシ類を探索中なのでしょう。

後半は1/4倍速のスローモーションでリプレイ。


2016/08/22

木炭を採食し幼鳥に巣外給餌するハシボソガラス(野鳥)



2016年6月中旬・午前4:46

中庭の原っぱで早朝、ハシボソガラスCorvus corone)の親子が採食していました。
木の根元でゴミをあさっています。
採食している成鳥の目の前で翼を持ち上げ鳴いて餌をねだる個体は、口の中が赤いので幼鳥です。
幼鳥は鳴いて空腹を訴え、餌乞いの姿勢をして親鳥から餌を求めます。

実は全く同じ場所で約1年前にも給餌シーンを撮影しています。

▼関連記事
巣立ち雛に給餌するハシボソガラスの家族群(野鳥)
今回驚いたのは、給餌メニューです。
どうやらバーベキューなど焚き火した跡でカラスは木炭を採食しているようです。
なんと驚いたことに、幼鳥にも木炭を給餌してやりました。
更に木炭を嘴でかき分け、何か食物を探しています。
幼鳥も真似して自分で啄んでいます。
やがて幼鳥が離れて行きました。
親鳥の地上採食を撮り続けていると、幼鳥が駆け寄ってやかましく餌をねだり、給餌を受けました。

木炭に集まる虫を捕食しているのか?とか、炭ではなく黒土なのかも?と疑問に思ったのですが、残念ながら勝手に立ち入れない場所なので現場検証できませんでした。

整腸作用のある木炭を野鳥が採食する行動は、2年前にカワラヒワで観察していたので、初めての時ほど驚きや衝撃はありません。

▼関連記事
木炭を採食するカワラヒワ(野鳥)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



トウネズミモチの花蜜を吸うルリシジミ♂



2016年6月下旬

農道脇に植栽されたトウネズミモチの生垣でルリシジミ♂(Celastrina argiolus)が訪花していました。
翅を閉じて花に止まり、吸蜜しています。

翅裏の模様を横からしっかり撮れる前に、お邪魔虫のクマバチが飛来したせいでルリシジミは飛び去ってしまいました。
飛び立つ瞬間に見えた翅表の紋様から、♂と判明。



2016/08/21

ヨシゴイ♂(野鳥)が葦原で活動開始



2016年6月中旬・午前5:50〜7:54


▼前回の記事
ヨシゴイ♂(野鳥)との出会い:葦原で朝の日光浴

池の畔に広がる葦原で早朝に日光浴していた
ヨシゴイ
♂(Ixobrychus sinensis)にようやく動きがありました。
枯れたヨシの茎に掴まりながらゆっくり辺りを見渡しています。
このとき頭頂部が黒かったので、ようやく♂と判明。
突然、ヨシゴイ♂が飛び立ちました。(@1:50)
旋回して少し離れた葦原に着地。
前よりも近くで撮らせてくれて、 胸部の縦縞がよく見えました。

落ち着かずに周りをキョロキョロ見回していたヨシゴイ♂が、再び急に飛び立ちました。(@3:10)
少しだけ飛んで、今度は背の高い葦原に姿を消しました。

実はこのヨシ原に少なくとも2羽のヨシゴイ♂が生息していることが後に分かりました。
そうとは知らず神出鬼没だなーと思いながら撮っていました。

この動画では個体識別していません。
初めて見るヨシゴイの一挙手一投足が面白くて撮りまくった動画をまとめたものです。
葦原を飛んだり歩いたりして活動しています。

しばらくすると、池の水際まで来てくれるようになりました。
水際に背高く伸びたヨシの茎を忍者のように渡り歩いています。

葦原から顔を出して辺りを見回している際に、ときどき黒い冠羽がほんの少しだけ逆立っていました。
後で思えば、このとき目線の先にライバル♂の姿を認めて攻撃性が高まっていたのかもしれません。

つづく→ヨシゴイ♂(野鳥)同士の縄張り争い





深夜の室内で活動するノシメマダラメイガ【蛾:暗視映像】



2016年6月中旬・深夜00:41〜00:51

深夜の室内でノシメマダラメイガPlodia interpunctella)が迷い込んでいる個体を2頭発見。
暗闇で活発に徘徊したり短く飛び回ったりする様子を赤外線の暗視カメラで撮影してみました。
押し入れの中で静止している時も触角を激しく動かしていました。

後半にビデオカメラの白色LEDを点灯したら、ノシメマダラメイガは光を嫌って物陰に逃げ込んでしまいました。





トビ(野鳥)をモビングするカラス



2016年6月中旬

田園地帯の上空でトビMilvus migrans)が2羽のカラス(種名不詳)にモビング(擬攻撃)を受けていました。
滑空するトビに対してカラスが2対1で執拗に追い回し空中戦を挑んでいます。
カラスの巣が近くにあるのかもしれません。
トビは決して反撃せずにひたすら逃げ回っています。
遠くて鳴き声は聞き取れませんでした。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts