2016/06/18

ホウチャクソウの花で採餌するトラマルハナバチ♀創設女王



2016年5月中旬

里山の登山道の脇に咲いたホウチャクソウの群落でトラマルハナバチBombus diversus diversus)♀が訪花していました。
時期的にワーカー♀ではなく、創設女王だと思われます。
本種は長い舌を持つので盗蜜する必要がなく花筒に頭を突っ込んで正当訪花していますが、後脚の花粉籠は空荷でした。
個々の花蜜が少ないのか、忙しなく飛び回ります。
登山道からどんどん外れて森の奥へ行ってしまい見失いました。

この訪花シーンは名著『マルハナバチの経済学』の表紙になっているものです。
個人的にこの組み合わせは8年ぶりに撮影しました。
カメラ機材も格段に良くなり、撮影の腕も少しは上がったでしょうか。

▼関連記事:8年前の撮影
トラマルハナバチ♀がホウチャクソウを訪花



ガードレールで羽繕いするアオサギ(野鳥)



2015年5月下旬

用水路を跨ぐ橋のガードレールにアオサギArdea cinerea jouyi)が止まり、羽繕いしていました。
ガードレールは下の魚を狙うのにも都合が良い止まり場なのかもしれません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。




ウワミズザクラの花蜜を吸うサカハチチョウ春型



2016年5月中旬

里山で満開に咲いたウワミズザクラの花で春型のサカハチチョウAraschnia burejana)が2頭、翅を開閉しながら仲良く並んで吸蜜していました。
途中で1頭が飛び去ったと思いきや、再び飛来してホバリング(停空飛翔)しました。
これは求愛行動なのかな?
(サカハチチョウの求愛が成就して交尾に至った例を未だ見たことがないので、自信がありません。)
花上の個体が翅をしっかり閉じて交尾拒否すると、諦めて飛び去りました。
ちなみに、つづいて飛来した小さな黒っぽい鱗翅目はマドガです。

▼関連記事
ウワミズザクラの花蜜を吸うマドガ(蛾)
余談ですが、日本の蝶の中で私はサカハチチョウの翅裏の模様が一番好きかもしれません。
この繊細で込み入ったデザインと言い、配色と言い、見る度にセンスあるよなー!と感心します。


花の中に隠れて獲物を待ち伏せしているクモの歩脚が動いていますね。
爽やかな5月の風にウワミズザクラの枝が揺れています。



2016/06/17

ムクドリを襲うハシボソガラス



2016年5月中旬


▼前回の記事
水張り中の田んぼで採食するハシボソガラス(野鳥)

田んぼで食事を済ませたハシボソガラスCorvus corone)が農道から飛び立ち、少し離れた畦道に降り立ちました。
着陸の間際に雑草の茂みに隠れていたムクドリSturnus cineraceus)と鉢合わせになり、一瞬だけ空中戦になりました。
映像の後半はニアミスしたシーンを1/4倍速のスローモーションでリプレイ。
不意をつかれたムクドリが慌てふためいて逃げる途中で、水を張ったばかりの田んぼにボチャンと落ちたのが可笑しくて笑ってしまいました。
ハシボソガラスは初めからあわよくばムクドリを狩るつもりだったのでしょうか?
カラスがムクドリをモビング(擬攻撃)する例は聞いたことがありませんし、なんとなく偶発的な攻撃のような気がします。


タネツケバナの花蜜を吸うウスバアゲハ♀



2016年5月中旬

里山の草地に咲いたタネツケバナの群落でウスバアゲハ♀(=ウスバシロチョウ;Parnassius citrinarius)が訪花していました。
初めの1頭は交尾済みのようで、服部下面に♂が残した交尾嚢を付けたままで吸蜜していました。
2頭目は交尾嚢が無くて性別が私には分からないのですが、もし♂なら求愛を試みるはずなので、未交尾の♀ではないかと思いました。


交尾嚢ありの♀
交尾嚢なしの個体

2016/06/16

水張り中の田んぼで採食するハシボソガラス(野鳥)



2016年5月中旬

田起こしの後、代掻きに備えて灌漑用水路から田んぼに水を入れ始めました。
その泥濘にハシボソガラスCorvus corone)が入り込んで採食しています。
溺れそうになって慌てて地上に出て来る昆虫(ケラなど)を探し歩いているのでしょう。
ときどき泥水に嘴の先を浸したのは、水を飲んだのかな?
歩いて田んぼから畦道を越え、農道へ上がりました。

このカラスが直後にちょっとした事件を引き起こします。
つづく→ムクドリを襲うハシボソガラス



柳の葉を舐めるハグロケバエ♂



2016年5月中旬

湿地帯でハグロケバエ♂(Bibio tenebrosus)がオノエヤナギの葉に止まって表面を頻りに舐めていました。
舐めているのは朝露の残りなのかもしれませんが、肉眼で水滴は見えません。
アブラムシの甘露が付着しているのかな?

それとも柳の花外蜜腺があるのでしょうか?
一方、ハグロケバエが訪花している現場は未だ見たことがありません。



2016/06/15

モズ♂(野鳥)がオオヨシキリの鳴き真似?



2016年5月上旬・早朝6:36

土手に生えた灌木のてっぺんにモズ♂(Lanius bucephalus)が止まって鳴いています。
横の湿地帯でもオオヨシキリAcrocephalus arundinaceus orientalis)が頻りに囀っているのですけど、もしかして、このモズもオオヨシキリの鳴き真似をしてますかね?
特に後半の鳴き声がモズの嘴の動きと一致しなくなった(リップシンクロしない)ので、私の気のせいかな?
指向性の高い集音マイクを使って録音しないと分かりませんね。


百舌鳥が飛び立った直後に近くでキジ♂が縄張り宣言で絶叫しました。



【追記】
あまり詳しくないのですが、もしかすると「ぐぜり」という鳴き方なのかもしれません。
『マルチメディア鳥類図鑑』によると、

ぐぜり:サブソングともいう。はっきりとしたさえずりではなく、くちばしを完全には開かずに、つぶやくような鳴き方。地鳴きやさえずりのフレーズをおりまぜる。モズなどは、ほかの種類の鳥の鳴き声をおりこむ。


千葉県立中央博物館のサイト「音の標本箱」によれば、
ぐぜりとは、若鳥がさえずりを学習する過程で鳴く不完全なさえずり(サブソング subsong) のこと。
同種や異種の鳴きまねなどを取り混ぜてグチュグチュ取り留めなく鳴くこともあります。
春先には、前年にさえずっていた成鳥もぐぜりながら練習をして、正しいさえずりを歌うようになります。

もっとはっきりオオヨシキリなど数種類の鳴き真似をしたモズを2年前に撮っています。

▼関連記事
モズ♂(野鳥)の鳴き真似♪を声紋解析してみる




ウワミズザクラの花蜜を吸うマドガ(蛾)



2016年5月中旬

里山で満開に咲いたウワミズザクラの花で2頭のマドガThyris usitata)が吸蜜していました。




2016/06/14

ジムグリの幼蛇を見つけた!



2016年5月中旬

細い山道で見慣れない幼蛇が日光浴していました。
私が気づかずに歩いて行くと、草むらに逃げ込みました。
動画を撮りながらその草むらにカメラを差し込もうと足を踏み出したら、スルスルと蛇行して逃げて行きました。
舌舐めずりが一瞬だけ見えました。
反対側に回り込んでも全身像を上手く撮れず、見失いました。

帰ってから図鑑で調べると、ジムグリElaphe conspicillata)の幼蛇と判明。
こんちゅーぶ!初登場になります。
いかにも「地潜り」という名前通りの蛇でした。

古い図鑑『日本の両生類・爬虫類』p104によると、

(ジムグリの)幼蛇は背面が美しい赤褐色で、黄色く縁取られた黒色の小斑点が散在し、これらが連続して横帯になることもある。


芝桜の花蜜を吸うキアゲハ



2016年5月中旬

花壇に咲いたシバザクラキアゲハPapilio machaon hippocrates)が訪花していました。
よほど良い蜜源のようで、がっついて吸蜜してから飛び立ってもすぐに舞い戻って来ます。

色とりどりの品種が咲き乱れるシバザクラの中で、キアゲハは何色の花が好みなのでしょう?
映像を見る限りでは、キアゲハの嗜好性は白<<薄紫<ピンクという結果です。
ただし、単に各品種の植えられたパッチの大きさによる可能性もありますね。
あるいは品種によって花蜜の流量に差があるのかもしれません。



2016/06/13

投げ落として割ったクルミの実を仲間に半分譲るハシボソガラス(野鳥)



2016年5月上旬

水田の裏手の駐車場でハシボソガラスCorvus corone)がクルミの硬い実を割ろうと投げ落としていました。
クルミの実を咥えて飛び上がり、電線よりも少し高い位置から放して落とします。
カラスも追いかけて着地すると、舗装された駐車場に落ちたクルミが割れたかどうか調べています。
再びクルミを咥えて電線に飛び乗りました。
電線で一休みすると飛び上がり、再びクルミを投げ落とします。
もう一度クルミを咥えて飛び上がり、電線よりも少し高い位置の空中から放して落としました。
クルミが落ちた衝撃音がカツーン♪と駐車場に響き渡ります。
車体にもぶつかったようです。
カラスは根気強くクルミの投げ落としを繰り返しています。

落としたクルミが毎回ほぼ真下に落ちて、どこかへ転がって紛失しないことに感心します。
駐車場など開けた場所の真ん中に落とすなど、何かコツがありそうです。
この駐車場はもしかすると完全な平面ではなく、水はけを良くするために画面の左右に向かって僅かに高くなっていて(傾きがあり)、中央部が少し低いのかもしれません。
なぜなら中央部に、コンクリート蓋の付いた排水溝が見えるからです。
(実験でビー玉を置いてみれば傾きの有無はすぐに分かりますね。)
だとすれば、この駐車場に投げ落とされた物は必ず低い中央部に向かって転がり、勢い良く遠くに転がって紛失するリスクは低いでしょう。
試行錯誤の結果そこまでカラスが洞察してこの駐車場でクルミ割りをやってるとしたら、恐るべき知能ですね。

必死で頑張るハシボソガラスaがクルミを咥えて電線に飛び乗ったとき、同じ電線の少し右に離れた位置に別個体のハシボソガラスbが止まってクルミ割りをじっと見守っていることに私は気づきました。

何度も投げ落とした苦労が実り、ようやくクルミの実が割れたようです。
二つに割れた胡桃の殻が駐車場の左右に飛び散りました。
すかさず、もう一羽bが電線から駐車場に舞い降りました。
クルミの実が割れたときは、衝撃音の変化で分かるのでしょう。
カラスbがaに駆け寄ると、aは横取りされないようにクルミを咥えて歩き去りました。※
bから少し離れた位置でカラスaは割れたクルミの実を食べ始めました。
足でクルミの実を押さえながら啄んでいます。
それを見たbは翼を半開きにしながら近寄り、餌をねだります。
このとき残念ながらbの嘴の中の色が見えず、若鳥か成鳥か見分けられませんでした。
カラスの幼鳥が餌をねだる際に特有の鳴き声は聞こえませんでした。

▼関連記事
巣立ち雛に給餌するハシボソガラスの家族群(野鳥)

苦労して割ったクルミをこのままカラスaが独り占めするかと思いきや、aは割れたクルミの半分だけを持って右へ歩き去りました。
食べ残しの半分をカラスbが喜んで啄んでいたので、実が少し残っていたようです。
分け前を食べ終えたbは、殻をその場に残してaの元へ駆け寄りました。
カラスが2羽とも車の陰に入ってしまい、その後の顛末は不明です。

※ 映像を何度も見直すと、実はカラスbは決定的なミスを犯していました。
電線から駐車場に舞い降りたときに、割れたクルミの片方をaよりも先に取得するチャンスがあったのに、もう片方を咥えたカラスaの元に駆け寄ってしまったのです。

カラスが苦心して割ったクルミの実を仲間とシェアする利他行動を観察したのは初めてで、とても興奮しました。
図々しいカラスbがちゃっかり分け前を催促したときに、カラスaは拒否したり割れたクルミの実を持って飛んで逃げることもできたでしょう。
カラスaは単にお人好しの(寛大な)個体だったのですかね?
以前見た個体は、クルミの実を横取りされまいと必死でした。

▼関連記事
採餌中にクルミの実を取り合うハシボソガラス(野鳥)
労働の成果を盗まれたくない(労働寄生されたくない)のであれば、わざわざクルミ割り行動を見せびらかす必要はなく、賢いカラスならどこかで独りこっそりやるはずです。
おそらくこの2羽は血縁関係があり、私の想像では親子なのでしょう。
コツと根気が必要なクルミの投げ落とし行動を若鳥の見ている前で実演し、教育していたのではないでしょうか?
もうひとつの可能性は、つがいの♂が♀に食物を分け与えた求愛給餌かもしれません。
ハシボソガラスではヘルパー‡が幼鳥に給餌する例があるらしいので、血縁関係が薄くてもクルミの実を割る匠の技を伝授してもらおうと(技を盗もうと)年長者に弟子入りしていても不思議ではないのかもしれません。

‡ ヘルパー (動物) - 動物行動学で、仔が成長後も親の元に残り、親の子育てを助けること、あるいはそれを行う仔のこと。(wikipediaより)


ウワミズザクラの花蜜を吸うトラガ(蛾)



2016年5月中旬

里山で満開に咲いたウワミズザクラトラガChelonomorpha japana japana)が訪花していました。
口吻を伸ばして吸蜜しています。

冒頭(@0:25)でサカハチチョウのおそらく♂と思われる個体が飛来してトラガに誤認求愛しかけるも、すぐに飛び去りました。
その間もトラガは無反応でひたすら花蜜を吸っています。



2016/06/12

サブの集団塒Nに飛び込むハクセキレイの羽ばたき【ハイスピード動画】




▼前回の記事 
メインの集団塒Sに飛び込むハクセキレイの羽ばたき【ハイスピード動画】

ハクセキレイ♂(野鳥)集団塒の電柱:定点観察#5

2016年5月上旬

日没の前後にメインではないサブの集団塒(電柱N)に塒入りするハクセキレイMotacilla alba lugens)の様子を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。(午後18:24〜18:36)
ちなみに、この日の日の入り時刻は午後18:31。
車道を隔てて反対側の電柱S(メインの集団塒)に比べて集まる個体数は少ないものの、必ずサブの集団塒を利用するハクセキレイが居るのです。
1〜2羽ずつ飛来すると、まずは近くの電線に止まります。
2羽が追いかけっこしながら飛来したときは、別々の場所に止まりました。
塒内で位置取りの争いが頻発し、薄暮の空を背景に空中戦になります。
塒内で1羽が少し飛んで移動すると、連鎖反応で小競り合いの空中戦が始まることがあります。



【おまけの動画】
同じ日の塒入りを通常のHD動画でも記録しています。(午後18:13〜18:50)
行き交う車の走行音に混じってハクセキレイの鳴き声も録音されています。
二つの集団塒(電柱N、S)の両方を交互に写しました。
集団塒となった2本の電柱N、Sは車道の両側に立ち、互いに2本の電線で結ばれています。


電柱S@18:14 pm

一番乗りで電柱Sのてっぺんに止まった個体の就塒時刻は18:13でした。
空は夕焼けで薄いピンク色に染まっています。
飛来する鳥は、波状に飛ぶハクセキレイ独特の飛び方です。

車道沿いの水銀灯が点灯したのは午後18:27でした。
各々が塒内で少し飛んでは移動を繰り返します。
電線で羽繕いしたり、電線を歩いて電柱に近づく個体も居ます。
メインの集団塒(電柱S)の柱上変圧器は、おそらく予熱で暖かく人気の特等席なのでしょう。
この泊まり場所を巡り空中戦になります。
トランスの手前で見事なホバリング(停空飛翔)を披露してくれました。
ホバリングはいかにも体力を消耗しそうなのに、元気いっぱいです。
連鎖反応で生じた空中戦も見応えがあります。
やがて夕焼け空ではなくなり、いよいよ暗くなってきました。

ラストシーンで注目したのは集団塒の近くにある看板です。
某お店の看板から左右に棒が何本も伸びて、その先に看板を照らす照明が取り付けられています。
眩しいライトの真横に1羽のハクセキレイが止まって頻りに鳴いています。
昆虫が明かりに誘引されて飛び回っているので、虫を捕食するのかと期待したのですが、そのような展開にはなりませんでした。
ハクセキレイの世界にも夜遊びしたがる門限破りの個体が居るのでしょう。


最後に、バイブルから印象に残った一文を引用して終わります。
集団塒の成員が、血縁集団なのか、地域的な結びつきのある集団なのか、あるいはまったくの混合集団であるのか。雌雄の比率や年齢構成なども興味ある研究テーマだ。しかし、こうした鳥の群れを研究する場合、群れ全体を掌握できるような研究方法そのものが確立していないのが現状である。(『ネオン街に眠る鳥たち:夜鳥生態学入門』p234より)
鳥の大群を、どの角度からどんな方法で切り開けば、より正確に全体を把握できるのか、私にはまだわからない。(同書p235より)


つづく→#6:早朝ハクセキレイ♂(野鳥)の群れが集団塒の電柱から飛び立つまで


電柱S@18:50 pm

ヒヨドリバナの花蜜を吸うサカハチチョウ夏型



2015年7月下旬

山間部の道端の斜面に咲いたヒヨドリバナの群落で夏型のサカハチチョウAraschnia burejana)が訪花していました。
翅を開閉しながら一心不乱に吸蜜しています。
意外にもこの組み合わせは、こんちゅーぶ!初登場。



ニンジンを師部だけ食すヒダリマキマイマイ【10倍速映像】



2016年5月上旬

交尾していたペアを含め路上で見つけた計3匹のヒダリマキマイマイEuhadra quaesita)を飼育するために採集して持ち帰りました。
余談ですが、個体識別するつもりで、右に居た個体から順にa,b,cとメモした紙片を一緒に個別のビニール袋に入れました。
ところが帰宅するまでにラベルの紙片が食べられていました。
童謡「やぎさんゆうびん」みたいな間抜けな話。
カタツムリが紙を食べることを忘れていました。
こんなことなら、現場で殻に直接マジックペンでマーキングすれば良かったですね。
飼育下でもう一度交尾行動を観察したかったのですが、元々どのペアが交尾していたのか分からなくなってしまいました。

とりあえず餌としてニンジンを輪切りにしたヘタを与えてみました。(過去の飼育時にも気に入ってくれました。)

ニンジンを食べる様子を微速度撮影で記録したので、10倍速映像をご覧ください。
カタツムリは輪切りにした人参の外側の層だけを食べ進め、中央部の芯には決して口を付けずに残すことがいつも興味深く思います。
形成層の外側は養分の通路となる師管などの集合した師部組織です。
日本植物生理学会のサイトで、この問題を化学的に考察した記事を見つけました。


食痕。見事に師部だけ抉り取るように食べた。隣のジャガイモには殆ど口を付けず。

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts