2016/05/14

路上で虫の死骸を食べるハシボソガラス(野鳥)



2015年9月下旬

朝、ハシボソガラスCorvus corone)が車道を歩いて横断すると、センターライン付近で路上にへばりついてた何かを嘴で剥がして食べました。
おそらく車に踏み潰された虫(または小動物)の死骸だと思います。
Carrion Crow(死肉を食うカラス)の名前通り、町の掃除屋ですね。
車が通りかかっても、カラスは慌てず騒がず歩いて道端に避けました。
最後は両足でホッピングのように跳びました。


キアシナガバチの古巣で越冬するキアシブトコバチ♀

2015年12月上旬

キアシナガバチ巣の定点観察@軒下#7


冬になりコロニーが解散したキアシナガバチPolistes rothneyi)の古巣を軒下から採集しました。
寄生蛾の幼虫に食害された形跡は無く、珍しく綺麗な状態で大きく育っていました。
育房を数えると72室。



この古巣を密閉容器に保管して室内に放置していたら、年が明けたある日(2016年1月下旬)、容器内に小さな蜂が死んでいることに気づきました。
寄生蜂が季節外れに羽化したのなら面白いのですが、写真に撮ってみるとキアシブトコバチBrachymeria lasus)でした。
本種の寄主はアシナガバチではなく鱗翅目で、樹皮下などで成虫越冬するそうです(『ハチハンドブック』p25より)。
冬越しのためにアシナガバチの古巣に潜り込んでいたとしても不思議ではありません。

古巣を採集したときに、もっとしっかり育房内を調べるべきでしたね。

腹面から見ると腹端に産卵管のようなものがあるので♀ですかね?
腹端の黄色い水滴?は糞が乾いた物かな?

▼関連記事
コガタスズメバチの古巣で越冬していたキアシブトコバチ

その後、春になってもキアシナガバチの古巣から寄生蛾の成虫は羽化してこなかったので、やはりこのコロニーは珍しく寄生を免れたようです。


シリーズ完



ルリタテハの日光浴



2016年4月下旬

里山の日当たりの良い尾根道でルリタテハKaniska canace)が日光浴していました。
ヒトが近づいたら警戒して飛び立つも、こちらが動きを止めれば蝶道を何度か往復してからほぼ同じ場所に着陸してくれます。

ルリタテハは警戒心が強く、近づくヒトの気配に敏感で、すぐに飛び立って逃げてしまいます。
私が虫を撮り始めた頃はデジカメのズーム性能がとても弱く、ルリタテハにそっと近づいて撮るのは至難の業でした。
おかげで、ちょっとした修行になりました。
最近の高性能カメラでは離れた位置からズームや望遠で撮れば良いので、とても楽ちんです。



2016/05/13

早春の灌木で鳴くモズ♂(野鳥)



2016年4月下旬

逆光ですけど、堤防に生えた灌木のてっぺんにモズ♂(Lanius bucephalus)が止まっています。
しばらくすると長い尾羽を上下しながらキチキチキチ♪と鋭い鳴き声を発しました。
縄張り宣言かな?
最後は飛び立って、少し離れた木の枝に移動しました。



ユリズイセンの花でキアゲハが吸蜜



2015年9月下旬

畑の花壇でキアゲハPapilio machaon hippocrates)が忙しなく飛び回り、ユリズイセン(別名アルストロメリア、インカの百合)の花蜜を吸っていました。
薄いピンク色の花の株(品種)と赤紫色の花の株が並んで植えられているのに、ピンク色の花を選んで訪花しているのが興味深く思いました。

▼関連記事:前年の撮影
ユリズイセンの花蜜を吸うキアゲハ



2016/05/12

落ちたリンゴの実を採食するムクドリ(野鳥)



2016年3月中旬

春になり雪解けしたリンゴ園でムクドリSturnus cineraceus)が地面に落ちた果実を啄んでいました。
小雪がちらつく中を2羽のムクドリはすぐ横で隣り合って仲良く採食しています。
その近くにはヒヨドリも同様に落果を啄んでいました。
突然、何かに驚いて一斉に飛び立ちました。

秋に収穫する前に台風などの影響で枝から落ちたリンゴの果実が冬の間は雪に埋もれて腐らずに冷蔵保存されていたのです。
天然の雪室ゆきむろ貯蔵リンゴですね。
春になると雪が消えてリンゴが再び地面に現れ、野鳥たちにご馳走を提供してくれます。



♀♀成虫間で栄養交換するコロニー末期のキアシナガバチ



2015年10月上旬

キアシナガバチ巣の定点観察@軒下#6


巣に残っているキアシナガバチPolistes rothneyi)成虫の数がかなり減ってきました。
ワーカーが寿命で死んだり、新女王が次々に巣立ったりしているのでしょう。

巣盤を時計に見立てると、9時の位置で成虫♀♀同士が口づけを交わし栄養交換を始めました。
すると近くに居た♀が更に2匹集まってきて餌を催促します。
餌の肉団子を持ち帰ってくれるワーカーの数が不足するようになり、ひどく空腹なのかもしれません。
激しい優位行動のようにも見えますが、性格が穏健な新女王が多いコロニー末期では、その可能性は低いと思います。

巣盤右上(2時の位置)では雄蜂♂(顔が白く、長い触角の先がカールしている)が身繕いしています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#7


2016/05/11

落ちたリンゴの実を採食するヒヨドリ(野鳥)



2016年3月中旬

雪が溶けた早春のリンゴ園でヒヨドリHypsipetes amaurotis)が地上採食していました。
秋に収穫する前に台風などの影響で枝から落ちたリンゴの果実が冬の間は雪に埋もれて腐らずに冷蔵保存されていたのです。
春になると雪が消えてリンゴが再び地面に現れ、野鳥たちにご馳走を提供してくれます。

リンゴの実を啄んでいたヒヨドリは一度飛び立ったものの、すぐにまた戻って来ました。(別個体かも?)
果樹園の奥でムクドリが2羽、同様に採食しています。





夜のカバエダシャク♀【蛾:暗視映像】



2015年11月中旬・夜21:09

山中の建物の外壁に夜カバエダシャク♀(Colotois pennaria ussuriensis)が止まっていました。
赤外線の暗視カメラで撮りながら近づくと、寒いのに覚醒していて身動きしました。

気温を測るべきでしたね。
ビデオカメラの補助照明を点灯すると、触角が糸状なので♀と判明。

(カバエダシャクの)触角♂は羽毛状, ♀はごく短い櫛歯がある. (Digital Moths of Japanサイトより)
しばらくすると、触角を翅の下にしまいました。
翅に指で軽く触れると翅を立て警戒します。
しつこく触れると、弱々しく羽ばたいて地面に落下。
カバエダシャクは同じ時期に活動する冬尺蛾のように、夜に求愛などの配偶行動をしないのかな?
もしかすると、性フェロモンで♂を呼び寄せるコーリングをしていたのかもしれません。

The females tend to be rather sluggish but the males fly actively at night and are attracted to light. (英語版wikipedia: Colotois pennariaより)

▼関連記事
飛べ!カバエダシャク♂【蛾:ハイスピード動画】

2016/05/10

杉林に飛び込む猛禽類(野鳥)のペア



2016年3月中旬

夕方(16:15 pm)に田園地帯の上空をピーヒョロロ♪と繰り返し鳴きながら飛ぶ猛禽類を何気なく流し撮りしました。
低い滑翔と羽ばたきを繰り返しながら、山に向かって水平に(一直線に)全速力で飛んでいます。
山腹には残雪が見えますが、この猛禽類はそのまま山裾の杉林に突っ込んで姿を消しました。
遠過ぎてとても鳥の種類を見分けられませんでしたが、この辺りでよく見かける猛禽類といえば、トビMilvus migrans)またはノスリButeo japonicus)が考えられます。
カラスの群れにモビングされて逃げ込んだ訳ではありません。
日没の1時間半前という時間帯を考えると、塒入り(就塒)だったのかもしれません。
少なくとも、昼間にこんな奇妙な飛び方をするのは見たことがありません。
ちなみに、この日の日の入り時刻は午後17:42。
撮影中は気づかなかったのですけど、すぐ後からもう一羽が同様に少し離れたスギの木の茂みに飛び込みました。
鳴いていたのは後続の個体かもしれません。
私の予想が正しければ、杉林の樹冠につがいの塒または巣がありそうです。


あるいは2羽で激しい縄張り争いになり、必死で逃げていたのでしょうか?
夕方になると山で強い上昇気流が発生するとしたら、そのために山へ向かっていたのかもしれません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。
カメラに外付けストロボを装着したまま動画を撮り始めたので、映像の冒頭にチュイーン♪と聞こえる高音ノイズはストロボのコンデンサーに充電するノイズです。


台風の大雨を巣で凌ぐキアシナガバチ♀



2015年9月上旬

キアシナガバチ巣の定点観察@軒下#5


台風18号が日本列島を横断中の日で、大雨が降り続いています。
ここまで順調に育ったキアシナガバチPolistes rothneyi)のコロニーはどんな様子か気になって見に行くと、多数の蜂が在巣でした。
巣上のあちこちで身繕いしている個体がいる一方で、残りはじっと静止しています。
期待した排水行動は見られませんでした。
濡れた巣からの排水行動は雨上がりにやるのでしょうか?
育房内にもう蜂の子が居ないので、排水行動はもうやらないのかな?

傘を差しながら撮っても激しい雨の雫で望遠レンズが濡れてしまいました。
※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#6:♀♀成虫間で栄養交換するコロニー末期のキアシナガバチ



2016/05/09

雪国で疥癬タヌキの散歩を追跡すると…【後編】



2016年2月上旬


▼前回の記事
雪国で疥癬タヌキの散歩を追跡すると…【前編】

疥癬の軽症例と疑われる野生ホンドタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus)を追いかけて私も慌てて車道に戻りました。
先回りして待ち構えていると、タヌキが雪原からのこのこと出てきて、暖冬で雪の無い車道に飛び降りました。
タヌキのロードキルを路上でよく見かけるので、通りかかる車に轢かれるのではないかと案じましたが、このタヌキはパニックにはならず車道の右端を歩いてくれて一安心。
私はビデオカメラで撮りながら歩いてタヌキを尾行します。
タヌキのすぐ横を車が通りすぎた際はさすがに少し怖がって、道端の雪の壁に引き返し登ろうとしました。
車もタヌキに気づいて少し徐行してくれたようです。

やがてタヌキは右折し、民家の敷地(駐車場)へ入りました。
車庫の入り口隅に開けられたキャットドアに迷いなく向かうと、頭から潜り込んだので、意外な結末に衝撃を受けました。
「それではドロンします♪」と昼間からタヌキに化かされたような気がしました。
勝手に侵入して居候しているのかな?
それとも、ここで餌付けされたり飼われたりしている個体なのでしょうか?
首輪こそ付けてなかったですけど、このタヌキの行動を振り返ると、まるで躾の良いお利口な飼い犬が独りで日課の散歩をしているような風情でした。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ナガコガネグモ(蜘蛛)の卵嚢



2015年11月上旬

最上川に注ぐ小さな水門の隅にナガコガネグモArgiope bruennichi)の卵嚢を見つけました。
卵嚢の上端が開いているのは正常なのかな?(出嚢後の古い卵嚢である可能性は?)
採寸代わりに右手の人差し指を並べて映し込みます。
卵嚢を周囲に固定する糸には粘着性がありませんでした。

越冬後に採集して飼育下で幼体の出嚢を観察するつもりでしたが、春になったら卵嚢は無くなっていました。
卵は卵嚢内で秋のうちに孵化し、そのまま越冬して、翌春に一回目の脱皮をした後に分散する[4]。(wikipediaより)
一度雪に埋もれて溶けた際に卵嚢も一緒に落ちてしまったのか、あるいは鳥が捕食したのでしょうか?


2016/05/08

雪国で疥癬タヌキの散歩を追跡すると…【前編】



2016年2月上旬

農村部で一頭のホンドタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus)が歩いていたので、追跡することにしました。
ビデオカメラを手に忍び寄ってみると、タヌキは針葉樹の根本をうろついています。
地面(雪面)の匂いを嗅ぎまわって食物を探し当てたようで、何かを口にしました。
雪面を歩き始めたタヌキを見ると、全身がずぶ濡れで毛並みがとても悪い個体です。
頻繁に身震いして、ボサボサで油気のない毛皮から水気を飛ばそうとしています。
明らかに病気のタヌキです。
この症状は疥癬にかかって毛が抜け始めたのですかね?(間違っていたらご指摘願います。)

撮影は2月ですから、タヌキの毛が冬毛から夏毛に自然と生え変わる換毛期(5〜7月)ではありません。
たんに老齢で脱毛している可能性もありますかね?

参考資料:「タヌキの脱毛症状(疥癬症)について(2010年7月暫定版)PDFファイル」

雪面に残るタヌキの足跡はフィールドサインの本に書いてある通りで、確かに狐と異なり左右の幅があります。
雪囲いされ冬は使われていないログハウスにタヌキは向かうと、その周囲をぐるっとひと回りしました。
一度は中に侵入しかけたものの、すぐ外に出てきました。

ログハウスを一周したタヌキが反対側の軒下で身震いしました。
私の方を見ても、さほど驚いた素振りはありませんでした。
衰弱しているのか、それとも本来タヌキは視力が弱いのかな?
タヌキは再び雪面を歩き始めました。
大木の根元で露出した地面の匂いを嗅いでから、また身震いしました。

私が急いで先回りして待ち伏せしていると、タヌキが右手から雪原を歩いて来ました。
除雪されて雪の無い舗装路に飛び降りると、道の真ん中の匂いを嗅いで立ち止まりました。
こちらを振り返ってもそれほど驚かず、トコトコと歩き去りました。

仮に目が悪いにしても、イヌ科の嗅覚で私の存在には気づいているはずです。
大胆なのかと思いきや、路上の枯葉が風で動いたのに反応して振り返りました。
やはり衰弱しているのか、あるいはよほど人馴れした個体なのではないかという気がしてきました。
建物の角を曲がるとスギ疎林の方へ向かい姿を消しました。

慌てて追いかけると、沢に近い杉の木の下でタヌキと再会。
地面が露出した林床の匂いを嗅ぎ、身震いしていました。
後で思うと、杉林にタヌキの溜め糞の有無を確認すべきでしたね…。
もしかするとタヌキは縄張りをパトロールしてから杉林に溜め糞(共同便所)をチェックしに来たのかもしれません。
実はタヌキは私の存在に気づいていて目を合わさないように木陰に隠れたり私をまこうとしているのかと思いきや、また戻って来ました。

左脇腹の毛が抜けているように見えますが、毛皮が水で濡れているだけなのか、素人目には分かりにくいです。
やっぱり疥癬症の軽症例なのかなー?

疥癬とは、ヒゼンダニ類のダニが皮ふに寄生しておこる、かゆみを伴った伝染性皮膚疾患である。タヌキから発見されたヒゼンダニは、センコウヒゼンダニ(Sarcoptes scabiei)であった。(中略)重篤な状態になったタヌキの大部分が、細菌の二次感染や冬季の体温維持不全などにより死亡する。
(現代日本生物誌3『フクロウとタヌキ:里の自然に生きる』p104より)
タヌキは雪原をどんどん歩いて車道の方へ向かっています。
果たしてどこへ行くのでしょうか?

つづく→後編(衝撃の結末を見逃すな!)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ムモンホソアシナガバチの古巣と謎の食痕



2015年10月中旬

石灯籠内で営巣するムモンホソアシナガバチの定点観測記録#5


ムモンホソアシナガバチParapolybia indica)のコロニーは解散していました。
結局、この巣はあまり大きくなれませんでした。
創設女王が何らかの原因で早死したのかもしれません。

7日後に再訪し、やはりコロニーが解散していると確信したので、古巣を採集ました。
ナイフで巣柄を切り落とし採集してみると、巣盤の上部が何者かに食い荒らされていました。
野鳥が石灯籠内に侵入して巣盤の上部だけを啄むことは不可能です。

天敵のヒメスズメバチに襲われたのか、それとも寄生蛾の幼虫の食痕かな?
シミ(紙魚)やワラジムシ、ゴキブリ、ナメクジなどの仕業かもしれません。



採集した古巣を密閉容器に入れて保管します。
冬を越しても今のところ寄生蛾の成虫は羽化してきません。

調べたサンプル数が未だ少ないのですけど、同じ地域に生息するPolistes属のアシナガバチに比べてParapolybia属のホソアシナガバチの巣は寄生蛾による攻撃(産卵・食害)を免れている印象があります。
例えば以下の写真は、今年定点観察してきたセグロアシナガバチ?(キアシナガバチ?)の古巣を同じ日に撮った写真です。
ムモンホソアシナガバチの営巣地に近い軒下に巣を作っていたのですが、夏に寄生蛾♀(おそらくマダラトガリホソガの一種Anatrachyntis sp.)に産卵された結果、幼虫に巣材を食い荒らされ育房内は寄生蛾幼虫の糞や糸でひどく汚れています。
育房からアシナガバチ成虫の死骸の脚が覗いて見えるのが不気味ですね。
羽化に失敗したのか、育房に頭を突っ込んで休んでいるまま死んだのでしょう。

巣材の違いによる好き嫌いなのか、在巣のワーカーの対寄生者防衛法に違いがあるのか、そもそもホソアシナガバチ類の生息数が少なく巣を見つけにくいためか、とても不思議です。

シリーズ完。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts