2016/02/13

菊の花蜜を吸うキンケハラナガツチバチ♂



2015年10月中旬

道端の民家の花壇に咲いた菊の花(種名不詳)でキンケハラナガツチバチ♂(Megacampsomeris prismatica)と思われるツチバチが訪花していました。
真っ黄色の花で明らかに園芸種のようですが、名前が分かりません。
吸蜜を終えた雄蜂は、触角を拭ってから隣の花に移動しました。
頭楯の色は確認できませんでした。



2016/02/12

網に付いたノコンギクの花を取り除くジョロウグモ♀(蜘蛛)



2015年10月上旬

花を食べる造網性クモの謎#9:

ジョロウグモ♀(Nephila clavata)は花を食べることがあるのでしょうか?
近くに咲いていたノコンギクの花を摘んでジョロウグモの馬蹄形円網に投げつけ給餌してみました。
甑に占座していたクモは直ちに駆けつけ、歩脚で慎重に触れて花を調べています。
ジョロウグモにとっては未知との遭遇のはずです。
ようやく獲物ではなく異物と判断したらしく、周囲の糸を切り始めました。
クモは何か食べかけの獲物(体外消化で黒変している)を口に咥えたまま作業しています。
花に噛み付いたり梱包ラッピングしたりすることもありませんでした。
もしこのとき音叉を使って花に振動を与えたらラッピングが解発されたでしょうか?
花の茎が長いせいで、網から完全に外すのに手間取っています。
ようやく花を捨てると(@2:37)、その場で網を歩脚で弾き、他の異物が付いていないかどうか確認しました。
居候の♂が待つ甑に戻ると♀は下向きに占座し、身繕いを開始。

つづく→#10:アメリカセンダングサの花を食すジョロウグモ♀(蜘蛛)の謎


給餌前の♀♂ペア

サルビアの花に潜り込むニホンミツバチ♀



2015年10月中旬

郊外の歩道を歩くと、街路樹の下にパッチ状の花壇があります。
この時期は真紅のサルビアの花が満開でした。
そこにニホンミツバチApis cerana japonica)のワーカー♀が何匹も通って忙しなく訪花しています。
花筒の形状からして、穿孔盗蜜するのではないかと期待したのですが、どの個体も毎回律儀に正当訪花していました。
窮屈そうに花の奥に潜り込むと時間をかけて吸蜜しています。
中で方向転換するのは無理で、苦労して後ろ向きに抜け出ます。
サルビアは送粉者にミツバチを指名しているかのように、ミツバチの体に対して花筒の狭さが節妙にフィットしています。
花筒から出ると少し身繕いしてから飛び立つシーンも撮れました。

サルビアの花の外に長い雄しべが伸びています。
花筒に潜り込むミツバチの体に葯が触れるようになっているようです。(※追記参照)
しかし、どの個体も後脚の花粉籠は空荷でした。

花期も終わりかけで、花粉はハナバチに採餌し尽くされ枯渇したのだと思います。

意外にも盗蜜する個体は居ませんでした。
クロマルハナバチやクマバチなど穿孔してくれる一次盗蜜者が居ないとミツバチは自力で盗蜜できないのかもしれません。(二次盗蜜者)

ミツバチは幾つか訪花しても吸蜜せず飛び去ることがありました。
花蜜が枯れていると判断したのでしょう。
花筒を覗きこむだけで蜜の多寡をミツバチはどうやって見分けているのか、不思議ですね。
蜜の匂いを嗅ぎ分けているのか、それとも最近訪花した蜂の残り香があるのでしょうか?

複数個体を撮影。



※【追記】
『マルハナバチの謎〈上巻〉 (ハリフマンの昆虫ウオッチング・社会性昆虫記) 』p103に掲載された挿絵の解説が秀逸でした。
サルビアの花の断面。マルハナバチが花の中にはいり込むと、てこ仕掛けのおしべが、花粉をその背中にまぶしつける。



2016/02/11

クロシタアオイラガ(蛾)幼虫の繭作り失敗【60倍速映像】



2015年10月中旬

採集してきたクロシタアオイラガParasa sinica)の幼虫に柿の葉を与えても食べてくれず、飼育容器内で落ち着きなくウロウロするばかりです。
ノギスで採寸すると、体長17mm。
『イモムシハンドブック』p56によれば、クロシタアオイラガ終齢幼虫の体長は18mmほど、とのこと。


食欲がないので終齢幼虫が繭を紡ぐ場所を探しているのではないかと思い、いつものように紙箱(ティッシュペーパーの空き箱)に閉じ込めてみました。

60倍速に加工した早回し映像をご覧ください。
照明が眩しくても気にしない様子で箱の中を徘徊しています。
頭部で∞の字を書きながらゆっくり前進しています。
足場となる絹糸を張り巡らしているのでしょう。
紙箱の隅の縁に沿ってシルクロードを敷設しながら前進し続けます。
なかなか営繭場所が定まらないようで、箱の隅に行き着くと引き返します。
立ち止まって休息している間も早回し映像で見ると体全体が脈動しています。
消耗した絹糸腺の回復を待っているのかと初めは思いました。

活動を再開した幼虫はやがて箱の側面と底面に交互に口を付けるようになり、遂に絹糸を紡ぎ始めたようです。
反省点として、背景が灰色のボール紙だと肝心の絹糸がよく見えませんね。
黒く塗っておくべきでした。
ところが場所が気に入らなかったのか、しばらくすると再び移動を始めました。
箱のダンボール紙と絹糸の接着の相性が悪いのかもしれません。
四方を何か物に囲まれた環境なら幼虫も落ち着いて正常に営繭できるのでしょうか?
動画撮影の邪魔になる物はなるべく入れたくないのですが、繭棚のような基質を入れてやるべきかどうか、悩みます。
もし本格的に営繭を始めたら一気呵成に仕上げるはずです。

幼虫がうずくまるように休んでいるときも、早回し映像を見ると、ときどき腕立て伏せするような奇妙な動きをしています。
どうも健康な個体ではないような気がしてきました。
例えば体内寄生による不随意運動や神経症状が疑われます。
あるいは繭作りではなくて、もう一度脱皮するための準備なのか?と思ったりもしました。
謎の病原菌に冒されていた可能性も考えられます。
カラフルな背筋が脈打っているのは、背脈管(昆虫の心臓)の拍動が透けて見えているのかな?

相変わらず探索徘徊と繭の試作と休息を繰り返しています。
ごく短距離なら後退できることが分かりました。
ただし、あまり得意ではなさそう。

またしばらくすると、いつの間にか紙箱の隅で仰向けにひっくり返っていました。
仰向け姿勢で繭を紡いでいる様子もなく、奇妙な蠕動するも起き上がる力が失われています。
前日に見られたような起き上がり運動をする元気がありません。

一縷の望みを込めて、幼虫の周囲にありあわせの物を置いてやり、より狭い空間に閉じ込めてみました。
これまでよりも落ち着いて粗末な繭を作りかけたようにも見えたのですが、やはり正常な営繭運動ではなく、ほとんどの時間は(苦しげに?)休んでいるだけでした。

実はこのようなイラガの営繭異常は見覚えがあります。

▼関連記事
繭を紡ぎ始めたイラガ(蛾)終齢幼虫
イラガ(蛾)幼虫の営繭異常【早回し映像】

諦めてクロシタアオイラガ幼虫を放置していたら、9日後には完全に死んでいました。
蛹化せず幼虫のまま萎んでいました。
白い糞を排泄した跡が横に残っています。
これはイラガの仲間に特有の堅牢な繭を作るために必須のシュウ酸カルシウムを含んだ分泌物(硬化剤)なのでしょう。

今回は営繭の撮影を優先したので、密閉容器に閉じ込めていません。
開放空間のため、たとえ寄生ハエの終齢幼虫(ウジ虫)が寄主脱出しても分かりません。
営繭異常の原因が体内寄生だったかどうか、分からず仕舞いでした。
7年前にイラガの繭を採集したら、蛾ではなく寄生ハエが固い繭から羽化してきました。
このハエは寄主に正常の繭を作らせてから捕食した(殺した)ことになります。

▼関連記事
イラガに寄生するヤドリバエ(イラムシヤドリバエ?)
もし次回イラガを飼育するときは蚕棚やまぶしのような四方をしっかり囲まれた空間に幼虫を閉じ込めて繭を作らせた方がよいかもしれません。


腹面
背面

高圧線の鉄塔とノスリ(野鳥)のつがい:(排泄・羽繕い・飛翔)



2015年10月中旬

田園地帯に聳え立つ高圧線の鉄塔に猛禽類が2羽止まって鋭い眼光で外界を見下ろしています。
後にノスリButeo japonicus)と判明します。
つがいなのかな?

オスよりもメスの方が大型になる。(wikipedia:ノスリより)

左に止まっている個体Lはこちらを向いていて、胸の羽根が白く目立ちます。
一方、右側の個体Rは後ろ姿。

冒頭でノスリLが前屈みになり糞を噴射すると、後方の鉄骨に鳥糞が直撃しました。(@0:15〜0:18)
飛翔に備えて軽量化したのかな?と思いきや、なかなか飛び立ちません。

▼関連記事ノスリ(野鳥)の排泄と飛び立ち【ハイスピード動画】

Lは左足を持ち上げて顔(左頬)を掻いています。×2
遂にLが鉄塔からフワリと飛び上がると滑空を始めました。(@3:42)
空に対して逆光のシルエットですが、翼の下面が白いことからノスリと判明しました。
ほんの数回しか羽ばたかず、省エネ飛行に徹しています。(滑翔)

そのまま流し撮りすると、遠くの電柱の手前で急上昇して天辺に止まりました。
この間、鳴き声は一切聞き取れませんでした。
振り返ると鉄塔にRが未だ残っていました。
(映像はここまで)

※ 動画編集時に自動色調補正を施してあります。

その後ハシボソガラスの群れが飛来し、鉄塔の下を走る通常の電線に止まりました。
カラスにモビングされるのを恐れたのか、いつの間にかノスリRは居なくなっていました。
(実を言うと、Rがノスリである確証は無くて、例えばトビかもしれません。尾羽根の形状からトビは否定できそう?)

▼関連記事

高圧線の鉄塔から飛び立つノスリ(野鳥)



2016/02/10

網にかかったツマグロオオヨコバイを捕食するイシサワオニグモ♀(蜘蛛)



2015年10月上旬・午前9:57〜10:04

イシサワオニグモ♀(Araneus ishisawai)で色々と実験したお詫びとして、今度は本当の獲物を給餌することにしました。

近くの草むらに飛来したツマグロオオヨコバイBothrogonia ferruginea)を生け捕りにし、垂直円網(甑の少し左下)に付けてやりました。
キイチゴ?葉裏の隠れ家に潜んでいたイシサワオニグモ♀は網に急行すると、まずは獲物の胸部に噛みついて毒液を注入しました。
つづいて獲物を網から外しながら大量の捕帯を繰り出して梱包ラッピングします。
糸を噛み切りながら、円網に開いた穴を補修するため糸で最小限の修繕を施しています。
網全体が崩壊しないよう、切った縦糸を張り直しているようです。
甑から新たな信号糸を糸を張りながら、獲物を隠れ家に持ち帰りました。
隠れ家に落ち着くと、捕食を始めました。
ちなみに午前10:00に測った気象状況は、気温19.1℃、湿度73%。

さて、イシサワオニグモが円網を張り替える行動を観察したくて前日から徹夜で監視したのに空振りに終わりました。(待ちぼうけ)
夜間に網を張り替えなかったのは、私が花や虫を次々に給餌したり音叉を使った実験を繰り返したからでしょうか?
もし何も獲物がかからなければ、「この網ではもう駄目だ」と判断して張り替えたのかな?



2016/02/09

イシサワオニグモ♀(蜘蛛)の網にノコンギクの花を給餌すると…?



2015年10月上旬・午前6:52〜8:10

花を食べる造網性クモの謎#8:花の種類を変えてみると?


イシサワオニグモ♀(Araneus ishisawai)はアメリカセンダングサを特に好んで食べてくれたのでしょうか?
アメリカセンダングサ以外のキク科の花を対照実験として給餌してみることにしました。

近くに生えていたノコンギクの頭花を摘んできて垂直円網に投げつけても、隠れ家(キイチゴ?葉裏)のクモは無反応でした。
鳴らした音叉で花に440Hzの振動を与えると、ようやくクモが甑まで出てきました。
もう一度花に振動を与えると、獲物が暴れていると騙されてクモが花の所まで駆けつけました。
花に触れて調べている間にあともう5回、繰り返し振動を与えてみます。
しかしクモは菊の花に噛み付いたまま静止しているだけで、期待した梱包ラッピングをしてくれませんでした。

ようやく噛んでいた花を手放すと、その花を網に放置したままで甑に素早く戻りました。
信号糸を登り、隠れ家に帰りました。
花を噛んでいる間に花蜜や花粉を摂取したかどうか、外から見ているだけでは分かりません。
隠れ家に持ち帰ってゆっくり食べるほど気に入った味ではなかったのかな?
餌ではなく異物だと認識したにせよ、異物を除去しないで放置するのは初めての反応です。

更にしつこく音叉でノコンギクの花を震わせても隠れ家のクモは無反応でした。
「狼少年の嘘にはもう騙されないぞ!」と学習したようです。
そこで今度は音叉を直接網に付けてやると、クモはすぐに網に降りてきました。
その先はもうクモは騙されず、異物の花を放置したまますぐ隠れ家に戻ってしまいました。

諦めかけたら、何故かしばらくするとイシサワオニグモ♀が隠れ家から網へ自発的に戻って来ました。
先程は何か身の危険を感じて逃げ帰ったのかもしれませんね。
甑に占座したクモは網を歩脚でしゃくり、異物の在処を探り当てると、ようやくノコンギクの花を網から外して捨てました。
その場で網を引き締め、もう他には異物が付いていないことを確認しています。
糸を切ったことによる網全体への影響(張力のバランスなど)を調べているのかもしれません。
甑に戻ると、朝日を浴びながら歩脚の先を舐めて身繕いしています。
捨てられたノコンギクの花はシダの葉に落ちていました。
しばらく日光浴してから、ようやく隠れ家に戻りました。

ちなみに午前8:08に測った気象状況は、気温19.2℃、湿度85%。

つづく→#9:網に付いたノコンギクの花を取り除くジョロウグモ♀(蜘蛛)


仰向けから起き上がるクロシタアオイラガ(蛾) 幼虫



2015年10月上旬

里山の林床で徘徊するクロシタアオイラガParasa sinica)の派手な幼虫を見つけ、採集して持ち帰りました。
終齢幼虫が営繭場所を探索しているのか?と思い、飼育してみます。

板の間に置いて仰向けにしてみます。
棘だらけでカラフルな配色の背面とは裏腹に、腹面はのっぺりしていて腹脚がどこにあるのかよく分かりません(退化傾向にある?)。
警戒してしばらく擬死(死んだふり)してから起き上がろうと奮闘を始めます。
寝返りを打つように身を攀じってまず上半身だけ起き上がり、そのまま前進することで下半身も起こします。
その動きが面白くて、何度も繰り返してしまいました。

最後は幼虫の歩行を正面から接写してみました。
イラガの仲間は頭部がフードに隠れています。
頭部で∞の字を書きながらゆっくり前進します。
歩く地面を調べているだけで、絹糸は未だ吐いていないと思います。

木の棒を登らせると滑落することがありました。(映像なし)
背中の刺は柔らかいのか、背中から落ちても折れません。
仰向けになると体を捻り上半身が接地したら前進しながら起き上がります。
海老反りから後転で起き上がるパターンもありました。


つづく→クロシタアオイラガ(蛾)幼虫の営繭異常【60倍速映像】



2016/02/08

寄生蜂コクロオナガトガリヒメバチ♀と寄主ヒメクモバチの攻防:その2



2015年10月上旬

境界標に営巣したヒメクモバチの定点観察#11


シーン1:午前10:50

寄主のヒメクモバチ(旧名ヒメベッコウ;おそらくAuplopus carbonarius)♀bが在巣のときに、境界標の左の縁から寄生蜂が泥巣に近づいてきました。
寄主と正面から向かい合い、ヒメクモバチが追い払いました。
しかし激しい闘争行動と呼べるようなものではなく、軽く突進する素振りを見せるだけでした。
ヒメクモバチは穏健な性格なのでしょうか。
もしかすると、コクロオナガトガリヒメバチ♀の姿形が寄主に擬態していてヒメクモバチ♀の目には紛らわしく見えるのかもしれません。

それとも、コクロオナガトガリヒメバチは白い触角を激しく動かすことで寄主を幻惑しているのかな?
寄生蜂は境界標の角を曲がった死角に隠れるだけで、執念深くチャンスを窺っています。
しばらく境界標の天辺を徘徊してから、寄生蜂は飛び去りました。




シーン2:午前10:52

寄主のヒメクモバチ♀bが吸水に出掛けた隙に寄生蜂がまた飛来しました。
泥巣の近くを徘徊している間に母蜂が泥巣に戻って来たので、絶好の産卵機会を逃しました。
ヒメクモバチ♀に睨まれた寄生蜂は境界標の天辺に登ってから、あっさり飛び去りました。
泥巣をガードしている間に、寄生蜂は未練がましく周囲を飛び回っています。
寄生蜂に挑発を繰り返されても深追いせず、泥巣から動かないのは賢明な防衛戦略と言えるでしょう。
しつこい天敵がようやく居なくなると、ヒメクモバチ♀は巣材集めのため地面に歩いて降りました。
泥玉を持って登り、造巣作業を続けています。
次は飛び去り、おそらくまた水を飲みに出掛けたようです。



シーン3:10倍速映像

シーン1、2と同時並行に微速度撮影した映像(@2:59〜)にも寄生蜂との攻防が写っていました。
引きの絵では小さな蜂は見えにくいのですけど、コクロオナガトガリヒメバチ♀は触角に白い部分があるのでなんとか見分けられます。



この日の総括:

この日は寄生蜂の産卵が見られず、前回ほど泥巣に執着して近づかなくなったのは何故でしょう?
寄主の巣作りの進捗状況を見に来ているだけかもしれません。
寄主ヒメクモバチの育房内で胚発生が進み、寄生蜂の産卵に適さなくなったのでしょうか?
母蜂の造巣ペースを見定め、次の貯食物が新しい育房に搬入されるまで待っているのかもしれません。
寄生蜂が人懐こくカメラの三脚に乗って来ることもありました。(映像は撮り損ね)

一方ヒメクモバチ♀も寄生蜂の存在に気づいているのにも関わらず、平気で巣を留守にしたり造巣活動を続けているのは不思議です。
もしこの日初めて観察していたとすれば、我が子を危険に晒す投げやりの態度にも見えたでしょう。
前回の観察(5日前)ではしつこい寄生蜂のせいで母蜂は泥巣に釘付けになり、ひたすらガードしていました。
造巣どころではなく、泥巣のガードを優先していました。

▼関連記事
寄生蜂コクロオナガトガリヒメバチ♀の産卵および寄主ヒメクモバチとの攻防

つづく→#12:


2016/02/07

コウスベリケンモン(蛾)幼虫の歩行と防御姿勢



2015年10月中旬

河川敷の橋の下で舗装された道を毛虫がモコモコと横断していました。

毛虫を転がすと丸まって防御姿勢をとり、擬死(死んだふり)しました。
もし毒毛をもっていると素手で触れるのはかぶれそうなので、拾った小石で間接的に触りました。
しばらくすると警戒を解き、体を伸ばすと徘徊を再開します。
採寸する代わりに左手の人差し指を並べて写し込んでみました。
爪先で毛虫を軽く弾いて転がすとまた丸まって防御姿勢になります。
この状態で強風に吹かれると、コロコロと路上を転がりました。(映像撮れず)

薄褐色の毛の所々(腹部の各体節の背面など)に黒い毛束が混じっています。
特徴的な毛虫なので、帰ってからすぐ同定できるかと思いきや、意外にも難問でした。
イモムシハンドブックや幼虫サイトで絵合わせしても見当たりません。
食草が分からないので飼育は無理だと思い、採集せずにスルーしてしまいました。
なんとなく、ヒトリガ科の一種ですかね?

いつもお世話になっている「不明幼虫の問い合わせのための画像掲示板」に投稿して問い合わせてみたところ、ATSさんよりコウスベリケンモンAnacronicta caliginea)の幼虫だろうとご教示頂きました。
幼虫はススキを食草とするそうで、ヤガ科から新しく別れたケンモンガ科に属するらしい。

ケンモンガ科ですが、最新の図鑑である「日本産蛾類標準図鑑(学習研究社 2011)」ではヤガ科ウスベリケンモン亜科に戻っています。(ATSさんのコメント)


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts