2016/01/30

網に付いたアメリカセンダングサの花を食べずに捨てるイシサワオニグモ♀【蜘蛛:暗視映像】



2015年10月上旬・午前00:25・気温12℃

花を食べる造網性クモの謎#6:再現実験


5日前、戯れにアメリカセンダングサの花をイシサワオニグモ♀(Araneus ishisawai)の網に投げつけたら食べ始めて驚愕しました。(記事はこちら
意外な結果を受け入れるには何よりも再現性が肝心ですから、同一個体のクモで花給餌実験をもう一度やってみました。

近くで摘んだアメリカセンダングサの頭花を垂直円網に投げつけると、その振動でイシサワオニグモ♀が隠れ家から花に駆け寄りました。(動画はここから)
花の茎が少し長過ぎたかもしれません。
クモは歩脚で花に触れるものの、噛み付こうとしません。
花の回りの糸を噛み切ると、網から外して捨てました。
今回は梱包ラッピングすら行わず、異物として網から取り除きました。
※ 赤外線ビデオカメラの撮影アングルが不安定なのは、AFの奥ピンを改善するために背景が抜けるアングルを探っているためです。

甑に戻ると周囲の糸を歩脚で引き締めて網を揺らし、もう他に異物が網に残っていないか確かめています。
信号糸を伝い、隠れ家に戻りました。
食べ残しの蛾を引き寄せ、捕食を再開。
撮影直後の午前00:25に測定した気温は12℃、湿度100%。

花を食べてくれなかったので再現性に疑問が生じ、意気消沈しました。
とにかくアメリカセンダングサの花の味が好きで好きで堪らない!という訳ではなさそうです。
蛾を食べている最中に花を給餌したのでクモは満ち足りており、わざわざゲテモノを口にする気にならなかったのでしょうか。

クモの空腹状態をコントロールした上で実験するのは飼育しないと無理そうです。
造網性クモは花を梱包ラッピングしてくれないことには食べてくれないので、網に付けた花をクモが取り除こうと触れたときに音叉を使って花に振動を与えてみれば騙されるかもしれません。


つづく→#7:アメリカセンダングサの花を食べなくなったイシサワオニグモ♀(蜘蛛)


巣の外に捨てられたキイロスズメバチ幼虫の謎【子殺し?】



2015年10月上旬

キイロスズメバチ巣の定点観察#4


キイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)の巣作りを微速度撮影していると、目の前の地面に蜂が幼虫と一緒にボトッと落ちてきました。
幼虫を残して蜂はすぐに飛び去りました。

一瞬の出来事でしたが、巣がオオスズメバチの襲撃を受けている様子はありません。
巣の下の地面をよく調べると、あちこちに幼虫が何匹も散乱していて衝撃を受けました。


オオスズメバチやヒメスズメバチのように他の蜂の巣を襲い幼虫を狩ってきたキイロスズメバチのワーカー♀が、帰巣する前に獲物をうっかり落としてしまったのでしょうか?
それなら肉団子に加工して運搬するはずですし、何匹も幼虫が落ちていることの説明が出来ません。
やはり、軒下の巣から外に捨てられたと考えるのが自然でしょう。
微速度撮影の動画(オリジナルは10倍速映像)を見直しても、蜂が巣口から幼虫を運び出して外に捨てる決定的瞬間を見つけられませんでした。

コロニーの性比を調節するために、例えば雄蜂♂になる幼虫を選んで捨てているのかな?
晩秋で狩場の獲物が乏しくなり、巣内の幼虫を間引いているのでしょうか?(子殺し、口減らし)
それなら幼虫を食べてしまっても良さそうなものです。
せっかく投資したタンパク源をなぜ食べずに巣外に惜しげもなく捨てるのでしょうか?
少なくともコロニーの引っ越しに伴う子殺しではなさそうです。

巣内で病原菌に感染したり病気になった幼虫をワーカー♀が排除して捨てたのかもしれません。
トロイの木馬(寄生者が巣に潜り込んだ)に気づいたワーカー♀が、体内寄生された幼虫を捨てた可能性も考えられます。
実は私は寄生を強く疑っているのですが、詳細は続編のお楽しみ。

落ちた幼虫は丸々と太っており、体液で濡れていました。
落下の衝撃で傷つき出血したのかと初めは思いましたが、おそらく栄養交換液(VAAM)を吐き戻したのだと思います。
その証拠に、捨てられたキイロスズメバチの幼虫の一匹に対してクロヤマアリFormica japonica)のワーカー♀が集っていました。
アリの巣に持ち帰るには重すぎる気がします。
クロヤマアリはキイロスズメバチ幼虫の口元を頻りに舐めて、栄養交換していました。
蟻の巣で共生するシジミチョウの幼虫を連想しました。
この後どうなったか見届けていませんが、巨大なキイロスズメバチ幼虫を家畜としてアリの巣に運んだとしたら愉快ですね。



初めに見つけたキイロスズメバチの遺棄幼虫を指で摘んで採集してみると、初めて触ったその感触があまりにも柔らかく頼りないことに驚きました。
ブヨブヨで全く掴みどころがありません。
体表にクチクラ(外骨格)がほとんど発達していないようです。
丸々と太った蜂の子は、育房の外では自重を支えられないのでしょう。

(健康なキイロスズメバチ幼虫を育房から取り出してみるとまた感触が異なるのかもしれません。)
幼虫の口元に触れて刺激すると栄養交換液を吐き出すことを実演すればよかったですね。
私は未だ蜂の子を食べたことがないのですけど、これを見て美味しそうだと思う人もいるでしょう。


せっかく貴重な蜂の子を採集したのに帰路で他の虫を採集する必要に迫られ、採集容器が足りなくて悩んだ末に蜂の子を捨ててしまいました。(痛恨の判断ミス)
飼育下で給餌して育てるのは難しそうですが、解剖して体内寄生の有無を確認すべきでした。


映像の最後(@2:39〜)は更に奇妙な事件簿です。
キイロスズメバチが営巣した古い木造家屋の地面に接した基礎部分の材木の割れ目にキイロスズメバチの幼虫がぺったんこに潰れて挟まっていました。
なんでこんな所に幼虫が挟まっているのか、まるで猟奇事件です。
スズメバチの幼虫は脚が退化していて歩行能力が皆無ですから、地面に落ちた幼虫がこんな所に偶然嵌り込むことはあり得ません。
アリが運ぶ途中で挟まったと考えるのも無理がある状況です。
モズの速贄はやにえなど、野鳥による貯食行動の結果ではないかと推理してみました。


つづく→#5:キイロスズメバチ♀の巣作り

【追記】
記事を書き終えてからネット検索してみると、この現象はよくあるようです。
ルイワン氏のブログ「スズメバチの巣から大きな幼虫をくわえた働き蜂が降ってくる謎」では晩秋に飢餓で死んだキイロスズメバチの幼虫を捨てていると、私の寄生説とは全く違う説明がなされていました。

スズメバチの雄成虫や新女王蜂は、幼虫から頻繁に栄養価の高い唾液分泌物を一方的に摂取するだけなので、急速に衰弱して死亡する幼虫が多くなる。
スズメバチの働き蜂は、こうして死んだスズメバチの幼虫を引き抜いて、巣の外に運び出す。そして、それらの幼虫の死骸が巣の直下に散乱することとなる。

2016/01/29

網にかかった夜蛾を捕食するイシサワオニグモ♀【蜘蛛:暗視映像】

2015年10月上旬

夜にイシサワオニグモ♀(Araneus ishisawai)の営巣地を見に行くと、相変わらず同じ隠れ家(キイチゴ?の葉裏)に潜んでいて一安心。
4日前に給餌したアメリカセンダングサの花は隠れ家に見当たらず、捨てたようです。

夜間観察の目的は、垂直円網の張り替えを記録することです。
古い円網が張られたままで、部分的に壊れていました。


隠れ家のクモ
垂直円網




近くを流れる渓流の水音だけが聞こえてきます。
コオロギやキリギリス類の鳴き声が皆無で、辺りは静まり返って不気味です。
藪蚊が居ないのは助かりました。

寒さと眠気を堪えつつ網の前でじっと見ているのは結構大変です。
日付が変わろうとする真夜中にふと気づくと、クモが網に降りて来ていました。
いつの間にか蛾が網にかかっており、その獲物捕帯で梱包ラッピングしているところでした。
クモが獲物に噛み付くシーンは見逃しました。
私が生き餌を網に給餌したのではなく、自然に網にかかったものです。
残念ながら蛾の種類は分からず仕舞いです。

イシサワオニグモ♀は糸で包んだ獲物を咥え、甑を経由して隠れ家に戻りました。
獲物を糸で固定するとラッピングし直します。
赤外線の暗視カメラでも獲物の複眼が光って見えるのは、夜蛾に特有のタペータムでしょうか?

ちなみに気温の測定結果は
21:53 13.1℃、73%
22:04 11.9℃、83%
22:46 11.3℃、H%
23:52 11.4℃、H%
00:25 12.0℃、H%

つづく→



巣の外被を増築するキイロスズメバチ♀【微速度撮影】



2015年10月上旬・午後12:25〜14:26

キイロスズメバチ巣の定点観察#3


翌日の昼過ぎ、軒下でキイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)が巣の外被を増築している様子を微速度撮影してみました。
夜の静けさとは打って変わって昼間のコロニーは活発です。
50倍速の早回し映像をご覧ください。
多数のワーカー♀が各自の判断で外被上のあちこちで巣材を鱗状にせっせと付け足しています。
巣口では門衛が中から見張っています。

ところで、軒下で巣が固定されている垂木をウロウロと歩き回っている黒っぽい昆虫が気になります。
スズメバチの巣に寄生するハネカクシやゴキブリだとしたら面白いのですけど、越冬場所を探しているカメムシかな?

※ 動画編集時に自動色調補正を施してあります。

おまけの動画1:60倍速映像


おまけの動画2:10倍速映像(オリジナル)


同じ素材で早回し速度を変えたバージョンをブログ限定で公開します。

つづく→#4:巣の外に捨てられたキイロスズメバチ幼虫の謎



2016/01/28

オオヒメグモを捕食するユカタヤマシログモ(蜘蛛)



2015年10月上旬

ユカタヤマシログモの飼育記録#2


ユカタヤマシログモScytodes thoracica)を地下室で採集して以来、少なくとも19日間は絶食していたのに平気で生きていました。
飢餓耐性が強いという前評判通りでした。

さてこの日は、本種独特の狩りの習性を観察するために、予め室内で捕獲しておいたオオヒメグモParasteatoda tepidariorum)幼体を与えてみました。

ともに地下室などの室内で見かけるクモですから、獲物として不自然ではありません。
オオヒメグモが不規則網を張ったところにユカタヤマシログモを投入したのではなく、ユカタヤマシログモの飼育容器にオオヒメグモを投入したので、アウェイ環境のオオヒメグモに勝算はありません。
獲物が近くに歩いて来た瞬間にユカタヤマシログモが電光石火で仕留めたようで、オオヒメグモはすぐに動けなくなりました。
狩りの瞬間は撮り損ねてしまい、直後からの撮影です。

接写してみると、獲物は強力な粘着糸で容器底面に貼り付けにされていました。
ユカタヤマシログモが噴射した糸が透明プラスチック容器の底にジグザグに付着しています。
ユカタヤマシログモの頭胸部が巨大(頭でっかち)で奇怪な印象を与えるのは、吐糸器官が収まっているからなのでしょう。

ユカタヤマシログモは獲物の傍らで悠然と身繕いしています。
まず触肢の先を舐めて掃除を始めました。
触肢を互いに擦り合わせています。
次は歩脚の先(跗節)を舐めて掃除。
大顎で足先を甘噛みする動きに合わせ触肢を素早く開閉しています。

オオヒメグモは初めにピクリとかすかに動いただけで、その後は動かなくなりました。
ユカタヤマシログモが噛んで毒液を注入しなくても、吐糸に含まれた毒液に触れただけで獲物の体が麻痺してくるのでしょうか。

化粧が済むとユカタヤマシログモはようやく獲物に噛み付いて捕食(体外消化と吸汁)を開始。
噛み付く場所はオオヒメグモの歩脚の膝?関節でした。

色々とアングルを変えて接写してみても、食餌中はクモの動きが乏しくあまり面白くありません。
よく見るとユカタヤマシログモの触肢と牙が微かに動いています。
映像後半は採寸のため、飼育容器の下に方眼紙を敷きました。(@5:35〜)
今回は室内でも自然光下で接写したら明るく色調も自然で良い感じになりました。

次回はユカタヤマシログモが獲物をめがけて口から高速で吐糸する瞬間をハイスピード動画で記録してみます。

つづく→#3:獲物を捕食・吸汁するユカタヤマシログモ(蜘蛛)


給餌直前のオオヒメグモ
【追記】
22日後に撮った食べ滓の写真です。


巣の外被で寝るキイロスズメバチ♀【暗視映像】



2015年10月上旬・夜21:20頃


キイロスズメバチ巣の定点観察#2


前回の観察から4日後の夜、軒下を見に行くとキイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)の巣は寝静まっていました。
赤外線の暗視カメラで撮ると、巣口横の外被に3匹の蜂が静止しています。
その全員が頭を巣口に向けています。
当然ながら夏の暑さも過ぎたこの時期に、扇風行動はやりません。
モンスズメバチとは異なり、昼行性のキイロスズメバチは夜間活動しません。
ストロボを焚いて撮った写真を見直すと、数匹の蜂が自らの体で巣口に栓をするように塞いでいます。
門衛なのでしょう。
キイロスズメバチがこれほど警戒している夜行性の仮想敵は一体何でしょうか?
写真を見る限り、雄蜂の姿はありませんでした。

門限を破って帰宅が遅くなってしまったワーカー♀が巣に入れてもらえずに、巣口の横で泣きながら夜明かししているのだろうか?と擬人化したお笑い妄想を膨らませてしまいました。
巣の中は寝苦しいから涼しい外で寝るほうが好きだという暑がりの蜂がいたりして…?

映像の冒頭で巣の右横にある垂木を謎の黒い昆虫が歩いて巣に接近しているのが目を引きました。(画面右から登場)
コガタスズメバチの巣の外被に潜んでいたゴキブリを思い出して興味深く思いました。
謎の虫はすぐ死角に隠れてしまった上に、この営巣地は高所過ぎて、果たしてゴキブリなのかどうかよく見えませんでした。
なんとなく、長い触角を持つカマドウマのような気もします(自信なし)。
それに応じて外被上左下のキイロスズメバチ♀個体が覚醒し触角を動かしました。

※ 前半のみ動画編集時に自動色調補正を施してあります。

つづく→#3:巣の外被を増築するキイロスズメバチ♀【微速度撮影】



2016/01/27

ヒメクモバチは夜どこで寝るのか?【暗視映像】



2015年10月上旬・夜21:30

境界標に営巣したヒメクモバチの定点観察#8


前回の観察から4日後、ヒメクモバチ(旧名ヒメベッコウ;おそらくAuplopus carbonarius)の営巣地を夜に訪れてみました。
赤外線の暗視カメラで撮りながら近づくと、まず一つ目の境界標aにはヒメクモバチ♀aが在巣でした。
蜂は目覚めており、触角だけ動かしています。

私のせいで覚醒してしまったのかもしれません。
昼も夜も泥巣に留まりガードしていることが分かりました。

ヒメクモバチ♀a@泥巣:境界標a

ところが、その隣に並んだ2つ目の境界標bを見ると、♀bは不在でした。
夜はどこか別の場所で寝ているのでしょうか?
特定のねぐらがあるとしたら面白いですね。
翌日の昼間に♀bの無事を確認しました。(生きていました)

泥巣:境界標b-ヒメクモバチ♀b

社会性ハチは夜になると巣で休みます。

例えばスズメバチやアシナガバチの創設女王は単独営巣期であっても夜は初期巣に戻り、一晩中抱卵します。
それに対して単独性狩蜂の♀が巣で寝ないとしても、それ自体は不思議ではありません。

蜂の巣と塒は必ずしも一致しないのです。
例えば夜にジガバチ♀が草の茎を噛んだ姿勢で休むのを観察しました。
ヒメクモバチが夜どこで寝るかという習性に個体差があるようで、興味深く思いました。

つづく→#9:ヒメクモバチ♀bの採土と巣作り



ヤブキリ♀がタラノキの枝で右往左往し身繕い



2015年7月下旬

山間部の道端に生えたタラノキの灌木でヤブキリ♀(Tettigonia orientalis)を見つけました。
タラノキの枝を下から登ってきました。
葉の先に達すると行き止まりと気付き、引き返します。
枝の二股まで戻ると別の枝を登り始めました。
斜めに伸びた枝の下面にぶら下がると静止。
しばらくすると、いつの間にか枝の上面に来ていましたが、その場から動きません。
前脚の先を舐めてお化粧しています。

以前紹介したタラノキの葉を食べていたヤブキリ♀も近くにいましたが、今回の映像に登場する♀は別個体です。



2016/01/26

寄生蜂コクロオナガトガリヒメバチ♀の産卵および寄主ヒメクモバチとの攻防



2015年10月上旬

境界標に営巣したヒメクモバチの定点観察#7


ヒメクモバチ♀b(旧名ヒメベッコウ;おそらくAuplopus carbonarius)が作った泥巣bに招かざる客の到来です。
真っ直ぐに伸びた長い産卵管を有する黒いヒメバチの一種♀が境界標を思わせぶりに徘徊しています。
産卵するチャンスを虎視眈々と窺っている寄生蜂だとしたら、7年前の記憶が鮮明に蘇りました。

▼関連記事(2008年9月下旬撮影)
コクロオナガトガリヒメバチ@ヒメベッコウ泥巣
そのときヒメクモバチ(Auplopus carbonarius)に寄生する蜂として名前を教えてもらったコクロオナガトガリヒメバチ♀(Picardiella tarsalis)の写真(@「日本産ヒメバチ目録」サイト)にそっくりです。

たまたまホスト(寄主)が油断して泥巣を留守にした隙に、寄生蜂が泥巣の下部を触角で探りながら丹念に調べていました。
初めは境界標の側面でマイマイガ幼虫の死骸を調べていたのですが、寄主は鱗翅目ではなく本命はヒメクモバチの泥巣にありました。



「山形県」の刻印(窪み)を利用して泥を詰め込んで作った巣の中で、「形」の字の第6画後半に強い興味を示しています。
ここにヒメクモバチの育房があるようです。

(育房内には母蜂が狩ってきたクモが貯食され、麻酔されたクモの表面に卵が産み付けられているはずです。もしかするとヒメクモバチの幼虫が既に孵化していてクモを食べているところかもしれません。)
寄生蜂♀は腹端を前方に曲げ、産卵管を前に向けると産卵姿勢になりました。
厚く泥塗りされ乾いた巣にこんな華奢な蜂が細い産卵管で突き刺し産卵するとは驚きです。
産卵シーンを背面ではなくできれば側面から撮りたいのですが、私が下手に動くと気配を感じて寄生蜂が逃げてしまいそうで我慢しました。
まさに産卵中に母蜂が空荷で帰宅しました。(@2:20)
境界標の下から登ってきたヒメクモバチ♀bは寄生蜂を見つけても特に激しい攻撃は加えないのが意外でした。
ヒメクモバチ♀が近寄ると寄生蜂が慌てて逃げました。
母蜂は泥巣全体を心配そうに見回ります。
一方、追い払われた寄生蜂は境界標の泥巣がある面の角を曲がった側面に止まっています。
ホスト♀が横を通ると寄生蜂は飛んで逃げるものの、またすぐに舞い戻って来て境界標の天辺の角に静止しました。

マクロレンズを装着して寄生蜂を接写してみました。
しっかり背面を接写するのはアングルが確保できず無理でした。
触角の中央部、腹端、および後脚の先が白色で、残りは全身黒色の蜂です。
泥巣をガードしているホストの顔も接写すると、触角の根本が白く見えました。
寄生蜂の居る上を向いたまま油断なくじっとしています。
(※ マクロレンズで接写したパートのみ動画編集時に自動色調補正を施してあります。)


ほとぼりが冷めると、寄生蜂は境界標の側面から慎重に泥巣へ忍び寄りました。
泥巣上のヒメクモバチ♀bは後ろを向いていて、恐るべき天敵の存在に気づいていません。


「志村〜、後ろ、後ろ〜!!」
ヒメクモバチ♀はなんとなく警戒しているのですが、なぜか寄生蜂とは逆方向へ泥巣を離れてしまいました。
その間に寄生蜂が泥巣の下部に到達し、触角で探っています。
ようやく異変に気づいたヒメクモバチ♀が駆け寄ると、寄生蜂は慌てて飛んで逃げました。
産卵未遂と思われます。
ヒメクモバチ♀は泥巣上で油断なく警戒を続けています。

逃げたと思った寄生蜂はちゃっかり境界標の天辺に居ました。
触角を拭い身繕いしています。
産卵のチャンスを虎視眈々と待っている印象。
急に飛び立つと、境界標の横に生えた灌木(常緑樹)の葉に止まりました。
しばらく休んだり身繕いしてから飛んで境界標へ戻りました。
その間、寄主のヒメクモバチ♀bが警戒して泥巣をガードしています。

7年越しに寄生産卵の決定的瞬間を撮影できて感無量でした。

寄生蜂と寄主が境界標で繰り広げる小競り合いも何度か観察しました。
ヒメクモバチがいくら寄生蜂を追い払っても、しばらくするとまた戻って来ます。
個体識別のマーキングを施していませんが、おそらく同一個体のコクロオナガトガリヒメバチ♀なのでしょう。
ヒメクモバチ♀は天敵の寄生蜂を撃退する有効な対抗手段や防衛戦略を持ち合わせていないようです。
寄生蜂は素早く飛んで逃げてしまうため、殺すこともできません。
もしこの泥巣を採集して蜂の子を飼育すると、果たしてヒメバチが羽化してくるでしょうか?(ヒメクモバチの寄生率を調べる)

母蜂(ヒメクモバチ♀b)がこの日は全く造巣活動せずに泥巣をひたすらガードしていたのは寄生蜂対策だったようです。
息詰まるような神経戦が続き、天敵が心配でおちおち外出できないのでしょう。
もし仮に寄生蜂を採集・除去したらヒメクモバチ♀bは安心して造巣を再開してくれるかな?
それとも別個体の寄生蜂が侵入して来るだけでしょうか?
逆に、泥巣をガードする寄主のヒメクモバチ♀bを除去すれば寄生蜂が産卵する様子をじっくり観察できるかもしれません。
(除去実験は頭をよぎっただけで、今回は自然の成り行きに任せ見守りました。)

つづく→#8:ヒメクモバチは夜どこで寝るのか?【暗視映像】




TVアンテナに悪戯するハシボソガラス(野鳥)



2015年10月上旬

民家の屋根に設置された古いTVアンテナにハシボソガラスCorvus corone)が止まっています。
昔ながらの旧式アンテナで、パラボラアンテナですらありません。
カラスは嘴でアンテナのケーブルなどを悪戯していました。
もしアンテナが現役なら、こうしたカラスの悪戯のせいでテレビの映りが悪くなることもあったのだろうと想像できます。
悪戯に飽きたカラスはカーカー♪鳴き、最後はどこかへ飛び去りました。


2016/01/25

境界標の泥巣をガードするヒメクモバチ♀b



2015年10月上旬

境界標に営巣したヒメクモバチの定点観察#6


今度は2つ目の境界標に作られた泥巣bを見に行くと、砂利混じりの山道で日光浴している蜂が居ました。
近づいたらすぐに飛び立ちました。
逃げた蜂を追って左を見ると泥巣bに戻っていました。
帰巣したヒメクモバチ♀b(旧名ヒメベッコウ;おそらくAuplopus carbonarius)は泥巣上を歩き回り点検したり身繕いしたりしています。

「山形県」の境界標の刻印に泥を詰め込んで営巣しています。
ちなみに山の字の第1、3画の縦線の長さは5cm。

この日は良い天気で気温も低くなかったのにも関わらず、不思議なことにこの日は二匹(♀a, b)とも造巣や狩りを全く行いませんでした。

1週間前に♀bを見た時にはほぼ休みなく巣材を運び込んでいたのに、不思議です。
もし造巣活動を午前中に集中して行うのだとすると、私が見に来る時間帯が遅かったのかもしれません。
次の卵が産めるようになるまで卵巣の発達を待っているのでしょうか?
それとも♀の寿命が迫り、泥巣をガードしているだけかな?

この日は更に観察を続けると、♀bが何故外出しないでひたすら泥巣をガードしているのか、その理由が分かりました。

つづく→#7:寄生蜂コクロオナガトガリヒメバチ♀の産卵および寄主ヒメクモバチとの攻防



夜の塀を歩くネコ【暗視映像】



2015年8月下旬・午後19:30

民家の塀の上に座り見下ろしていたネコFelis silvestris catus)を赤外線の暗視カメラで撮ってみた映像です。
首輪などは無いものの、飼い猫のようです。

真横で撮り始めても、耳を立てて警戒するだけでした。
欠伸をしながら立ち上がり、ストレッチ(伸び)してから立ち去ろうとします。
尻尾をピンと上げて歩き、塀の段差を身軽に降りて行きました。


2016/01/24

境界標の泥巣上で身繕いするヒメクモバチ♀a



2015年10月上旬

境界標に営巣したヒメクモバチの定点観察#5


7日ぶりに営巣地を訪れると、まず一つ目の境界標に作られた泥巣aにヒメクモバチ♀a(旧名ヒメベッコウ;おそらくAuplopus carbonarius)が居てくれて一安心。
こちらの個体♀aは1週間前に見た時と変わらず基本的にいつも泥巣上に居座りガードしているだけで、造巣などの進展が全くありません。
泥巣上を徘徊し、穴にも少しだけ頭を突っ込んで点検しています。
この穴は1週間前から開いたままなので、作りかけの育房ではなく羽化孔だと思っています。
見回りの後は触角を拭い化粧しました。

この個体♀aは触角の先が巻いている点が気になります。(一方、♀bは比較的真っ直ぐ)

クモバチ科の特徴として、触角はふつう♀では死後ゼンマイのように巻くが、♂では巻かない。(『保育社標準原色図鑑全集2昆虫』p29より)

※ マクロレンズ使用の接写動画のみ自動色調補正を施してあります。

珍しく外出の瞬間が撮れたものの、すぐに見失ってしまい、行き先や目的は不明です。

映像の最後は山道沿いに並んだ2本の境界標を順に訪れ、♀a→♀bの順に在巣を確認しました。
個体識別のマーキングを施していないものの、これで2匹のヒメクモバチ♀が別個体であることを確信しました。(1匹の♀による二巣並行営巣ではない。)

つづく→#6:境界標の泥巣をガードするヒメクモバチ♀b



ヒマワリの花とスズメ(野鳥)



2015年8月中旬

畑の端の花壇に咲いたヒマワリの群落でスズメPasser montanus)が群れていました。
成鳥ばかり計5〜6羽ほどが曲がった茎に乗って休んでいます。
花の天辺に止まったのでヒマワリの種子を採食するのかと期待したのですが、未だ実がなっていない時期でした。
一羽が茎から飛び上がり、空中で虫を捕らえたようにも見えました(@0:52〜0:55)。

▼関連記事
ヒマワリの花から種子を啄むカワラヒワ(野鳥)



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts