2016/12/15

ヒヨドリバナの花蜜を吸うトゲカメムシ



2016年9月上旬

峠道沿いに咲いたヒヨドリバナの群落でトゲカメムシCarbula humerigera)が2匹、訪花していました。
集合花を歩き回り、花に口吻を突き刺して吸蜜・吸汁しているようです。

もう一匹は歩いて茎を降りて行きました。
葉先で何をしているのかと思いきや、拝むように前脚の先をゴシゴシ擦り合わせ化粧していました。

ちなみに、ピッキオ著『花のおもしろフィールド図鑑 秋』p163によると

(ヒヨドリバナの)花から長く伸びているものは雌しべの先端です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts