2016/11/25

クロマルハナバチ♀の定位飛行【ハイスピード動画】



クロマルハナバチの巣:定点観察#2

2016年6月上旬・午後15:54

▼前回の記事
巣穴に出入りするクロマルハナバチ♀の羽ばたき【ハイスピード動画】

クロマルハナバチBombus ignitus)ワーカー♀の出巣を240-fpsのハイスピード動画で記録していたら、定位飛行を披露してくれる蜂が運良く撮れていました。
巣穴の方を向きながら扇状に飛び、巣の位置や周辺の状況を視覚的に記憶しながら少しずつ扇の弧を大きくしていくのです。
羽化後に初めて外役に出る個体なのでしょう。
それとも毎日の仕事始めには必ず定位飛行をするのかな?
(個体識別のマーキングを施せば解決するはずです。)

営巣地の上の斜面からトゲだらけのキイチゴの茎やヨモギの長い枯れ茎が巣穴のすぐ横まで垂れ下がっていました。
排水口に詰まった土からも雑草が伸びて、枯れたヨモギ?の茎がぶら下がっています。
撮影には目障りですが、こうした植生が帰巣する蜂の目印になっていそうです。
(キイチゴの茎は撮影前に除去しました)

つづく→#3:帰巣時に迷子になったクロマルハナバチ♀


営巣地の全景(左の黒テープは初日にだけ貼った個人的な目印)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts