2016/11/02

ビヨウヤナギの花で花粉を集めるヒメハナバチの一種♀



2016年7月下旬

団地の植え込みに咲いたビヨウヤナギ(=マルバビヨウヤナギ)の群落でヒメハナバチの一種の♀が訪花していました。
花がほとんど散り終わった群落で、残り少ない花にて採餌していました。
『ヤマケイポケットガイド5:庭木・街路樹』p86によると

(ビヨウヤナギは)花の寿命は短いが、1つの花が終わっても、新しい花が次々と咲き続ける。

吸蜜している様子はなく、長い雄しべの茂みの中をひたすら歩き回り集粉しています。
回転集粉と言えるほど効率的な採餌法ではありません。
後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けています。
飛び上がっても、すぐに同じ花に舞い降ります。
後半は雄しべの先端によじ登ってしがみ付き、葯から集粉していました。

同定のため蜂を採集したかったのですが、柄の長い捕虫網が無いと花壇中央に届かないため無理でした。






0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts