2016/09/09

鉄塔dの巣で羽繕いするハシボソガラス(野鳥)



2016年6月下旬

高圧線の鉄塔に営巣したハシボソガラスの定点観察#4


久しぶりに様子を見に行くと、在巣のハシボソガラスCorvus corone)で下から見えるの一羽だけでした。
羽繕いしていますが、親鳥が抱卵(抱雛)しているのかそれとも幼鳥なのかも分かりません。

撮影アングルを変更すると、少なくとももう一羽のカラスが巣に居ることが動きで分かりました。
鉄塔の骨組みに阻まれてよく見えないのがもどかしいです。

つづく→#5:ハシボソガラス(野鳥)と高圧線鉄塔dの巣



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts