2016/06/17

タネツケバナの花蜜を吸うウスバアゲハ♀



2016年5月中旬

里山の草地に咲いたタネツケバナの群落でウスバアゲハ♀(=ウスバシロチョウ;Parnassius citrinarius)が訪花していました。
初めの1頭は交尾済みのようで、服部下面に♂が残した交尾嚢を付けたままで吸蜜していました。
2頭目は交尾嚢が無くて性別が私には分からないのですが、もし♂なら求愛を試みるはずなので、未交尾の♀ではないかと思いました。


交尾嚢ありの♀
交尾嚢なしの個体

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts