2016/02/06

クスサン♂(蛾)の悲劇:走光性と光害問題



2015年10月上旬・夜20:12

走光性で外灯の周りを飛び回っているクスサンCaligula japonica japonica)♂を撮っていたら急に落下しました。
力尽きたのか、外灯の鉄柱に激突して落ちたのか、分かりません。
慌てて墜落現場に駆け寄ると、路上で翅がボロボロになっていました。
その翅に触れても、もはや暴れたり飛び立つ元気はありません。
「光害」被害を雄弁に語っています。
触角の形状が羽毛状なので♂ですね。



ギリシア神話のイカロスの悲劇を思い出しました。

▼関連記事
クスサン(蛾)の走光性


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts