2016/02/11

高圧線の鉄塔とノスリ(野鳥)のつがい:(排泄・羽繕い・飛翔)



2015年10月中旬

田園地帯に聳え立つ高圧線の鉄塔に猛禽類が2羽止まって鋭い眼光で外界を見下ろしています。
後にノスリButeo japonicus)と判明します。
つがいなのかな?

オスよりもメスの方が大型になる。(wikipedia:ノスリより)

左に止まっている個体Lはこちらを向いていて、胸の羽根が白く目立ちます。
一方、右側の個体Rは後ろ姿。

冒頭でノスリLが前屈みになり糞を噴射すると、後方の鉄骨に鳥糞が直撃しました。(@0:15〜0:18)
飛翔に備えて軽量化したのかな?と思いきや、なかなか飛び立ちません。

▼関連記事ノスリ(野鳥)の排泄と飛び立ち【ハイスピード動画】

Lは左足を持ち上げて顔(左頬)を掻いています。×2
遂にLが鉄塔からフワリと飛び上がると滑空を始めました。(@3:42)
空に対して逆光のシルエットですが、翼の下面が白いことからノスリと判明しました。
ほんの数回しか羽ばたかず、省エネ飛行に徹しています。(滑翔)

そのまま流し撮りすると、遠くの電柱の手前で急上昇して天辺に止まりました。
この間、鳴き声は一切聞き取れませんでした。
振り返ると鉄塔にRが未だ残っていました。
(映像はここまで)

※ 動画編集時に自動色調補正を施してあります。

その後ハシボソガラスの群れが飛来し、鉄塔の下を走る通常の電線に止まりました。
カラスにモビングされるのを恐れたのか、いつの間にかノスリRは居なくなっていました。
(実を言うと、Rがノスリである確証は無くて、例えばトビかもしれません。尾羽根の形状からトビは否定できそう?)

▼関連記事

高圧線の鉄塔から飛び立つノスリ(野鳥)



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts