2015/10/09

ムネアカオオアリとクロヤマアリの死闘:ヒメギス死骸の占有行動



2015年7月下旬

峠道の路上でムネアカオオアリ♀(Camponotus obscuripes)とクロヤマアリ♀(Formica japonica)のワーカー同士が死闘を繰り広げていました。
ムネアカオオアリは腹部を前に曲げて敵に蟻酸を噴射しつつ噛み殺そうとしています。
圧倒的な体格差があるのに、敵はなかなかしぶとく決着がつきません。
ムネアカオオアリが何度噛んでも、クロヤマアリの息の根を止められないでいます。
体格で劣るクロヤマアリは相手の脚に噛み付き、虫の息(瀕死)の状態でも振り落とされないよう頑張っています。

喧嘩の原因はすぐに分かりました。
車に轢かれたヒメギス♀(Eobiana engelhardti subtropica)がすぐ近くに転がっていて、その死骸に多数のクロヤマアリが群がっていました。
クロヤマアリが占有する獲物を横取りしようと単独のムネアカオオアリが不用意に近づいた結果、特攻隊に撃退されたのでしょう。
ミツバチ科やスズメバチ科など他の社会性ハチでは危機の際に警報フェロモンを発して仲間の援軍を呼ぶでしょう。
ところが今回のアリの場合は、蟻酸を戦いに使ってもクロヤマアリの群れは助太刀に駆けつけないという冷徹(冷酷)さが興味深く思いました。

しばらくすると、ムネアカオオアリは殺したクロヤマアリをようやく振りほどいたようです。
しかしもう懲りて、ヒメギスの死骸には近づかず立ち去りました。

普通種のクロヤマアリは小さくても相当手強いファイターであることを実感しました。
日本最大のアリであるムネアカオオアリに対して1対1の激闘を繰り広げ、最小限の犠牲で獲物を死守する様は深い感銘を受けました。



キジバト(野鳥)の交尾と三角関係



2015年8月上旬

郊外の住宅地の電線で3羽のキジバトStreptopelia orientalis)が交尾していました。
カメラの起動トラブルで貴重な時間をロスしましたが、望遠レンズを向ける度に何度か逃げて場所を変えました。

3羽の行動を見ていると、どうやら♂2♀1の組み合わせのようです。
♀が逃げ回る度に♂が追いかけ、何度も場所を変えて交尾を試みています。
♂同士がまず戦って決着を付けてから♀と交尾するのかと思いきや、ライバル♂を追い払ったりしないのが不思議です。
あるいは既に♂の順位が決まっていて、劣位の♂が未練がましくつきまとっているのでしょうか?
それともキジバトは乱婚制で、2羽の♂が代わる代わる♀と交尾しているのかな?
少し遠いためか、鳴き声は聞こえませんでした。

次回は求愛行動の詳細をじっくり観察してみたいものです。

『しぜんのせかい11:きじばと』によると、

・キジバトの求愛は、♀のそばで♂がクークー鳴くクーイングの後、♂の嘴の中に♀が嘴を入れるビリングを行います。キジバトの繁殖期は4月から6月までが普通ですが、10月ぐらいまで巣作りするものもいます。(p14-15)
・姿や大きさでキジバトの♂と♀を見分けることはできません。若鳥は目が褐色なので成鳥と区別がつきます。(p6)

wikipedia情報によれば、キジバトの体色は雌雄同色で、繁殖期はほぼ周年らしい。


【追記】
『スズメの少子化、カラスのいじめ:身近な鳥の不思議な世界』p142によると、キジバトの襟の部分にある縞模様があれば成鳥で、無ければ幼鳥。
英語の慣用句でa pair of turtledoves は仲睦まじいカップルの意味らしく、実際にキジバトは年中2羽でいることが多い。






2015/10/08

ニンニク上で繭を紡ぐノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



2015年7月下旬・室温31℃、湿度61%

ノシメマダラメイガの飼育記録#27

▼前回の記事
飼育容器から脱出を試みるノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫

厨房で採集したノシメマダラメイガPlodia interpunctella)とニンニクを密閉容器に入れて飼育してみたら、幼虫の体がぴったり収まる球根表面の溝のような窪みで繭を紡ぎ始めました。
背景(ニンニクの皮)が白っぽいので絹糸が見えにくいです。
後半からは(@3:35〜
)10倍速の微速度撮影を始めたものの、天井部に絹糸を固定する物が無いので、いつまで経っても繭の上部が安定しません。
この場所は諦めたのか、作りかけの繭の端から出て行ってしまいました。
撮影用の強い照明に慣れていないせいかもしれません。
この飼育容器内はあまりにも清潔で無味乾燥な空間のため、巣材に使えるゴミが周囲に乏しいことも問題のようです。



▼関連記事 
ゴミを綴り繭を紡ぐノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫【微速度撮影】

つづく→#28:産卵行動





ヨタカ♂(野鳥)の鳴き声♪と声紋解析



2015年8月上旬・深夜3:46〜3:47

深夜未明、山際の農村部でヨタカ♂(夜鷹;Caprimulgus indicus jotaka)の単調な鳴き声がキョキョキョキョ♪と辺りに響き渡っていました。
書店で立ち読みした鳥の鳴き声図鑑によると、これは囀りさえずりらしい。
野鳥の声だと知らない人は妖怪を想像したり不気味に思うかもしれません。
真っ暗で遠いしヨタカの姿は全く見えませんが、大木の梢から聞こえる鳴き声だけでもビデオカメラで録音しました。
映像には外灯の光しか写っていません。
近くで鳴いている虫の声(ハヤシノウマオイなど直翅目)の方がうるさいので、欲張ってヨタカが居ると思われる木にこっそり近づいたら鳴き止んでしまいました。
こういうときはパラボラ集音器を使えば指向性が改善するのでしょう。


ヨタカの鳴き声を声紋解析してみる。

いつものようにオリジナルのMOV動画ファイルから音声をWAVファイルにデコードしてから適当に切り出し、スペクトログラムを描いてみました。
16kHzおよび8kHz付近に見られる持続的なシグナルは、使用したビデオカメラに固有の内部ノイズです。

20kHz以上の高周波数域の声紋は虫の音だと思います。


2015/10/07

飼育容器から脱出を試みるノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



2015年7月下旬

ノシメマダラメイガの飼育記録#26

▼前回の記事
貯蔵ニンニクで見つけたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫

貯蔵ニンニクで見つけ採集したノシメマダラメイガPlodia interpunctella)幼虫を密閉容器に隔離して、ニンニクだけを与えて飼育することにしました。
本当に生のニンニクを食べるのかどうか、証拠映像を撮るのが目的です。
ところが終齢だったようで、残念ながら摂食行動は見られず容器内を盛んに徘徊するばかりです。
これから繭を紡ぐ安全な場所を探し求めているのでしょう。
プラスチック容器の垂直な内壁を上端(高さ8cm)まで攀じ登ると、縁を乗り越え脱出しようとしました。

老熟幼虫の分散行動は、以前チョコレートなどを与えて飼育した際も見ていたので、お馴染みの行動です。

▼関連記事
分散移動を始めたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫

つづく→#27:ニンニク上で繭を紡ぐノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



スズメ(野鳥)の耐暑法?



2015年7月下旬

郊外の田園地帯でスズメPasser montanus)が電線に止まっています。
ときどき鳴きながら嘴を開けっ放しにしています。
暑さに喘いでいるのでしょうか?
口内の唾液の蒸発による気化熱で体を少しでも冷やそうとしているのかな?と想像しました。
気温を測るべきでしたが、撮影時は嘴を開けている意味に気づきませんでした。(実はモズかと思って撮り始めたのです。)
それほど暑いのなら日陰に行ったり水浴びしたりすれば良いのに…と思うのですけど。
ただしこの日は雲が多く、私の体感ではそれほど暑くありませんでした。
夏以外の季節では嘴を閉じているかどうか、これから注意して見ていきます。

※ 逆光の映像を少しでも見やすくするため、YouTubeの動画エディタで自動色調補正を施してあります。
もしかすると嘴の根本が黄色い幼鳥かもしれません。(はっきり見えない)
だとすれば親鳥の給餌を待っているのでしょう。


【追記】
『銀座のツバメ』p78によると、
犬と同じように鳥類には発汗作用がなく、口を開けて暑さをしのぐ。



2015/10/06

貯蔵ニンニクで見つけたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



2015年7月下旬

ノシメマダラメイガの飼育記録#25

▼前回の記事
ニンニクは貯穀害虫ノシメマダラメイガ(蛾)を誘引する?
厨房で大皿に盛られたニンニクの山の奥にノシメマダラメイガPlodia interpunctella)の成虫ばかりでなく、今度は老熟幼虫を1匹発見しました。
この貯蔵ニンニクの山が室内でのノシメマダラメイガ発生源である可能性がいよいよ高まりました。
やはり成虫♀がここに産卵したのでしょうか?
しかし孵化した幼虫が生のニンニクだけを食べて終齢まで育つのか、俄には信じがたいです。
ノシメマダラメイガ幼虫は老熟すると徘徊性が高まり、分散することが知られています。
厨房ではニンニクを密閉容器に保管している訳ではないので、他の貯蔵食品を食害して育ったノシメマダラメイガ幼虫が徘徊して偶然ここに辿り着いた可能性を否定できません。
料理に使うニンニクの皮を剥くと球根の表面にときどき謎の食痕が見つかるものの、これまで全く気にしていませんでした。
ニンニクの山をかき分けてもノシメマダラメイガの繭が見つからないのも不思議です。

気になる疑問点を解明するために、見つけた幼虫も密閉容器に移し生のニンニク球根だけで飼育してみることにしました。
採集時に幼虫が糸を引いたので、徘徊しながら絹糸を吐いていることが分かりました。
ノシメマダラメイガ幼虫がニンニクを食害するシーンを未だ直接見たことがありません。

つづく→#26:飼育容器から脱出を試みるノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



ヒマワリ訪花後に空中で身繕いするセイヨウミツバチ♀



2015年7月下旬

道端に咲いたヒマワリの群落でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けています。
途中からもう1匹飛来し、同じ花から並んで採餌しています。
ヒマワリは巨大な集合花なので、何度も離着陸を繰り返して採餌しています。

巨大なヒマワリの手前で花を向いてホバリング(停空飛翔)しながら後脚を擦り合わせています。
体に付着した花粉をまとめて後脚の花粉籠に移しているのでしょう。
身繕いは花に止まっている間にしても良さそうなのに、どうしてわざわざカロリー消費の激しい空中で飛びながらやるのでしょう?
気のせいかもしれませんが、ホバリング&身繕いしながら口吻を伸縮させ透明の液体(花蜜)を吐き戻して花粉を湿らせているようにも見えました。(もう少し寄りの絵でハイスピード動画に撮るべきでしたね。)



2015/10/05

ノコギリカミキリ♀の鳴き声



2015年7月下旬

林縁の路上でノコギリカミキリ♀(Prionus insularis insularis)がせかせかと歩いていました。
触角が短く鋸歯が弱いので♀ですね。
前胸に照りがあるのでニセノコギリカミキリは除外されます。
wikipediaによれば、ノコギリカミキリは「歩行速度が他の大型のカミキリムシと比較して早い」らしい。

車道を横断し道端の草むらに逃げ込んだところで、捕獲しました。
キーキー♪鳴いて威嚇する様子を撮るつもりだったのに、あまり鳴きませんでした。
帰ってから調べると本種の発音の仕方は独特らしく、私が鞘翅を両横から掴んだせいで上手く発音できなかったようです。(どうやって持てば良かったのかな?)


カミキリムシ類といえば、前胸と中胸をこすり合わせてキイキイ音を出すものと思いがちであるが、中にはまったく音を出さないものや、他の方法で音を出す種類も少なくない。
ノコギリカミキリは後脚の腿節を翅鞘の縁にこすりつけてシュッシュッと音を出す。
甲虫の発音がおのれを捕まえた相手に対するおどしであることは確かであるが、本種などは古い枯れ木に棲む夜行性の種類なので、闇の中での仲間同士の通信手段にもなっているのかもしれない。

(『山渓フィールドブックス13:甲虫』p100より)



他の多くのカミキリムシと違い、これらの種の特徴として、発音する際は全胸部と頭部を前後させて発音するのではなく、前翅の縁と後脚や、後翅と腹部をこすり合わせ、「シュッシュッ!」と音を立てるが、これはカブトムシのオスがメスに求愛する時の発音手段に似ており、腹部を押さえると発音できなくなる。(wikipediaより)

開閉している大顎に草の葉を近づけると噛み切りました。(映像なし)
撮影後は車に轢かれないよう雑木の灌木林に向かって放り投げたら空中で羽ばき始め、飛んで行きました。
動画に撮ればよかったですね。
未採集、未採寸。

鳴き声を声紋解析してみる?



2015/10/04

垂直円網に横糸を張るオニグモ幼体(蜘蛛)【6倍速映像】



2015年7月上旬・深夜23:28〜23:57

山麓のキャンプ場で夜中にログハウスの入り口の枠を利用して造網しているクモが居ました(戸口の幅は80cm)。
ちょうど垂直円網に粘着性の横糸を張っているところでした。
微速度撮影しようと慌てて三脚を立てている間にうっかり網を引っ掛けてしまい、円網の下部を壊してしまいました。
当然クモは驚いて逃げ、上の枠糸に避難しました。
しばらくすると、破れた箇所はそのまま構わずに続きの造網を再開してくれました。
約30分間(午後23:28〜23:57)長撮りした映像を6倍速に早回しした映像でご覧下さい。
室内の蛍光灯による照明が逆光になっていますが、そのおかげで糸が見えやすくなりました。
腹面をこちらに向けているクモは、反時計回りで円網の外側から中央に向かって螺旋状の横糸を張り進めます。

造網中に偶然、小さな羽虫が作りかけの円網上部にかかりました。(@0:50)
クモは造網作業を中断して直ちに駆けつけましたが、結局この獲物は捕食しなかったようです。
元の場所から横糸張りを再開するかと思いきや、獲物の近くからそれまでと逆回り(時計回り)に横糸を張り始めました。(@1:06)
中断したせいで造網のペースが乱れたようです。
しばらくすると自分の過ちに気づいたのか、途中で折り返して反時計回りに戻りました。

その後、通行人の振動に警戒したクモは造網作業を中断して網の上部に逃げました。(@2:23)
ほとぼりが冷めると戻って来て、元の位置から横糸張りを再開。

横糸を張り終えると、放射状の縦糸が集中した中央のこしきで糸を噛み破り丸い穴を開けました。
垂直円網の完成後は甑で下向きに占座。
甑の高さは地上から200cm、円網の直径45cmでした。

完成したばかりの網の右下にかかった獲物を捕らえると甑に戻り捕食しました。
獲物はおそらく蚊だと思います。
(映像はここまで。)

その後もしばらく観察していると、飛来した小蛾が網にかかりそうになったときにクモはなぜか網を揺すって獲物を弾き飛ばしました。
動画に撮れず残念。
獲物として蛾は嫌いなのでしょうか?
蚊などが目当てなのかな?
網の破損を防ぐための行動かもしれません。
ここはログハウスの照明に誘引されて夜行性の昆虫が多数飛び回るため、クモにとって絶好の営巣地になっています。


背面
背面
腹面

コガネグモ科でオニグモの一種だと思うものの、同定のため撮影後に採集しました。
この夜はストロボのディフューザーを持参しなかったため、現場での写真撮影は白飛びしてしまったのです。


以下はエタノール液浸標本の写真。

オニグモ♀成体にしては小さ目です。
腹面を見ると♀だと思うのですが、外雌器の上に垂体がありません。
また、外雌器の左側の開口部を塞ぐように何か複雑な形状の黒い物が付着しています。(刺さっている?)
これは交接の際に♂が残した交接プラグなのでしょうか?

交接の最中に♂の触肢の先がちぎれて貞操帯として残ったのではないかと想像しました。


交接プラグ?

『クモの生物学』p215を紐解いて交接プラグについて調べてみました。
クモ類のなかには♀の再交接を防止するために、♂が♀の生殖器内に交接プラグをつけるものがいる。クモ類の交接プラグには2種類あって、1つは♂の触肢の腺から分泌される液状の物質で、移精終了後、♀の外雌器をこの液状物質でふさぐ。この物質は分泌後に固まり、♀が死ぬまで付着している。(中略)交接プラグのもう1つのタイプは、♂の触肢の構造の一部がはずれて、♀の外雌器の交接管の中に残るもので、コガネグモ科やヒメグモ科などでみられる。


いつもお世話になっている「クモ蟲画像掲示板」にて問い合わせたところ、きどばんさんより以下のコメントを頂きました。
外見や生息状況からはオニグモしか思いつきません。外雌器が形成されているようには見えないのでまだ幼体なのではないかと・・・いまいち自信が持てませんが。黒い物体が何なのかは全くわかりません。
という訳で、オニグモAraneus ventricosus)幼体と訂正しておきます。
「この謎の物体はきっと交接プラグだ!」→「ならば♀成体か」→「交接プラグが刺さっているところが外雌器なのだろう」→「こんな外雌器をもつオニグモの仲間っているの?」…という具合に、興奮の余り思い込みに引っ張られて勝手にややこしく考えてしまいました。
幼体ということは、♀かどうかも分からない(ひょっとすると♂かもしれない)のですよね。

すぐ横の軒下に別個体のオニグモ♀成体が巨大な網を店開きしていて、同種でも網を張る場所によって発育具合に相当の差が出ることを目の当たりにしました。

気になる謎の黒い物体は形が複雑なのでてっきり♂触肢かと思ったのですけど、あるいは腫瘍とか体外寄生生物かもしれませんね。

すると後日、yspiderさんより貴重な情報提供を頂きました。
かつてAtypusで、イオウイロハシリにおける症例報告がありましたが、私は飼育下においてアオグロハシリで確認しています。「脱皮中に書肺気門から赤黒くよく粘る液体が流出し、そのまま黒化、硬化。この症状が出たクモは数時間から数日で死亡する」というものです。私は、脱皮時に体勢が不適切だったために圧がかかり、書肺および体液が漏れてしまった(脱腸ならぬ脱書肺)のではないかと予想しているのですが、詳しいことは何もわかりません。



↑【おまけの動画】
早回し処理をしないオリジナルの動画でリアルタイムの横糸張りをご覧下さい。
30分弱と長いため、ブログ限定で公開します。


@5:15 飛来したコガネムシの一種が作りかけの円網の上部にかかる。
@6:43 警戒していたが造網を再開。大物過ぎて手に負えないと判断した? 捕帯でラッピングしなかったのは造網中に絹糸を消耗したくなかった?(使う糸腺しせんが違うはず)
異物として網から外して捨てず放置したのは、網の完成後に捕食するつもりだった?
@10:51 擬死していたコガネムシが突然激しく羽ばたいて自力で網から脱出した。クモは無関心に造網作業を続行。
@12:15 小さな羽虫が飛来し、作りかけの円網の右上部分にかかった。クモは無視して造網を続ける。
@14:18〜14:50 通行人の振動に驚いて、網の左上の扉枠に一時避難。
@20:44 小さな羽虫が飛来して網に近づくと、クモは網を激しく揺すって追い払った。
@24:30 小さな羽虫が飛来して網に近づくと、クモは網を激しく揺すって追い払った。
@28:40 網の完成後に捕食に向かったのは、新しくかかった獲物(小さな羽虫)だった。

ヒメジョオンの花蜜を吸うキタテハ



2015年7月下旬

道端に咲いたヒメジョオンの群落でキタテハPolygonia c-aureum)が訪花していました。
翅を開閉しながら吸蜜に余念がありません。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts