2015/10/03

スズメ(野鳥)の塒入り:雀のお宿はイワガラミの中



2015年7月下旬

スズメPasser montanus)がこの時期に毎晩利用するねぐらを見つけました。
家屋の北側が壁面緑化として蔓植物のイワガラミで覆われています。
この時期はイワガラミの白い装飾花が未だ咲いています。



日が暮れると近隣のスズメが次々に集まって来てイワガラミの茂みに飛び込むと、寝静まるまでしばらく賑やかに鳴いています。
確かにここなら天敵もなかなか登って来れず、夜も安全でしょう。
考え得る天敵はヘビぐらいでしょうか。
背後が建物の壁で守られている安心感もありそうです。

昼間に子育て(育雛)している巣は、また別の場所(家々の軒先や雨樋など)にあります。

夕方から壁の下に三脚を立てて無人カメラでスズメの集団就塒を動画に記録してみました。
カメラをブラインドに隠さないと野鳥は警戒して近づかないかな?と案じたものの、塒は高所のためか丸見えのカメラでも支障なかったようです。

さて、90分間(午後18:00〜19:30)も長撮りした映像をどのように料理するか迷いました。
映像素材を細かく編集して、イワガラミの茂みにスズメが飛び込む様子だけを見せるのも手です。
しかし私としては、何時に何羽のスズメが塒入りしたのかという全体的なパターンに興味があるので、ほぼノーカットの長編でお届けすることにしました。
不要な前後半だけをカットした約1時間(午後18:22〜19:24)の記録映像です。
皆様は適当に飛ばしたり早送りしたりしてご覧下さい。
一種のスローテレビ番組としても楽しめるかもしれません。

近所のスズメは塒入りする前に、壁の手前に聳え立つメタセコイアの梢に就塒前集合しているようです。
まだ明るい18:23頃から塒入りを開始しました。
初めの数羽が先陣を切ってイワガラミの茂みに飛び込みました。
茂みの手前で一瞬ホバリング(停空飛翔)する個体もいます。
一度塒入りした後で少し飛び回り、場所を変える個体もいます。
塒内で陣取り合戦が行われているのでしょうか?
メタセコイアに戻る個体もたまにいます。
スズメの激しい出入りに伴い、イワガラミの葉が落ちることもあります。
茂みの奥の蔓に止まっているスズメが時々ちらっと見えました。

塒入りしたスズメが増えるとともに、雀のお宿では鳴き声がチーチーパッパ♪と騒々しくなります。
スズメの鳴き声に負けじと蝉しぐれが聞こえます。
セミの種類はアブラゼミ♂と、途中からヒグラシ♂も参加したようです。

映像ではスズメの出入りが激しくて数えていませんが、計何羽の群れなのでしょうね?

監視動画に頼るよりも、現場でヒトが肉眼でカウントする方が良いでしょう。
近隣のスズメがほとんど集まって来ている印象です。

日没時刻(18:52)がほぼ塒入りのピークでした。
あまりにもきれいな相関に驚きました。
今後はデジタル照度計が欲しいところです。

暗くなってもしばらくスズメは鳴いていました。
ようやく寝静まりました。

次の課題として、夜に寝ているスズメの様子を赤外線の暗視動画でこっそり撮りたいのですが、塒は高所にあるため下からでは赤外線投光機も届きません。
特に興味があるのは、塒入りした集団が幼鳥なのか、成鳥も混じっているのかどうか見分けたいのです。
写真に撮るにしても強力なストロボが必要になりそうです。



wikipediaにて「スズメ」の項目を参照すると、

夏から秋にかけて、街路樹などに数十から数百羽が集まってねぐらを形成する。その年生まれの若鳥が多いとされるが[19]、若い個体だけでなく成鳥もまざっている。集まることで、体温の維持、翌日の餌場の探しやすさ、睡眠時の安全性の向上などの効果があると考えられている[20]。一方で、群れのねぐらに入らず個々の場所に定住する個体は成鳥が多いとされる[19]。

『スズメ百態面白帳』p135-139によると、

雀のお宿は繁華街。
環境の変化がなければ、集団就塒場は、だいたい毎年同じ時季には同じ場所に形成される。


『ネオン街に眠る鳥たち:夜鳥生態学入門』p53 「集団塒と単独塒」より
 スズメのお宿を調べてみると、夏から秋に街なかの繁華街などに大群が集結して形成される集団塒とは別に、人家周辺で静かに単独ないし数羽単位で夜を過ごす塒もあることがわかる。 
 前者は、その年に生まれた若鳥が大半を占め、各地を移動しながら初冬を前に消滅してしまう群生相である。後者は、その土地に縄張りを持っている成鳥であり、冬を越し、春には繁殖を行う定着相である。


季節としては夏から秋がほとんどであり、冬季まで継続して塒を利用しているのはまれであった。北方の都市ほど冬季の集団塒は少なく、塒に集まる数が少ない傾向も見られた。(同書p57より)

翔べ!ヒロオビヒゲナガ♀(蛾)



2015年7月下旬

山間部の峠道の横の笹藪で美しいヒロオビヒゲナガ♀(Nemophora paradisea)を見つけました。
笹の葉に触れたら飛んで逃げました。
後半は1/4倍速のスローモーションで飛び立ちをリプレイ。
ハイスピード動画に撮るべきでしたね。

実は同じ日に同じ山道で♂も見ています。

▼関連記事
飛べ!ヒロオビヒゲナガ♂【蛾:ハイスピード動画】

今回たまたま♀を笹薮で見つけましたけど、本種幼虫の食草は不明らしい。



2015/10/02

ヒメギス♂の鳴き方♪【HD動画&ハイスピード動画】



2015年7月下旬

山間部の道端に生えたタラノキの灌木でヒメギス♂(Eobiana engelhardti subtropica)がシリリリッシリリリッ…♪と乾いた声で鳴いていました。
落葉せず枝に残った枯葉に止まり、翅を震わせ鳴いています。
気温を測り忘れました。

後半は(@1:23〜)発音器の動かし方を240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
1/8倍速のスローモーションで見ると、タンタタン♪という独特のリズムの繰り返しで翅を開閉して擦り合わせていました。




ヒメギス♂の鳴き声を声紋解析してみる

オリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルにデコードしてから、安定して鳴いている部分を適当に切り出して、スペクトログラムを描いてみました。
16kHz以上の非可聴域が不自然にカットされているのは、カメラ内蔵マイクで録音する際の仕様です。



クサギの花蜜を吸うカラスアゲハ



2015年7月下旬

山間部の道端に咲いたクサギの灌木にカラスアゲハPapilio bianor)と思しき蝶が訪花していました。
激しく羽ばたきながら忙しなく飛び回るため、動画だけでは性別を見分けられませんでした。

※ 雨が降り始める寸前に撮った薄暗い映像だったので、動画編集時に自動色調補正を施してあります。



今回でクサギ(臭木)の花を初めて覚えました。
白い花から長く突き出ているのは雄しべと雌しべなのだそうです。
葉をちぎって匂いを嗅いでみたら、私には悪臭とは感じず香ばしいような匂いでした。



【追記】
『花の虫さがし』p56によれば、
(クサギの)花はほそ長い管になっていて、おしべやめしべが長くのび、チョウやガのからだに、うまく花粉がつくようにできています。この花のみつをすいにくるのは、黒い色のアゲハばかりです。(中略)アオスジアゲハやアゲハの口の長さでは、この花のみつはすえないからです。



2015/10/01

蟻酸を噴射して餌の争奪戦をするクロオオアリ♀



2015年7月下旬

峠道の路上でクロオオアリCamponotus japonicus)のワーカー♀が4匹集まっていました。
舗装路で白く汚れた一点をなぜか舐めているようです。
私が直前に下ろしたザックを横のガードレールに置いた際に汗が滴り落ちたのかと初めは思ったのですが、白っぽい液状の鳥糞が落ちてそこからミネラル摂取している気がします。
この限られた餌資源をめぐって2つのコロニー間で争奪戦が勃発しました。
触角で敵同士だと認識すると大顎で噛み合いつつ腹端を前方に突き出し、蟻酸を相手に噴射して戦います。
1対3と多勢に無勢であるにも関わらず、小さ目の一匹が強気で他の3匹に次々と喧嘩を仕掛けています。
結局はこの1匹が負けて逃げ、同じコロニー出身と思われる3匹が残りました。

多勢に無勢で勝ち目がないのに喧嘩を仕掛けるなんて無謀だ…と思うのは私が俯瞰で見ているからで、目がよく見えないアリにそのような状況判断は出来ないのかもしれません。
同じ巣の仲間は出会い頭に口づけで挨拶しています(栄養交換?)。
喧嘩で蟻酸を浴びせられた個体は頻りに身繕いしています。
映像後半では他種の小型クロアリ(種名不詳)が近寄ってきたものの、慌てて走り去りました。
おそらく蟻酸の物騒な匂いを感じ取ったのでしょう。

▼関連記事
クロオオアリ♀の喧嘩は蟻酸を噴射する



吸水中に排尿するキオビトビノメイガ(蛾)



2015年7月下旬

山間部の路上にキオビトビノメイガPyrausta mutuurai)が止まっていました。
よく見ると、沢の水で濡れた路面を伸ばした口吻の先で舐めていました。
驚いたことに、ときどき腹端から透明な尿を排泄しました。
吸水中に余剰水分を排尿する行動はクロアゲハの仲間ではよく見かけますが、蛾のおしっこを見るのはこれが初めてです。

▼関連記事
カラスアゲハ♂とクロアゲハ♀の吸水と排尿
ミヤマカラスアゲハ♂の吸水と排尿
ミヤマカラスアゲハ夏型♂の集団吸水 
ミヤマカラスアゲハ♂の吸水・排尿

水を大量に飲んで体を冷やし、ミネラルを効率的に摂取しているのでしょう。
触角を常に上下に動かしています。
最後は軽く飛んで少しだけ移動しました。



2015/09/30

ニンニクは貯穀害虫ノシメマダラメイガ(蛾)を誘引する?



ノシメマダラメイガの飼育記録#24

2015年7月下旬

貯穀害虫として世界的に悪名高いノシメマダラメイガPlodia interpunctella)を室内で見つける度に幾ら採集しても次々に現れて切りがありませんでした。
台所の米びつや乾物を調べてみても食害されている形跡はなく、発生源をどうしても突き止められませんでした。
遂にその謎が意外な形で解けました。

収穫後に天日干ししたニンニク(皮付きの球根)を大皿に山盛りにしていました。
厨房に置いたその大皿の中に、ノシメマダラメイガ成虫が数頭潜んでいることに気づきました。
料理に使おうとニンニクの山を何気なくかき分け掘り起こすと、何頭も飛び立ったのです。
ニンニクの山の奥に潜り込もうとする個体も居ます。
ビデオカメラの補助照明(白色LED)を点灯すると、ノシメマダラメイガ成虫は眩しい光を嫌ってすぐにニンニクの山の隙間に潜り込もうとしました。

どこからか飛来した♀が産卵のため潜んでいたのか、それともニンニクを食べて育った成虫が羽化したのでしょうか?
ニンニクを取り出して大皿の底を調べてみても、他にノシメマダラメイガ幼虫が好みそうな食物(穀類や菓子など)は入っていませんでした。
幼虫が綴った糸や巣、繭なども見つかりません。

夜にもう一度ニンニクの山を探してみると、やはりノシメマダラメイガ成虫が潜んでいました。
再現性があったということで、ニンニクがノシメマダラメイガを誘引することがはっきりしました。
また、台所の棚の壁に止まっていたノシメマダラメイガ成虫にニンニク山盛りの大皿を差し出したら、ニンニクに飛び移りました。(一度きりの実験)

見つけた成虫の性別を私は外見で見分けられないのですが、もし♀なら産卵目的でしょう。
あるいはニンニクの強烈な匂い成分であるアリシン(C6H10OS2)が偶然にもノシメマダラメイガの性フェロモン(cis-9, trans-12-tetradecadienyl acetate、分子式C16H28O2)と化学構造が一部似ていて、一種のフェロモン・トラップになっている可能性も考えられます。
化学に弱い私には、この2つが似ているかどうか判断できないので、詳しい方のコメントをお待ちします。

アリシン以外の微量成分に誘引活性があるのかもしれません。

ノシメマダラメイガが貯蔵ニンニクから発生するという話は初耳で、全くの盲点でした。

文献検索してみると既にメキシコから報告されていました。(PDFファイル

Perez-Mendoza, J., and M. Aguilera-Peña. "Development, reproduction, and control of the Indian meal moth, Plodia interpunctella (Hübner)(Lepidoptera: Pyralidae), in stored seed garlic in Mexico." Journal of stored products research 40.4 (2004): 409-421.

日本では貯穀害虫の発生を防ぐために昔から唐辛子(鷹の爪)やニンニクを米びつに入れるらしいのですが、少なくともニンニクに関しては逆効果かもしれません。
少量のニンニクなら忌避効果があるのかな?
ニンニクはドラキュラを撃退できるという伝説が有名ですから、その連想でおまじないとか気休め程度(プラセボ効果)にしかならないのでは?という疑いを抱いてしまいます。
検証するために、ニンニクだけを餌としてノシメマダラメイガ幼虫が成虫まで育つかどうか飼育して調べることにしました。

つづく→#25:貯蔵ニンニクで見つけたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



【追記】
兵藤有生、林 晃史『招かれざる虫: 食べものにつく害虫の科学推理ノート』を読むと印象的な一節が書いていました。
ノシメマダラメイガの事件はこれからも頻繁に起こるであろう。なぜなら、そもそも、いたるところにいるのだが、人の暮らしのほうが変化をして、ノシメマダラメイガを「害虫」にしてしまった面がある。頻出するため「都市型害虫」という呼び名まであるほどで、調査のためにフェロモントラップ(一定期間設置して虫を採り調査するための道具)を取り付けると、至るところでノシメマダラメイガは確認されている。(p203-204より引用)



ヤブカンゾウの蕾を食すヒメギス♀



2015年7月下旬

道端に咲いたヤブカンゾウの群落で食事中のヒメギス♀(Eobiana engelhardti subtropica)を見つけました。
やや上に湾曲した産卵管を有するので♀成体です。
蕾をムシャムシャ食べています。
そっと回り込んで顔を正面から撮ると、口器や口髭の動きがよく分かります。(@1:56〜)
横にはヤブカンゾウの花が咲いているのに蕾を選んで食べているのは何か理由があるのでしょうか?



2015/09/29

葉上で化粧するオオモンクロクモバチ♀



2015年7月下旬

林縁を流れる用水路沿いの草むらでオオモンクロクモバチ♀(旧名オオモンクロベッコウ;Anoplius samariensis)を発見。
後脚を擦り合わせたり前脚で触角の手入れをしたり、お化粧に余念がありません。
身繕いを済ませると、飛び立ちました。
おそらく獲物を探す途中だったのでしょう。



2015/09/28

コンクリート階段を舐めるコミスジ



2015年7月下旬

神社の境内でコミスジNeptis sappho intermedia)がコンクリートの階段に止まり、口吻を伸ばしてその表面を舐めています。
この階段は乾いていますが、ミネラルや塩分を摂取しているのでしょう。
翅を開閉しながら吸汁しています。

辺りの気配に敏感で、私がカメラのアングルを変えようとするとすぐに飛び立ってしまいます。
それでもすぐにまた舞い戻って来るので、よほどお気に入りの場所なのでしょう。

じつは全く同じ場所で約1週間前にアカタテハも同じ行動をしていました。

▼関連記事
コンクリート階段を舐めるアカタテハ


2015/09/27

死んだヒメギス?の後脚を運ぶアカヤマアリ♀



2015年7月下旬

山間部の路上をアカヤマアリFormica sanguinea)のワーカー♀が虫の死骸の断片を足早に巣へ運んでいました。
運んでいるのはおそらく死んだヒメギスまたはヒナバッタの後脚ではないかと思いますが、真面目に種類を検討していません。
(お分かりの方は教えて下さい。)

途中で出会った仲間が死骸に興味を示すものの、結局は運搬を手伝いませんでした。
次に遭遇したクロオオアリ♀(Camponotus japonicus)も、すぐに逃げて行きました。
草刈りされた後の枯れ草に行く手を阻まれ、それを乗り越えようと悪戦苦闘しています。
ヒメギス?死骸の後脚脛節の上端を咥えて、後ろ向きに運搬。
次は後脚腿節の下端を咥え、後ろ向きに引き摺って歩きました。
奴隷アリに働かせるばかりでなく、自分でも採餌するのですね。
深刻な人手不足なのでしょうか?

なお、この路上でアカヤマアリ♀が多数、採餌活動していました。(@2:25〜)
近くに巣がありそうですけど、突き止められませんでした。
本種は夏に奴隷狩りをするらしく、いつか是非その光景を観察してみたいものです。
もしかすると奴隷狩りの標的となるアリの巣を物色しているのかもしれません。


撮影後に採集しました。
以下は標本写真



頭部の後縁があまり凹まない
頭楯前縁の中央部が凹む

獣糞と鳥糞を吸汁するサカハチチョウ夏型



2015年7月下旬

山間部の路上に残された獣糞にサカハチチョウ夏型(Araschnia burejana)が来ていました。
翅を開閉しながら獣糞に口吻を付けて一心不乱に吸汁しています。
ミネラルを摂取しているのでしょう。
撮影中は路面を舐めているだけかと思ったのですけど、映像を見直して初めて獣糞に気づきました。

まるで保護色のように背景に紛れて見えにくかったです。
小さく細長いので野ネズミの糞ですかね?
後半はアスファルトが白く汚れているので、鳥の糞かもしれません。





ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts