2015/08/08

自ら排泄した糞も繭に織り込むノシメマダラメイガ(蛾)幼虫



ノシメマダラメイガの飼育記録#16

2015年6月下旬

▼前回の記事 
ゴミを綴って繭を紡ぐノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫【微速度撮影】
営繭を始めたノシメマダラメイガPlodia interpunctella)終齢幼虫の映像を見直すと、周囲からゴミを集めたり繭を紡いだりしながら糞を排泄していました。


私の記憶では、一般に鱗翅目の幼虫は繭を紡ぎ始める前や前蛹が脱皮(蛹化)する前に(繭の完成後に)脱糞するはずで、不用意に繭内を糞で汚さないようにしています。
この点でノシメマダラメイガ幼虫は例外(珍しい部類?)に属するようです。

シーン1(微速度撮影の10倍速映像):

幼虫は繭の外(右側)に身を乗り出してゴミを集めています。
腹端を左右に振りながら繭の中で脱糞しました。
糞の粒はそのまま絹糸に絡み取られ、他のゴミと一緒に繭を強化する材料に使われました。

シーン2(通常のリアルタイム映像):

だいぶ完成した繭の中で休息している幼虫が腹端だけ動かしています。
排便して繭内になすり付けているようです。

※ 透明プラスチック容器越しに撮ったやや不鮮明な映像に自動色調補正を施してあります。

つづく→#17:ゆっくり糸を紡いで繭を作るノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫


2015/08/07

ゴミを綴り繭を紡ぐノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫【微速度撮影】



ノシメマダラメイガの飼育記録#15

2015年6月下旬

ノシメマダラメイガPlodia interpunctella)終齢幼虫が穀類(ゴマと押麦)の中深くに潜り込んで蠢いています。
円筒形プラスチックの飼育容器(綿棒容器を再利用)の底の縁で今にも繭を作りそうなので、営繭の様子を微速度撮影してみました。
2日間の行動を記録した100倍速の早回し映像をご覧下さい。(実時間では休み休み撮って延べ約23時間!)
これまで色々やってきた微速度撮影ネタでも一番と言って良いぐらい興味深い行動を記録することが出来ました。(大興奮!)
かなりの長編映像ですけど、自信作なので是非ともご覧下さい。
透明プラスチック容器越しに撮ったやや不鮮明な映像に自動色調補正を施してあります。

『繭ハンドブック』p83で予習すると、ノシメマダラメイガの繭は

白色で、極めて薄い。餌や自らの糞を糸で綴って繭を作る。
繭のまわりには餌である米粒や糞がついている。

与えたチョコの食べ過ぎなのか、幼虫は一時期ピンク色でした。
一方、営繭を始めたこの老熟幼虫は濃い黄色でした。
発達した絹糸腺や脂肪体が透けて見えてる色なのかな?

餌の穀類に混じる茶褐色の粒は幼虫の糞やチョコレートの食べ滓と思われます。
幼虫は穀粒を下から持ち上げる力があります。

穀粒同士を絹糸で綴ってから繭室の近くにグイグイと引き寄せようとしています。
糞や細かなゴミの粒子を集めて引き寄せると、繭に編みこんでいます。
繭を補強するためなのか、それとも偽装工作(カモフラージュ)なのでしょうか?
実は周囲から集めたゴミを糸で綴って巣(隠れ家)を作るという同様の行動は若い幼虫のときもやっていました。
作りかけの繭の外に身を大きく乗り出して遠くからもゴミを集めてきています。

自分の絹糸だけでは繭を作れないのでしょうか?
一番驚いたことは、ノシメマダラメイガ成虫の死骸を繭内に引き込んで解体し、巣材に使い始めたことです。(@7:10〜)
死んだ成虫の脚や翅などをバラバラに引きちぎって繭に編みこんでいます。
擬人化して考えるとゴミ屋敷どころか凄惨な猟奇事件の話になりますが、親の死骸も無駄にしないで再利用するとはとても興味深い習性ですね。
必要な巣材(ゴミ)が近くに無ければ自分で作ってしまおうというDIY精神は天晴です。
成虫が寿命で死ぬ度に飼育容器から取り除いてきたのですけど、今後は死骸を残しておいた方が良さそうです。
巣材として使う以外にも、死んだ成虫を幼虫が食べてタンパク源としている可能性もありますね。


透明プラスチック容器の側面に接する部分は巣材を節約しているのは何故でしょうか?
観察しやすいのは助かります。
照明に一日中照らされて眩しいはずなのに、幼虫は気にしないようです。(ゴミを並べて遮光しない)
何か固い物体に幼虫の体が触れていれば安心なのかな?
やはり繭の強度を高めるためにゴミを混ぜて織り込んでいるのだと思います。
固い繭を作らないと穀物倉庫で押し潰されてしまう危険があるのかもしれません。

私がこれまで色々な種類の幼虫を飼育して繭作りを観察してきた中で、これほど時間のかかる(遅い)営繭行動を見たことがありません。
ゴミ集めに手間取ってるだけで、営繭を始めたら早いのかな?

薄い繭の形状が少しずつ明らかになってきました。
幼虫は後退運動も可能で、細長い繭の中で方向転換することも出来ます。
繭の右側の出口はいつの間に塞いだのか、左にしか遠出しなくなりました。

繭の入り口から別個体の幼虫が侵入して来ることがありました。
繭の主が追い払うと、慌てて後退り退散しました。

やがて、重要な巣材となっていた成虫の死骸を別個体の幼虫に横取りされてしまいました。
手が届かない所に持ち去られてしまったようです。
繭を紡ぐ幼虫間で巣材資源を巡る激しい争奪戦があるようです。
営繭中の幼虫は一度繭の外に出て成虫の死骸が手元に無くなったことを確認すると、それ以降は繭に引き篭もり、外でゴミ集めをしなくなりました。
飼育下で適当な巣材(ゴミ)を与えたら、蓑虫の着せ替え実験のようなモザイク状の芸術作品をノシメマダラメイガの繭として創らせることが可能かもしれません。

休憩の合間に繭入り口の押し麦を齧っているように見えます。
絹糸を合成するための栄養補給なのか、それとも澱粉のゴミを自ら作っているのでしょうか?

つづく→#16:自ら排泄した糞も繭に織り込むノシメマダラメイガ(蛾)幼虫



獲物を咥えたオオヨシキリ(野鳥)



2015年7月上旬

用水路沿いを歩いていると、オオヨシキリAcrocephalus arundinaceus orientalis)が私の背後から川を飛び越え、対岸の木の枝に止まりました。
カメラを向けると嘴に獲物を咥えていました。
虫のような、カエルのような…?
残念ながらこの距離では分かりません。
オオヨシキリは獲物を枝に叩きつけてから飛び降りると、川沿いの柳の灌木に止まり直しました。
近くのアシ原に巣がありそうですけど、見失いました。
捕まえた獲物は自分で食べるのではなく、雛に給餌するためだったようです。



2015/08/06

モンスズメバチ♀の探索飛翔



2015年7月上旬

土手の草むらでモンスズメバチVespa crabro flavofasciata)の(おそらく)ワーカー♀が獲物を探索していました。
ヨモギの一株をホバリングで一回りしてから飛び去りました。



2015/08/05

夜の巣で寝るセグロアシナガバチ女王とワーカー【暗視映像】



セグロアシナガバチ巣の定点観察#2

▼前回の記事 
セグロアシナガバチ創設女王と軒下の初期巣【暗視映像】
2015年6月下旬・夜22:00頃

昼間はなかなか定点観察に通えないのですが、11日ぶりの夜に様子を見に行ってきました。
月齢12.5で外は影ができるほどの月明かりですけど、セグロアシナガバチPolistes jokahamae)が営巣する軒下は真っ暗でした。
巣の位置は地上4.5mの高所です。

赤外線の暗視カメラに撮ると、在巣の蜂は4匹見えました。(そのうち巣盤天井に1匹)
創設女王の単独営巣期が無事に終わり、ワーカーが羽化していたようです。
暗闇で成虫の蜂は寝ているようで、ほとんど動きがありません。
巣盤中央に陣取る個体(これが創設女王か?)が貧乏揺すりのように脚をピクピク動かしています。
触角も動きました。
セグロアシナガバチは夜行性ではありません。

ストロボを焚いて写真に撮ると巣盤の中には白い繭キャップが入った育房が見えます。
育房は二層構造になっていて、繭の表面に卵が産み付けられています。

つづく→#3:セグロアシナガバチ♀の扇風行動など



2015/08/04

夜中に造網するオニグモ♀(蜘蛛)【暗視映像の早回し】



オニグモ♀の定点観察#5

2015年6月下旬・夜22:31〜23:50・気温19→18℃

古い円網を完全に取り壊すと、外側の枠糸と最小限の縦糸だけが残りました。
取り壊しの直後に、オニグモ♀(Araneus ventricosus)は造網を始めました。
赤外線の暗視動画を15倍速にした早回し映像をご覧下さい。

円網全体を画面に収めようと三脚を網から離すと、赤外線が届かなくなり網が見えなくなってしまいます。
網の外枠は画角からはみ出してしまいますが、ご了承下さい。
外灯の強い逆光がレンズに入らないようにする必要もあり、クモの背面から狙い網の右斜め下から見上げるアングルがベストでした。
この個体は常に網の手前側に居るのですが、外灯の眩しい光が目に入らないようしているのかもしれません。(環境の明るさ・照度を正しく知るため?)
長撮りしている間に赤外線投光機のバッテリーが減り、後半は光量が激減してしまいました。
肝心のクモの糸が明瞭に写っていないかもしれませんが、クモの動きだけでも記録されてれば良しとします。
途中でビデオカメラのバッテリーを交換したら少し明るくなりました。

まず、新たに縦糸を張り始めました。
次に、クモの背側から見て時計回りに螺旋を描くように、網の中央から外側に足場糸を張りました。
甑の周りに足場糸を少し張ってみて、縦糸の本数が足りないと分かると臨機応変に付け足します。
ここまで使った縦糸および足場糸には粘着性がありません。
足場糸を張り終え枠糸に達すると、今度は逆の反時計回りで網の中央に向かって螺旋を描くように、粘着性の横糸を細かく張り始めました。
横糸を張りながら足場糸を切って進みます。
この横糸張りに最も長い時間を要します。

食べ残し(ラッピングした蛾)を甑に付けたまま残していたので、甑に戻ったオニグモ♀は捕食を再開しました。
一仕事終えて空腹だったのでしょう。
通常ならば造網の仕上げとして甑に集中した放射状の縦糸を食い破る処理を行うはずですが、残念ながら見られませんでした。
(この過程はクモの腹側から観察するべきだったかもしれません。)
完成した巨大な垂直円網を写真に撮ると、無駄のない美しさに惚れ惚れしますね。
縦糸の本数を数えると21本でした。
造網性クモが網を張替える一部始終(取り壊しと造網)を観察したのは初めてでした。
地面から甑までの高さは222cm(5日後に測定)。
興味深いことに、円網の左下外縁部で何箇所か破れた穴が開いたまま修繕されていませんでした。
面倒臭くて修復をさぼったのかな?

♀がせっせと造網する振動は、軒下に潜む♂(水平網?に占座)に伝わっていたはずです。
♂には♀の動静が文字通り手に取るように分かっているのでしょう。
網の張り替えが終わっても♂は求愛しにやって来ませんでした。
観察を打ち切って帰ったので、その後の♂の様子は知りません。
後で思うと、この♂に個体識別のマーキングを施すべきでした。



【おまけの動画】
同じ素材で早回しの速度を少し下げた10倍速映像です。

▼関連記事
垂直円網に横糸を張るオニグモ♀:15倍速動画
4年前の9月に撮った映像で、そのときは夕方から造網を開始しました。

つづく→#6


完成直後の巨大な垂直円網
未修復の破損部
軒下に潜む♂(画面右上)
腹面・全景
腹面

樹上で雨宿りするスズメ(野鳥)



2015年6月下旬・夕方

梅雨らしく激しい土砂降りの雨です。
メタセコイアの樹上で数羽のスズメPasser montanus)が雨宿りしていました。
ときどき身震いして羽根の水を切ります。
ヒヨドリの鳴き声の方が喧しいですけど、スズメも群れの仲間と鳴き交わしてるようです。

カメラを警戒しているのか、ずぶ濡れのスズメがホッピングで枝を上へ上へ登って行きます。
樹冠の方が枝葉が茂って雨があまり当たらないのかな?
それとも、このままここを夜のねぐらとするのでしょうか?

後半に登場する個体は(@0:47〜)、嘴の根本が黄色いので幼鳥のようです。
『カラー自然シリーズ26:スズメ』によると、

巣立ち雛は、だんだん体が締まってきて、しゃんとした若鳥になります。頬や喉のあたりのうす墨色も、しだいに黒くなって、親鳥の色に近くなってきます。しかし、嘴の黄色い部分は、後まで残ります。


※ かなり暗い映像だったので、動画編集時に自動色調補正で明るくしてあります。



2015/08/03

円網の上側を取り壊すオニグモ♀【蜘蛛:暗視映像】




オニグモ♀の定点観察#4


2015年6月下旬・夜22:17〜22:31

垂直円網の中央(甑)で蛾を食べていたオニグモ♀(Araneus ventricosus)が食べかけの獲物を再び糸でラッピングしてからこしきに固定しました。
前夜に張って古くなった円網の下側は既に取り壊してあるのですが(#2参照)、残った円網の取り壊しをようやく再開しました。
もし私が蛾を給餌しなければ、クモは円網全体を一気に取り壊したのかもしれません。
クモにしてみれば毎晩の円網張り替えの予定が狂ったのかもしれません。
それとも栄養補給しないと造網の糸が作れないぐらい空腹だったのでしょうか?

赤外線の暗視カメラで記録した動画を4倍速にした早回し映像でご覧下さい。
動画編集で早回し加工するついでに自動色調補正で糸を強調してあります。

網の糸に付着した小さな虫を糸と一緒に食べながら破網しているようです。
糸をリサイクルしてタンパク質の補給になります。
不要な糸を噛み切ったり、歩脚で切ることもあります。

甑から引き糸を伸ばしながら古い網を壊しつつ外縁に向かって進みます。
枠糸に引き糸を固定すると、甑に引き返します。
これで新しい縦糸が二重に張られることになります。
甑に戻ると引き糸を固定し、別方向に取り壊しを行います。

網の上部を取り壊すついでに、軒先に潜むオニグモ♂を追い払ったように見えたのが興味深く思いました。
残念ながら赤外線投光機の光が届かず、そのシーンはピンぼけになってしまいました。
♀は網に♂が居候するのを許さないのか、それとも♂がトラブルを避けるため♀とのニアミスを回避しただけかもしれません。

このオニグモ♀個体は昨夜張った円網を取り壊さないまま朝になると隠れ家に移動し、暗くなってきてから網に戻って来たのです。
網の張り替えは夜更けに行っています。
円網を毎朝畳まないのは北国のオニグモの特徴らしい。
クモ生理生態事典 2011』サイトによるとオニグモは

・夕方から活動を始め,張ってあった網を破損 の状態によって2~3日おきに張り替える
・関西の種は原則的には殆ど毎日のように網をたたんで,屋根裏に潜み,昼間は網を残しておくことが少なく, 関東の種は毎日ではないが時々朝網をたたみ,北方の種は殆ど毎日朝網をたたむ習性がない

【おまけの動画】


早回し加工していないオリジナル映像の完全ノーカット版です。
長編になりますけど、クモの動きをじっくり見たい方はこちらをどうぞ。

網を完全に取り壊しても、ラッピングした食べ残し(蛾)は捨てずに甑に付けたままです。
引き続きクモは縦糸を張り始めました。
造網性クモが網を張替える一部始終を観察できたのは初めてです。

つづく→#5:夜中に造網するオニグモ♀(蜘蛛)【暗視映像の早回し】


ハシボソガラス(野鳥):畦道で何を食べてるの?



2015年6月上旬

水田の畦道でハシボソガラスCorvus corone)が何か大きな物を咥えていました。
獲物ならその正体を知りたいのですが、私を警戒してすぐ飛び上がり距離を開けられてしまいました。
映像の冒頭だけ1/4倍速のスローモーションでリプレイすると、草を丸めたような物にも見えますが、全く分かりません。
一体これは何ですかね?
例えば、他の鳥の巣を見つけて中の卵や雛を食べようとしてるのでしょうか?
謎の物体を咥えたまま、カラスは更に畦道をトコトコ歩き去ります。
畦の陰に貯食するのかと思いきや、啄み始めました。
畦道に雑草が生い茂り、よく見えません。
見えないのでは私も撮影に飽きてしまい、食べ切るまで撮らずに終了。



2015/08/02

♀の円網の近くで身繕いするオニグモ♂【蜘蛛:暗視映像】



オニグモ♀の定点観察#3

2015年6月下旬・夜22:10頃

オニグモ♀(Araneus ventricosus)がログハウスの外に張った垂直円網の真上の軒先に別個体のオニグモが潜んでいました。
夜なのに造網しないので脱皮直前の個体なのかと初めは想像しました。

クモ生理生態事典 2011」にてオニグモの項を参照すると、「脱皮・産卵前後は網を張らない」とのこと。
赤外線の暗視カメラでズームしてみると、触肢が大きく膨らんだ成体♂でした。
私の記憶では、オニグモの♂は初見かもしれません。
歩脚の先を一本ずつ舐めて念入りに身繕いしています。
左脚の先を互いに擦り付ける行動も見られました。
オニグモの繁殖期はいつなのか知りませんが、♀の網に侵入して交接の機会を窺っているのでしょうか?
夜這いする前のお化粧に余念がないのかな?
交接は♀の網で行うのか、それとも昼間の隠れ家で行うのですかね?
♂は軒先から身を乗り出して、♀の円網から伸びた信号糸?に歩脚の先で触れているようにも見えますが、私の気のせいかもしれません。
その間に♀は網にかかった蛾を補食し、円網の下側を取り壊しました。
それでも♂に目立った動きはありませんでした。

さて、「クモ画像集」サイトにてくも子さんの投稿写真から、オニグモ♂の第2脚にはフックがあると知りました。
ストロボを焚いて何枚か撮った写真を見直してみたものの、歩脚を曲げる角度がたまたま悪くて、フックがうまく写っていませんでした。
辛うじて右第2脚から棘先だけ見えます。
むしろ暗視動画の方でフックがしっかり写っていました(左第2脚)。
♂特有の構造が求愛・交接時にどのような使われ方をするのか、私も興味津々です。
暗視カメラで動画に記録すれば分かるはずです。

つづく→#4:円網の上側を取り壊すオニグモ♀【蜘蛛:暗視映像】



光を嫌うゲンジボタル♂(背光性)【暗視映像】



2015年6月中旬・深夜23:10〜23:15

山に近い農村部の道端に植えられたウコギ(生垣にしては1本だけ高く伸びすぎている木)の茂みで微光を放っている蛍を発見。
強い発光も動画に撮ることが出来ました!
葉の上で動き回っているようで、茂みに隠れて光が見えなくなりました。

赤外線の暗視動画に切り替えると、ウコギの葉に乗っている蛍を見つけました。
側面から見ると腹端の2節が光っていることから♂と判明。
葉上で静止しつつ、触角を盛んに動かしています。( 微光を出しているかも)
暗視モードでもなんとか胸背の斑紋が見えます。

次い白色LEDを点灯すると、眩しい光を嫌ってすぐに回れ右して(背を向けて)頭部を葉の下に隠しました(頭隠して尻隠さず)。
ちらっと見えた胸背の斑紋からゲンジボタル♂(Luciola cruciata)と判明。
消灯して暗視動画に戻すと、安心したゲンジボタル♂は頭を葉陰から出して徘徊を始めました。
これで蛍の背光性を実感するとともに、蛍の観察に暗視カメラが必須だと痛感しました。
光でコミュニケーションする夜行性の蛍にとって、ヒトの文明社会は光害だらけで暮らしにくそうです。

最後は赤外線も切ったら、暗闇の中を光りながら翅を広げて飛び立ちました。
幸い、隣の木の枝に止まったので、撮影後に捕獲しました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts