2015/07/25

マイマイガ(蛾)幼虫の頭部抜け殻を巣に持ち帰るムネアカオオアリ♀



2015年6月中旬
▼前回の記事
マイマイガ(蛾)幼虫の毛の防護効果:ムネアカオオアリ♀を撃退
外役から帰巣するムネアカオオアリCamponotus obscuripes)のワーカー♀が持ち帰る獲物をよく見ると、マイマイガLymantria dispar japonica)幼虫が脱皮した頭部の抜け殻でした。
やや大型のワーカーですけど、その頭部よりやや大きな獲物でした。
拾ってきた脱皮殻に果たしてそれほどの栄養価があるのでしょうか?
もしかすると抜け殻ではなく、死骸の頭部(生首)なのかもしれませんが、アリから取り上げてよく調べないと分かりません。
しかし生きたマイマイガ幼虫(=ブランコケムシ)は毛虫の長い毛を利用してムネアカオオアリを撃退できることを目の当たりにしたばかりなので、天敵としてアリがマイマイガ幼虫を狩って頭部を解体するのは無理そうです。

同じ巣のワーカーとすれ違う際は出会い頭に触角で挨拶しています。
この辺りでマイマイガ幼虫がやたらと大量発生しており、アリの進路を別個体のマイマイガ幼虫が横切り、板壁を登って行きました。(アリの獲物と頭部を比べて下さい)

巣口に辿り着く手前の地点で、アリは立ち止まってしまいました。
疲れて休息が必要なのでしょうか。
あまりにも休憩が長いので、編集でカットしました。

後続のワーカーの触角が触れてようやく目が醒めたようです。
それでも未だ運搬を再開しません。
獲物を下に置けば疲れた大顎も休めるはずですけど、板壁にしがみついているため、大顎を離せば獲物を落としてしまうでしょう。
よく見ると実は、コンクリート土台の小さなでっぱりに獲物を乗せて支えてるようです。

痺れを切らした私がレンズを近づけたらようやく運搬を再開してくれました。
ところが巣口のすぐ手前でまた一休み。
迎えに来た訳ではないでしょうが出巣してきた別個体の2匹と擦れ違いざまに獲物を奪われそうになり、慌てて運搬を再開しました。
ようやく無事に獲物を巣に持ち帰りました。
巣口で門衛2匹が出迎えました。



2015/07/24

ゲンジボタル♂を見つけた!【暗視映像】



2015年6月中旬・夜20:00頃

山麓の道端の木の葉(おそらくタニウツギ)で光っている蛍を見つけました。
赤外線の暗視動画に撮りながらこっそり近づくと、葉から葉へ歩き回っていました。
ゲンジボタル♂(Luciola cruciata)と後に判明します。
葉先に近いところで静止すると、触角を激しく振り立てています。
頭をこちらに向けているため、お尻の発光が見えません。

特殊な(高価な)高感度カメラでないと蛍の発光は動画に撮れない(ピントが合わない)ものと思い込んでいましたが、駄目元で通常の動画モードに切り替えてみました。
暗闇では蛍の位置が分からなくなったので、昆虫の目には見えにくい赤色LEDのマグライトを一瞬だけ点灯して探しました。
マグライトを消すと暗闇でゲンジボタル♂の微光を初めて記録することができました。
ビデオカメラの白色LEDを点灯すると、光を嫌って(背光性)歩き出したので慌てて消灯。

ゲンジボタルを扱った本『カラー自然シリーズ46:ホタルのくらし』p6によると、

葉の上にとまってまま、弱い光を1分間に15〜20回明滅させる光り方を「微光」といいます。これは、いちばん長く続く光り方です。


いかにもしょぼい映像ですけど、私にとっては初めての記念すべき記録です♪
撮影のもどかしさを裏返せば、闇夜で蛍の光を楽しめるヒトの肉眼の性能がいかに優秀か、改めて驚きます。
もう少し撮影を練習すれば、なんとかなりそうです。

つづく→ビニール袋内で刺激発光するゲンジボタル♂【暗視映像】



【追記】
『日本の昆虫12:ゲンジボタル』p123によると、
夜間の観察では、電燈をつけるとホタルが光を避けて本来の習性を発揮しないので、赤いセロファンのフィルターを付けるとよい。赤外線はホタルにとって感知しにくい光であるので、ホタルに与える影響を最小限に抑えることができる。

交差点で車にクルミを割らせようとするハシボソガラス(野鳥)



2015年6月中旬

カラスのクルミ割り行動はこれまで何度も観察していますが、今回はかなり興味深いです。
この辺りのカラスにはクルミを車に踏ませて割る知恵(文化)は未だ無いようで、上空から舗装路に投げ落として割る自力本願の行動ばかりでした。
しかし遂に、車道にクルミを置いて確実に車に踏み潰させる行動が発達しつつあるかもしれません。

郊外の路上でハシボソガラスCorvus corone)がクルミの実を足で踏みつけ、嘴に咥えました。
そのまま飛び立つと交差点の歩行者用信号の上に止まりました。
向き直ってからクルミをポトリと路上(交差点)に落としました。
ちょうど赤信号で停車中です。
直後にカラスも飛び降りたのですが、車の陰で見えなくなりました。
もし停車中の車のタイヤの直前にクルミを置いたら発進時に確実に割らせることができて、凄い進歩です。
カラスの姿を見失ってしまったのは残念無念。
やがて信号が青になり、軽自動車が発進しました。

辺りを探すと、歩道の奥の空き地に例のカラスを見つけました。
おそらく交差点に落としたクルミが転がってしまったのでしょう。
縁石の死角でよく見えないのですけど、クルミの実を啄んでいるようです。
やがてクルミの実を咥えて飛び立ち、交差点に戻ると電柱の2番目に高い電線に止まりました。
下の交差点を見下ろしながらクルミを離し、ポトリと落としました。
車を当てにしない従来の割り方では、一番高い電線の高さ(またはそれ以上)から投げ落としていました。
今回はそれよりも低く、高さ(衝撃の強さ)よりも落とす狙いの確実性を選んだようです。


なかなか車が来ないので、カラスは電線に止まったまま待機しています。
電線でカーかー♪鳴き始めたのでズームイン。
(お辞儀しながら鳴くのはハシボソガラスの特徴です。)
遠くて鳴き声は聞き取れないものの、電線上で向きを変えながらひたすら鳴き続けています。
期待通りに車が来ないというフラストレーションの現れでしょうか?
近くにいる別個体と鳴き交わしているのかもしれません。
最後はようやく電線から飛び立つも、なぜか路上のクルミを取りに行かず近くの木の枝に止まりました。
クルミ割りを諦めたのか、それとも落としたクルミのことを忘れてしまったのかな?
すぐ近くにオニグルミの大木があり、カラスはこの樹の下から実を採取してくるのでしょう。
どうも交差点で車にクルミを割らせる技が未だ不完全なようです。
これから試行錯誤で学習してくれるかな?
撮影アングルを研究してこの交差点で張り込みをしたら、成功例の映像をものにできるかもしれません。

▼【関連動画】


イギリス国営放送(BBC)制作による鳥類学のドキュメンタリー番組の中で、仙台のカラスが車にクルミを割らせる賢い行動をいち早く紹介して世界を驚愕させた公式映像です。
交差点の信号や横断歩道の概念を理解している知能が凄いです。
アッテンボロー卿の格調高いナレーションでお届けします。
あまりにも有名な動画ですけど、未見の方は是非ご覧ください!


2015/07/23

木造家屋に営巣したムネアカオオアリ♀



2015年6月中旬

木造家屋の板壁とコンクリート基礎部分の境界に穴(横に長い楕円状)が開いていて、その奥でムネアカオオアリCamponotus obscuripes)が営巣していました。
外役から帰巣したワーカー♀は巣口の門衛と触角で挨拶してから入巣しています。
出巣した外役ワーカーは一列になって、板壁とコンクリート基礎の境目に沿って左へ移動しています。
ワーカーの体長は大小様々でした。
寄り道している個体や、立ち止まって休んでいる個体もいます。
この建物は普段ヒトが住んでいないようなのですが、できれば巣の様子をファイバースコープで調べてみたいものです。

『アリハンドブック』p69を参照すると、ムネアカオオアリは

森林に生息し、倒木や木の腐朽部に巣を作る。


実はこの建物には以前、ヨツボシオオアリが柱の隙間から侵入して営巣していました。(2008200920092010年の記録しかありません。
いつの間にか見かけなくなったので、ムネアカオオアリに乗っ取られたのでしょうか?



ハンノキ樹上で飛び回るコガラの羽ばたき【野鳥:ハイスピード動画】



2014年11月中旬

山間部の道端でコガラPoecile montanus)がハンノキの樹上で採食していました。
葉を啄んでいたので、種子食ではなく虫を捕食しているのでしょう。
枝から枝へ飛び回るシーンを240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
かなり薄暗い暗い条件です。
実はエナガと混群を形成していました。

▼関連記事
ハンノキ樹上で飛び回るエナガの羽ばたき【野鳥:ハイスピード動画】

2015/07/22

ヒレハリソウの花蜜を吸うハイイロヒゲナガハナバチ♀



2015年6月中旬

道端に咲いたヒレハリソウ(=コンフリー)の群落で見慣れないハナバチが訪花していました。
花の手前で見事なホバリングを披露してくれました。
正当訪花すると長い舌を伸ばして花筒の奥から吸蜜しています。
花筒の根本に盗蜜痕があるのですが、この蜂は舌が長いので盗蜜する必要がありません。
吸蜜後は花にぶら下がったまま身繕いしています。
後脚の花粉籠は空荷でしたが、♂である可能性もありますかね?

おそらくこのハナバチが花筒内に舌を出し入れしたせいで、先客の小さなアリが盗蜜痕から這い出てきた(@1:35)のが面白く思いました。



撮影直後に同定のため同一個体を採集しました。
以下は標本写真。

腹端に毒針は伸びていませんでしたが、後脚の花粉籠の毛束が発達しているので♀ですね。
右翅がきれいに開いた状態で死んでいたのですけど、軽くカールしていたので、そのままでは翅脈を記録しにくい状態です。
根本から切り落としクリアファイルに挟んでから写真に撮りました。

『日本産ハナバチ図鑑』で自分なりに調べてみたところ、p414に掲載されたハイイロヒゲナガハナバチ♀(Eucera (Eucera) sociabilis)だろうと判明。






桜の葉の中で繭を紡ぐマイマイガ幼虫(蛾)



2015年6月上旬

公園に植栽されたソメイヨシノ?の大木でマイマイガLymantria dispar japonica)の終齢幼虫が私の胸の辺りの高さの葉を糸で綴って軽く巻き、その中で繭を紡いでいました。
繭内に見える脱皮殻は別個体のものなのか、謎です。
マイマイガの飼育経験はあるものの、野外での営繭シーンは初見でした。

▼関連記事
マイマイガ(蛾)終齢幼虫cの繭作り【50倍速映像】
この公園でマイマイガ幼虫(=ブランコケムシ)が大量発生しており、少し上の葉には別個体の幼虫がいます。



2015/07/21

ムネアカオオアリ♀同士の栄養交換



2015年6月中旬

ムネアカオオアリCamponotus obscuripes)のワーカー♀が多数コンクリートのポーチを徘徊しています。
2匹のアリが出会うと口づけすることがあります。
出会い頭にキスしながら触角で互いに頭部を叩き合っています。
互いに首を傾げ、広げた大顎を奥まで咬み合わせています(実際には噛んでいません)。
喧嘩している訳ではなさそうなので、同じコロニー出身のワーカー同士が栄養交換しているのでしょう。
♀同士のディープキスというとどうしても生々しい(艶かしい)と感じがちですが、擬人化してはいけません。

「アリ飼いのための知識ノート」サイト内のアリ単語帳によると、

栄養交換 【えいようこうかん】 (=吐き戻し【はきもどし】、 =反吐【へど・はんと?】) 
嗉嚢そのうに貯めた栄養を他のアリに与える行為。
与える側が大きく大アゴを開き、受け取る側がその中に大アゴをつっこむようにして液を受け取る。
触角で相手の大アゴを叩くことによって相手に栄養交換を要求するといわれる。(後略)


チョコの食べ過ぎで桃色になったノシメマダラメイガ(蛾)幼虫



ノシメマダラメイガの飼育記録#12

▼前回の記事
チョコレートを食すノシメマダラメイガ(蛾)若齢幼虫

2015年6月中旬

ノシメマダラメイガPlodia interpunctella)幼虫が育ってくると、胴体(腹部)の中央部が赤っぽい(ピンク色、ココア色)個体が居ました。
穀類(押麦とゴマ)よりもチョコレートを好んで食べているので、消化管内のカカオの色が透けて見えているのでしょうか?
チョコレート抜きの餌で育てても、同じくピンク色になるのかな?(図鑑の写真では白色です)
周囲に点在する赤褐色の粒々は、幼虫が排泄した糞と思われます。
脱皮シーンなど細かい観察をする余裕がないので、何齢幼虫なのか把握していません。
今思うと、白色の個体と対比して撮るべきでしたね。

※ チョコレートの表面が凸凹なのは食害の結果ではなく、刻印された商品ロゴを隠すためにチョコレートを裏返したからです。
室温で柔らかくなったチョコを穀類の上に置いた跡が残っています。

つづく→#13:分散移動を始めたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫


産毛のような毛が疎らに生えています。

2015/07/20

オオヨシキリ♂(野鳥)夜のさえずり♪【暗視映像と声紋解析】



2015年6月中旬・夜22:50頃

オオヨシキリ♂(Acrocephalus arundinaceus)は「一晩中さえずり続けることもある」そうです。(『山渓フィールドブックス4野鳥』p317より)


湿地帯のアシ原に夜出かけると、確かに大声でギョギョシ、ギョギョシ(行行子)♪と鳴いていました。
姿は見えませんが、鳴いているのは一羽だけのようです。
赤外線の暗視動画に撮りながら、足音を忍ばせて鳴き声に接近します。
昼間だったら柳の梢など目立つ場所で縄張り宣言しています。

▼関連記事
柳の梢でさえずる♪オオヨシキリ♂(野鳥)
暗闇で赤外線投光機が届く範囲を探してみても樹上には見つけられませんでした。
夜の塒(ねぐら)はどこかアシ原の茂みに潜んでいるのでしょう。
最後は鳴いているすぐ近くまで行けました。
大声過ぎて、ビデオカメラの内蔵マイクがやや音割れするぐらいです。

明るい昼間なら警戒されてここまで近づくことは出来ないでしょう。
昼も夜も鳴き続けるなんで、おそるべきスタミナです。
そこまでしないと縄張りを守れないのでしょうか?
本当に徹夜するのか、睡眠時間はどれぐらいなのでしょう?

オオヨシキリ♂夜の囀りを声紋解析してみる

背後の用水路の水音がうるさいかも。
背後の水田からカエルの合唱も聞こえます。
いつものように、オリジナルのMOV動画ファイル(映像では一番最後)から音声をWAVファイルにデコードしました。
1分間に7小節鳴いていたので、それぞれ切り出してから、スペクトログラムを描いてみました。
あまりきれいな声紋が得られなかったのは、やはり録音距離が近過ぎて音が割れているのですかね?
それでも特徴的な節回しであることは見て分かります。


7小節鳴いている(全体)

【追記】
ミゾゴイに限らず夏鳥のホトトギス、ヤブサメ、オオヨシキリ、ヒクイナなども渡来初期の夜間に囀ることが知られている。これらの鳥たちは夜間に囀りを行っても夜行性の鳥とは呼ばれない。(『ミゾゴイ:その生態と習性』p137より)


2015/07/19

マイマイガ(蛾)幼虫の毛の防護効果:ムネアカオオアリ♀を撃退



2015年6月中旬

コンクリートのポーチでムネアカオオアリCamponotus obscuripes)のワーカー♀が餌を探して徘徊しています。
たまたま近くを這い回っていたマイマイガLymantria dispar japonica)の幼虫(ブランコケムシ)を襲おうと働き蟻が近づくも、毛のせいで噛みつくどころか近づけないでいます。
毛虫が体を振ってアリを払いのけて、勝負あり。

同様の対決シーンをもう一度観戦することが出来ました。
徘徊していたマイマイガ幼虫が立ち止まると、ムネアカオオアリが興味を示して背後(横)から襲おうとしています。
ところがまるで結界を張られたように、長い毛に阻まれて近づけません(噛みつけない)。
遂に毛虫が尾を振ってしつこいアリを払いのけ、歩き去りました。
一方、あっさり撃退されたアリは「嫌な物を触ってしまった」とばかりに身繕いしています。
最後は毛虫に定規を並べて採寸。
日本最大のアリが負けるという対戦結果は意外でしたが、毛虫がもつ毛の防衛効果をまざまざと実感できました。




「生きもの写真家 安田 守の自然観察な日々」さんのブログ記事で最近教えてもらった毛虫の毛の意味に関する研究の真似をして、もし鼻毛カッターでマイマイガ幼虫の毛刈りをしたら、ムネアカオオアリは捕食できるようになるでしょうか?

Sugiura, Shinji, and Kazuo Yamazaki. "Caterpillar hair as a physical barrier against invertebrate predators." Behavioral Ecology 25.4 (2014): 975-983.(全文PDF

この周辺にはマイマイガ幼虫が大発生していて、多数の毛虫があちこちに徘徊していました。
アリが寄って集って毛虫を襲えば勝ち目がありそうですけど、そのような集団戦法による捕食シーンは一度も見ていません。
また、ムネアカオオアリの巣口における遭遇戦でも、門番アリが巣を激しく防衛するどころかマイマイガ幼虫に遠慮することを、同じ日に観察しています。

▼関連記事 
マイマイガ(蛾)幼虫が巣口に近づいても敬遠回避するムネアカオオアリ♀【暗視映像】
毛の防御効果がそれほど高いのなら、どうして全ての種類の幼虫が採用しないのでしょうか?
長い進化の過程を経て、毛の無い(少ない)芋虫タイプの幼虫が多く残っているということは、毛虫戦略にも何かデメリットがあるのかもしれません。

ところで先日、マイマイガ幼虫を狩るセグロアシナガバチ♀を観察しました。
アシナガバチは毛虫の毛を一体どのように攻略して狩りに成功したのでしょうか?
狩り(アタック)の瞬間を見逃したのが残念です。
単純に大顎のサイズが、セグロアシナガバチ>ムネアカオオアリということで説明がつくのかな?



マダラスジハエトリ(蜘蛛)幼体の跳躍・徘徊【HD動画&ハイスピード動画】



2015年6月中旬

軒下の資材置き場でぴょんぴょん高く飛び跳ねる小さなハエトリグモを見つけました。
馴染みのあるマダラスジハエトリPlexippoides annulipedis)幼体でした。

跳躍シーンを240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。
夕方で太陽光が弱かったせいか、命綱のしおり糸は見えませんでした。
徘徊するハエトリグモの目の前を巨大なムネアカオオアリCamponotus obscuripes)のワーカー♀が横切り、驚いて逃げました。
体格差がありすぎて、狩りの対象にはならないでしょう。

撮る前に見たときはもっとノミのようにピョンピョン高く跳ねていて驚いたのですが、あれは何かに驚いた時の反応なのか、それとも子供(幼体)がはしゃいでいたのかな?
証拠映像が撮れず、残念無念…。
採集する前に逃げられてしまいました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts