2015/06/27

羽化したヒオドシチョウの初飛行



ヒオドシチョウの飼育記録#14


▼前回の記事
羽化直後に蛹便を排泄するヒオドシチョウ

2015年6月上旬・室温25℃・湿度45%

午前中に羽化したヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)個体c無印は昼頃になるといつの間にか止まり木から離れ、レースカーテンに止まっていました。
ようやく翅や体が充分に固まったのでしょう。
走光性があり、明るい窓際へ向かって飛んで行きました。
記念すべき初飛行の瞬間を(無理に飛び立たせるのではなく)自然な状態で動画に記録するのはなかなか難しそうです。

翅を開閉しながらカーテンをよじ登ります。
逆光では翅表の美しい紋様がよく見えないため、ビデオカメラ内蔵の白色LEDを点灯しました。
ところが眩しい光を近づけられた蝶は、興奮したように暴れてしまいます。
この辺りが動画撮影の難しさで、美しい写真を撮るだけなら逆光でもフラッシュを焚けば簡単です。
しかし動画となると、補助照明のせいで不自然な行動になってしまうのでは本末転倒になってしまいます。
レフ板は使ったことがないのですけど、蝶を怖がらせてしまうのは一緒でしょう。

手に乗ってもらおうと蝶の目の前に指を差し出したのですが、落ち着かなく羽ばたくばかりで上手くいきませんでした。
最後は窓を開けて放蝶しました。
(近所で採集してきた幼虫を育てた場合は放蝶しても問題ないというのが私の個人的見解です。)

つづく→#15:ヒオドシチョウの羽化(左右の口吻が結合する様子)



ツルマンネングサの花蜜を吸うヒメハナバチの一種♀



2015年6月上旬

堤防の階段に蔓延るツルマンネングサの群落で訪花している蜂がいました。
吸蜜してから身繕いしました。
後脚の花粉籠に黄色の花粉団子を付けています。
あまり自信がないのですが、この蜂はウツギメハナバチ♀(Andrena prostomias)と思い込んでしまいました。
狭食性(狭訪花性)のウツギヒメハナバチ♀がウツギ(アジサイ科ウツギ属)以外のベンケイソウ科から訪花集粉するとしたら大発見かもしれません。

密かに興奮しつつ、同定のため撮影直後に採集しました。

実はこの堤防の少し離れたところにウツギの大群落があり、昨年はウツギヒメハナバチを観察できたのでした。

▼関連記事(標本写真あり)
ウツギの花で採餌するウツギヒメハナバチ♀
今年もそろそろシーズンかな?と定点観察に来てみたものの未だ開花しておらず、当然ながらウツギの群落にウツギヒメハナバチはいませんでした。
今年は何らかの理由で(春の気温が高かった?)ウツギヒメハナバチの羽化が早まり、ウツギの開花とタイミングがずれてしまったのかもしれません。


『但馬・楽音寺のウツギヒメハナバチ:その生態と保護』p74によると、

ウツギヒメハナバチとその姉妹種であるコガタウツギヒメハナバチはともに短舌で典型的な狭食性種で、ウツギ属Deutzia(日本には7種ある)だけを訪花する。花粉採餌をしない♂は、ほかの花でも採集されることがある。
同書p72によると、
狭食性は共進化の証で、花資源種の選択幅の狭く、融通のきかない保守派である。


私の知らない場所で咲いているウツギの花粉を直前まで採餌していた可能性もあるので、後脚から採取した花粉を顕微鏡で分析してツルマンネングサの花粉だと花資源を同定すれば完璧ですね。


以下は標本写真。
方眼紙に乗せて大きさを調べると体長は11mm以上で、コガタウツギヒメハナバチではなくウツギヒメハナバチ♀のようです。

【追記】

てっきりウツギヒメハナバチかと思い込んで先走った記事を書いたら、コメント欄でうすのきさんより別種らしいとご指摘頂きました。
標本の写真も撮り直したものに差し替えました。


中胸盾板
中胸盾板
前伸腹節

翅脈を記録するのに良い方法を編み出しました。
私には展翅する暇もスキルも無いので、乾燥した標本の翅が反ったりカールしがちです。

被写界深度の浅いマクロレンズで接写しようとすると翅全体をきっちり平面に収めないといけなくて、いつも苦労していました。
ふと思いつき、根本から切り落とした翅をクリアファイルに入れると、静電気でクリアファイルと敷紙に翅が密着しました。
こうして反り返った翅を平にしてから翅脈を記録しました。
専門家はプレパラートのカバーガラスなどに翅を挟んでからスキャナで画像を取り込むらしいのですが、私にはこれで充分です。


左前翅(裏返しで接写)
左後翅(裏返しで接写)

前胸背板
前胸背板
前胸背板
腹部第一背板
腹部背板

2015/06/26

羽化直後に蛹便を排泄するヒオドシチョウ



ヒオドシチョウの飼育記録#13


▼前回の記事 
ヒオドシチョウの羽化【10倍速映像c】

2015年6月上旬・室温25℃・湿度50%

ヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)個体c無印が翅の伸展を完了しました。
次は余分な体液を蛹便(羽化液)として排泄する瞬間を動画に記録するのが今回の目標です。
微速度撮影ではなく、通常(リアルタイム)のHD動画に切り替えました。
午前10:02:00、初めて排便しました。
その瞬間に閉じていた翅を少しだけ開いたのは、おそらく蛹便で翅を汚さないためでしょう。
5分後の10:07:15に再び排便しました。
今回は翅をわずかに開いた状態で静止していたので、排泄の瞬間に翅を動かす必要がなかったようです。
血の色をした雫が水差しのペットボトルを伝い垂れ落ちる様子が撮れていました。
下に敷いた白紙も赤く汚れています。

動画による監視を止めた直後に、今度は透明な液体を排泄しました。

蛹便の色は種類によって異なります。
鱗翅目を幾つか飼育下で羽化させてきた中で、今までこんなに赤い蛹便を他の種類では見たことがありません。
緑色の柳の葉だけを食べて育ったのにこんな赤色を合成するなんて、まるで魔法のようです。
翅の鱗粉に使われた赤い色素の残りなのでしょうか?
(仮説:赤い翅のチョウの蛹便は赤いのかな?)

ちなみに、昆虫の血液はヘモグロビンを含まないため赤くありません。

これまで私が飼育下で羽化を観察した数種類の鱗翅目の中で、ヒオドシチョウの羽化は翅伸展の速度も蛹便を排泄するまでの時間もおそろしく早かったのが印象的でした。

つづく→#14:羽化後の初飛行



サラサウツギの花蜜を吸うニホンミツバチ♀



2015年6月上旬

道端に植えられたサラサウツギ(=ヤエウツギ)ニホンミツバチApis cerana japonica)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠は空荷でした。
この日、他に訪花していた蜂は、クマバチを見かけたぐらいでした。

毎年定点観察しているこのサラサウツギの木は未だ咲き始めのようで、満開ではありませんでした。
八重咲きは雄しべが変化したものだと最近教わったのですが、確かに花粉の付いた葯が少ないようです。



2015/06/25

ヒオドシチョウの羽化【10倍速映像c】



ヒオドシチョウの飼育記録#12

▼前回の記事
ヒオドシチョウの羽化【微速度撮影a】
2015年6月上旬・室温24℃、湿度52%

ヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)個体c無印が柳の葉裏に蛹化してから11日後に羽化しました。
朝から垂蛹の外側から翅の赤色が透けて見えていたので、羽化に備えてジオラマモードの微速度撮影で監視・記録しました。
今回はデジタル時計(温湿度計付き)を動画に写し込む工夫をしてみました。
垂蛹の背側から撮った10倍速の早回し映像をご覧下さい。
羽化開始時刻は午前09:42でした。
それまで羽化の前兆のような蠕動は見られず、不意に始まりました。
胸背が割れ始めたと思ったら、9:44:23には成虫が蛹からスルリと脱出完了していました。
そのまま抜け殻(羽化殻)に足で掴まり、しわくちゃの翅を伸ばし始めました。
側面を向いてくれたので、翅裏がしっかり見えて好都合でした。
午前9:50には翅伸展も完了。



以下は羽化殻の標本写真です。




つづく→#13:羽化液(蛹便)の排泄


水溜りの水を飲むムクドリとカワラヒワの群れ♪(野鳥)



2015年6月上旬
▼前回の記事
水溜りで水浴するムクドリ(野鳥)の群れ♪【HD動画&ハイスピード動画】

しっかり撮ろうと三脚を立てて望遠レンズのカメラを固定したのですが、鳥の目からは丸見えなので、警戒されて水浴してくれなくなりました。

ムクドリSturnus cineraceus)とカワラヒワCarduelis sinica minor)の群れが浅い水溜りの岸から嘴を浸して水を飲んでいます。

群れで地上採食していたカワラヒワが飛び立ち、空中戦のように激しく追いかけっこしています。


つづく→巣立ち雛へ給餌するムクドリ♪(野鳥)

2015/06/24

ヒオドシチョウの羽化【微速度撮影a】



ヒオドシチョウの飼育記録#11

▼前回の記事
触られて暴れるヒオドシチョウ垂蛹

2015年6月上旬・室温25℃

10日前に蛹化したヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)個体a黄が遂に羽化しました。
朝起きたら、錆色だった蛹が黒っぽくなっていました。
蛹の外から成虫の翅の赤いヒオドシ模様が透けて見えるので、羽化が近いと分かりました。
羽化の様子を記録するために、カメラ2台で別アングルの微速度撮影をしてみました。
垂蛹の腹端が竹の棒に対して斜め向きに(45°)付着しているため、真っ直ぐなアングル(背面、側面)で撮ろうとすると苦労しました。
羽化した成虫がどちらを向いて翅を伸ばしてくれるのかは運次第ですが、二方向から撮ればなんとかなりそうです。

まず初めにご覧頂く映像は、背側を狙った10秒インターバル撮影の連続写真を素材に制作したものです。
ヒオドシチョウの垂蛹は自発的な蠕動など羽化の前兆は一切ないようです。
羽化開始時刻は午後14:39:24でした。
突然に蛹の胸背が割れました。
成虫の脱出はあっという間で(1分半)、午後14:40:56には蛹から完全に抜け出て抜け殻にしがみつきました。
午後14:43:14には翅も伸び切りました。
とにかく大急ぎで羽化が完了しました。

続いてお見せするのは、側面を狙い、初めから動画で撮った10倍速の早回し映像です。
成虫は羽化殻にしがみついたまま、ゼンマイ状の口吻を伸縮させています。
室内の微風に翅があおられてユラユラ揺れています。
ヒオドシチョウ成虫の性別の見分け方を私は知りません。

蛹の中で折り畳まれていた翅がまっすぐに伸びるのは、翅脈に送り込む体液の圧力によるものです。
翅伸展が完了すると、余分な体液を排泄します。
蛹便とか羽化液と呼ばれるのですが、ヒオドシチョウの場合は血のような色をしていました。
早回し映像でも蛹便を排泄する瞬間が撮れていました。
複数回に分けてポタポタと滴り落ちて、下に敷いた白紙で赤い滴がわずかに大きくなりました。

新成虫は夜になると、羽化殻から竹棒に登って下面にしがみつき、眠りに就きました。
初めて飛ぶ瞬間は見逃してしまいました。
紙面に残った蛹便の雫が乾いて、血の色になっていました。
本当にヒトの血痕と間違えそうです。


翌日に乾いた蛹便痕

以下は羽化殻の写真です。
垂蛹を腹端を固定するため竹棒に張り巡らした足場糸を剥がすとシート状になっていました。


側面
側面
背面
腹面
腹端を固定するため竹棒に張り巡らしたシート状の足場糸を剥がす

つづく→#12:個体cの羽化【10倍速映像】



【おまけの動画1】
記事冒頭の映像では動きのない部分を編集でカットしましたが、10秒インターバル撮影で長時間(午後12:03:36〜16:04:34)監視した記録映像をブログ限定公開します。
垂蛹が激しく蠕動するなど羽化の兆候は認められませんでした。
不意に羽化するので驚きます。



【おまけの動画2】
別アングルの10倍速微速度撮影でも、羽化の直前まで垂蛹に動きはありませんでした。


ツルマンネングサの花蜜を吸うフタモンアシナガバチ♀



2015年6月上旬

堤防の階段を営巣地としているフタモンアシナガバチ♀(Polistes chinensis antennalis)が、そのコンクリート階段のあちこちに蔓延るツルマンネングサの花を訪れていました。


大小2タイプの蜂は、創設女王とワーカー♀なのでしょう。
近くに営巣しているはずですが、巣を見つけられず残念。

背側から撮ってるだけなので肝心の口元が見えず、吸蜜かどうか厳密には不明です。
ただの日光浴だったりして?
身繕いしている個体もいます。


2015/06/23

水溜りで水浴するムクドリ(野鳥)の群れ♪【HD動画&ハイスピード動画】



2015年6月上旬

前日の雨で遊歩道にできた水溜りでムクドリSturnus cineraceus)の群れが騒がしく鳴きながら水浴びしていました。
浅い水溜りに身を屈めると、激しく羽ばたいて体に水を跳ね散らしています。
水浴というよりも泥浴びと呼ぶべきかもしれません。
水を飲んでいる個体もいます。
後半は(@1:19〜)240fpsのハイスピード動画に切り替えて、水浴の激しい動きを撮ってみました。
行水した後は激しく身震いして濡らした羽毛を水切りします。

群れが飛び去った直後に現場検証してみると、浅い水溜りでややドブ臭く、決してきれいな水質とは言えませんでした。
前日の雨とは打って変わり、この日は晴天で暑かったです。
少し前に現場の近くで測った気温は30℃でした。(アシナガバチが木陰の巣を冷やす扇風行動するほどの暑さ)



【追記】
宮崎学『水場 (森の写真動物記 2)』p8によると、
野鳥たちにとって水場は、水を飲むだけの場所ではありません。「水浴」といって、水たまりを風呂のようにもつかいます。(中略) そのためには、水たまりはふかくないほうがよく、小鳥の足の長さが3cmほどですから、水深は1~2cmくらいがちょうどよいのです。





クサフジの花蜜を吸うモンシロチョウ



2015年6月上旬

川の堤防に咲いたクサフジの群落でモンシロチョウPieris rapae)が訪花していました。
花に止まる際は翅を閉じていました。



2015/06/22

触られて暴れるヒオドシチョウ垂蛹



ヒオドシチョウの飼育記録#10


▼前回の記事
ヒオドシチョウ前蛹の脱皮・蛹化【2アングルの微速度撮影】

2015年6月上旬・室温23℃・湿度45%

チョウ類の蛹に産卵する寄生蜂が居るので、逃げられない時期の蛹であっても身を攀じって威嚇する程度の運動能力は残しています。
ヒオドシチョウNymphalis xanthomelas japonica)の蛹に指で触れると嫌がって蠕動する」はずと期待して動画に撮ろうとしたら、個体によって反応性に差があり興味深く思いました。
4頭は順に(違う日に)蛹化したので、発生ステージ(蛹内の変態)による違いかもしれません。
触れても反応しない蛹は体内寄生されているのかと心配しましたが、杞憂でした。(全て無事に羽化しました)

唯一、6日前に竹の棒にぶら下がって蛹化した個体a黄のみが身を攀じって少し暴れました。
同じ日の晩に、同一個体が自発的に蠕動したのを目撃しています。
残りの3頭はしつこく触れても無反応でした。
蛹は錆色のままですが、羽化が近いのかな?
この個体a黄は4日後に羽化しました。

こんな簡単な実験を毎日繰り返すだけでも羽化が近いかどうかなど何か傾向が掴めたかもしれません。
ところが、その後忙しくなってしまい、やれたのはこの日だけです。

つづく→#11:ヒオドシチョウの羽化【微速度撮影a】


オジロアシナガゾウムシの交尾後ガード



2015年6月上旬

堤防に咲いたウツギの群落に絡み付いて伸びるクズの蔓にオジロアシナガゾウムシMesalcidodes trifidus)の♀♂ペアを見つけました。
♂をおんぶした♀が葛の蔓を右往左往しています。
体長は♀>♂。

「交尾中」と言いたいところですが、マクロレンズで接写してみると、マウントした♂の交尾器は結合していません。
おそらく♀が産卵するまでライバル♂から♀を守る交尾後ガードなのでしょう。
♀は口吻を茎に突き刺してはいません。
もう少し粘ったら産卵まで観察できたかもしれません。

クズの茎に螺旋状に穴を開けて卵を産む。幼虫はその中で育ち、その部分はふくらんで虫こぶになる。(wikipedia:オジロアシナガゾウムシより)


本種の生活史については『カラー自然シリーズ47:ゾウムシ』に詳しい。

♂をおぶった♀が、クズの茎に、らせん形の長いきずをほりあげました。♀が産卵のためのきずをほりはじめると、どこからか♂が飛んできます。茎のきずからでるにおいが、交尾相手の♂をひきよせるのかもしれません。(p12より)



2015/06/21

チョコレートを食害するノシメマダラメイガ(蛾)初齢幼虫




ノシメマダラメイガの飼育記録#9


▼前回の記事ノシメマダラメイガ(蛾)夜の活動【暗視映像】

2015年5月下旬・室温25℃

ノシメマダラメイガPlodia interpunctella)を飼育してみようと思ったきっかけの一つは、幼虫がチョコレート製品を食べて育つと知ったからです。
水も飲まずにそんな偏食でも立派に成虫になるとは驚きです。
チョコを食害するシーンをぜひ観察したくなりました。


宮ノ下明大, and 今村太郎. "チョコレート製品でのノシメマダラメイガ Plodia interpunctella 幼虫の発育." ペストロジー 26.2 (2011): 53-57. (PDFへのリンク

食品害虫サイトのコラムも参考になりました。

チョコを何日で食べきりますか?
ノシメマダラメイガを飼育してみよう!

今回、チョコレートの他には押し麦と黒胡麻を少量入れてみました。(たまたま台所に貯蔵してあった穀類を選んだだけで、特に理由はありません。)

ノシメマダラメイガPlodia interpunctella)幼虫の餌として入れておいたミルクチョコレートの表面に、遂に若齢幼虫2頭を発見しました。
未だ小さ過ぎて、マクロレンズで強拡大しても口元の動きがよく見えませんでした。
一緒に写っている黒いゴマ粒と比べれば幼虫の小ささが実感できるはずです。
チョコレートを齧っている犯行現場の証拠映像は、幼虫がもっと大きく育つまでお預けです。

ノシメマダラメイガの卵はどうしても見つけられませんでした。
成虫を大量飼育した結果、容器内に鱗粉が散乱していて、たまに見つかる白い粒が卵かどうか私には見分けられないのです。
したがって、幼虫が孵化するシーンも観察できていません。
卵殻は孵化直後に幼虫が自分で食べたのでしょうか?
交尾後の♀が産卵するシーンも未見です。

※ 容器の蓋として張ったサランラップ越しに撮った前半の映像には、動画編集時に自動色調補正を施しています。

【断り書き】 
有名な某チョコレート製品に刻印されたロゴが写ってしまっているので、菓子メーカーの名誉のために申し添えます。
(映像だけ見て早とちりしたり風評被害や営業妨害になるといけないので、具体的な商品名やメーカーを明記するのは差し控えます。)
決して購入した商品にノシメマダラメイガ幼虫が混入していたのではなく、密封パッケージ等の品質管理に落ち度は全くありません。
また、チョコレートに防虫剤などは添加されていない安全な食品であることも分かります。
今回、飼育用の餌にこの銘柄のチョコレートを選んだのもたまたま近所の店で一番安かったからで、他意はありません。
チョコ表面のロゴを削るか裏返して置くか、映像にモザイクを掛けるべきですかね?
当然ながら今後も飼育で増やした害虫を外に放つこともしません。
別に飼っているハエトリグモの生き餌としてノシメマダラメイガを養殖してみるのが私の目的で、そのついでに色々と観察を楽しんでいます。


つづく→#10:チョコレートに群がるノシメマダラメイガ(蛾)若齢幼虫【微速度撮影】





コアシナガバチ創設女王の吸水



2015年6月上旬

湿地帯の泥でコアシナガバチ♀(Polistes snelleni)が水を飲んでいました。
泥を啜るのではなく、もっとちゃんとした水溜りから飲めば良いと思うのですが、蜂にしてみれば何か理由があるのでしょう。(ミネラル補給?)
昨年、山道の轍でキアシナガバチ創設女王が水を飲んでいたのも湿った泥からでした。

▼関連記事
キアシナガバチ創設女王の吸水
時期的に恐らく単独営巣期の創設女王でしょう。
森林生物情報サイトによると、コアシナガバチの

営巣開始は5月頃。最初の働きバチは7月ころ出現
すぐに飛び立ってしまったので、最後は1/4倍速のスローモーションでリプレイして水増し。

実はキボシアシナガバチと迷いました。

キボシアシナガバチはコアシナガバチに似るが、第1腹節の黄色紋のほかに腹節には黄色班がないことで容易に区別できる(『ハチハンドブック』p66より)。




ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts