2015/04/11

ナギナタコウジュの実を食すウソ♂【冬の野鳥:ハイスピード動画】




2014年11月中旬

山間部の枯れた草むらでウソ♂(Pyrrhula pyrrhula)が何やら道草を食っていました。
飛び立ちの瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮り始めました。
白っぽく枯れたナギナタコウジュの果穂に止まって実を啄んでいるようです。
奥の茂みに♂がもう一羽潜んでいます。

採食シーンとして興味深いから高画質で記録しようとHDモードに切り変えた途端に飛び去ってしまいました。
ウソだろ、おい…。(ありがち)
近寄って調べてみると、ナギナタコウジュの葉は全て枯れ落ちていました。
茎を触れてみて断面が四角形であることを確認しました。
これはシソ科の特徴です。



泥に残されたタヌキの足跡



2014年11月下旬

河川敷(湿地帯)で浅い泥に覆われた舗装路に野生動物の鮮明な足跡が残されていました。
前後の足跡とも指が4本なのでアナグマではなくタヌキ(ホンドタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus)の足跡と判明。
ジグザグに付いているのでキツネの足跡ではありません。

『身近に体験!日本の野生動物2:タヌキを調べよう』によると、

・タヌキの指の数は、前足が5本、後ろ足が4本だけれど、足あととしてのこるのは、前後とも4本だ。(中略)ネコとの決定的なちがいは、前足の足あとに爪あとが付くことだ。(p12)
・アナグマは前足、後ろ足とも、指は5本だ。どちらの足跡にも鋭い爪あとがのこる。(p24)


実はこの近くで一度だけアナグマをちらっと見かけたことがあり期待していたのですけど、タヌキの足跡でした。

他に鳥の足跡もくっきり残されていたのですが、急いでいたので撮る余裕がありませんでした。
おそらくアオサギまたはシラサギではないかと予想。


15cm定規を並べる。
爪痕に注目

2015/04/10

軒下のキイロスズメバチ古巣に穴を開けたのは誰?



2013年6月中旬

民家の軒下でキイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)の古巣を見つけました。
横の道をよく通っていたのに巣の存在を見落としていたことが我ながらショック…。
前の年(2012年)以前に作られた巣と思われますが、正確な造巣時期は不明です。

外皮に横からえぐられたような穴があいていて、中の巣盤が少し見えます。
せっかくの造形美が台無しです。
蜂を駆除しようと誰かが下から棒で中途半端につついたのでしょうか?(子供の悪戯?)

ちゃんとした駆除業者の仕事なら巣全体を綺麗さっぱり撤去すると思います。
しかし、犯人は必ずしもヒトであると決めつけられません。
自然な風化とは思えないのですけど、一部は寄生蛾の幼虫が中から食い荒らしたのかもしれません。
晩秋に蜂の子を狙ってオオスズメバチが襲撃した場合はこのような惨状になるのかな?
スズメバチの古巣を野鳥が壊して捕食した可能性もあることを最近知ったので、この古い記録映像を引っ張りだしてきました。
もしそうだとすれば、野鳥による食痕ということになります。

▼関連記事
キイロスズメバチの古巣を壊して捕食するヒヨドリ(野鳥)
スズメ(雀)がキイロスズメバチの古巣に営巣した新聞記事を何度か読んだことがあります。
二匹目のどじょうに期待して定点観察に通ったのですが、その後もただ放置されていました。

もしかすると既にスズメが巣を作った後なのかもしれません。(妄想)


アオサギ(野鳥)の旋回飛翔♪と着陸



2014年11月下旬

アオサギArdea cinerea jouyi)が上空を旋回飛翔してから、水辺に着陸しました。

羽ばたきと滑空を交互にやって飛んでいます。
着陸できるかどうか周辺の安全を確認しているのでしょう。
飛びながらギャー♪と大声で鳴くことがあります。
私の存在に気づいている筈ですが、警戒声なのですかね?

怪しい奴がカメラを構えて突っ立っているせいでお気に入りの場所に着陸できず腹立ちまぎれに鳴いたのかもしれない、と想像したりもします。
複数個体を撮影。




アオサギの鳴き声を声紋解析してみる

いつものようにオリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルにデコードしてから鳴いている部分を適当に切り出し、スペクトログラムを描いてみました。

映像冒頭(@0:02)の連続発声
映像後半(@1:37)の鳴き声

2015/04/09

トモンハナバチ♂:身繕い後の飛び立ち【ハイスピード動画】



2014年9月上旬

▼前回の記事
ヤマハギの花で交尾するトモンハナバチ♀♂【ハイスピード動画】
トモンハナバチ♂(Anthidium septemspinosum)は♀の尻を必死に追いかけるとき以外は餌場(ヤマハギの花の群落)の近くの草むらで翅を休めていました。
日光浴しながら♀を待ちぶせしているのでしょう。
飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。
デートの前には前脚で顔を拭ったりして、お化粧に余念がありません。
トモンハナバチ♀が飛来すれば直ちにスクランブル発進します。
雄蜂には縄張りがあると言われているので同一個体なのかもしれませんが、調べていません。
ライバル♂同士の闘争行動や縄張り占有行動を観察してみたいものです。


雪を食べるハシボソガラス【冬の野鳥】



2015年2月下旬

ある晴れた日の午後、ハシボソガラスCorvus corone)が雪原を歩きながら雪を食べていました。
歩きながらザラメ雪(シャーベット状の湿雪)に頭を深く突っ込んだり、嘴を雪面に擦り付けて拭う行動のついでに雪を食べたりしています。
雪の中に埋もれた餌を探している行動ではありません。
なぜならこの辺りの根雪はもっと深いので、カラスが嘴で掘ったぐらいでは地面が露出しないからです。
ところでカラスはザラメ雪を食べ続けてもアイスクリーム頭痛(関連痛)にならないのですかね?

実は近くに用水路があり真冬でも流れているのですが、喉が渇いたカラスはどうしてその水を飲まないのでしょう?
その用水路は深い雪にほとんど埋もれた状態なので、カラスも岸から水面まで安全に下りれないのかもしれません。


2015/04/08

夜のジョロウグモ幼体【暗視映像:喧嘩と造網】



2014年9月上旬

歩道に植えられた街路樹の下で深夜(午前00:12)ジョロウグモNephila clavata)の幼体が網にいました。
隣接する網の主が小競り合いしています。
ご近所トラブルの後は造網行動を撮りました。
網の修復作業なのかな?
初めに縦糸を張ってから、次は横糸を張っているようです。
ピントを合わせるのが難しいですね。
ちょっと面白そうでしたが、じっくり観察する余裕がなくて、通りすがりのカメラテストです。

クモの網や細い糸も赤外線の暗視カメラでちゃんと写ることが分かりました。
夜のクモの活動で動画に撮りたいテーマが幾つかあるので、今回はその練習です。


熟柿を採食するスズメの群れ♪(冬の野鳥)



2014年12月上旬

線路沿いの民家の庭に植栽されたカキノキスズメPasser montanus)の群れが枝に止まっていました。
チュンチュン♪鳴きながら熟柿を啄んでいます。
横の車道は交通量が多いのに全く気にしません。



2015/04/07

マリーゴールドを訪花するオオウラギンスジヒョウモン♀の羽ばたき【HD動画&ハイスピード動画】




2014年10月上旬

マリーゴールドの花壇でオオウラギンスジヒョウモン♀(Argyronome ruslana)が訪花していました。
初めは翅を全開にして日光浴しながら吸蜜していました。
後半は半開きの翅を軽く開閉しつつ花蜜を吸って回ります。
横を車が通り過ぎた時など、驚いて飛び去っても辺りを一回りしてだけで、すぐに同じ花壇に戻って来ました。

花から花へ飛び立つ瞬間を狙って、240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@0:57〜2:22)

近縁種を見分けるには翅裏の斑紋が肝心なのですが、強い日差しで翅が透けてしまい訳が分かりません。
日中シンクロで(ストロボを焚いて)写真を撮ってみても、いまいちの出来でした。(もっと近づかないとカメラ内蔵のストロボ光が弱い)
蝶が斜めを向いてくれた時に翅裏の模様がようやく見えて、一見落着。
オオウラギンスジヒョウモンと判明。



カシラダカの地鳴き♪(冬の野鳥)



2014年11月下旬

河畔林の落葉樹の枝にカシラダカEmberiza rustica)を発見。
チッチッ♪という地鳴きが聞こえるものの、嘴の動きと時々しか一致しません。(リップシンクロ)
近くに居る群れの別個体と鳴き交わしているのかな?
辺りをキョロキョロ見回すばかりで、飛び立つ気配がありません。
私の方が痺れを切らして撮影終了。





2015/04/06

ヨウシュヤマゴボウの花蜜を吸うシロスジカタコハナバチ♀



2014年7月下旬

平地に広がる農地(畑)と雑木林の境界(林縁)に咲いたヨウシュヤマゴボウ(=アメリカヤマゴボウ
の群落で小型のハナバチの一種が訪花していました。(コハナバチ科?)
後脚の花粉籠は空荷ですが、剛毛が見えます。
♂の可能性は?


背面

同定のため撮影直後に同一個体を採集しました。
以下は標本写真。

前翅翅脈よりコハナバチ科と確定しました。
『日本産ハナバチ図鑑』の検索表と見比べると、おそらくコハナバチ属の一種(Lasioglossum sp.)だろうというところまで突き止めました。

いつもお世話になっている「蜂が好きBBS」に投稿して問い合わせたところ、青蜂@管理人さんより以下のご教示を頂きました。
写真のコハナバチは、シロスジカタコハナバチLasioglossum occidens)のメスと思われます。
前胸背板の側方角が発達し、ほほに隆起線があるのが特徴です。



背面(前伸腹節)
側面
胸背
胸背(頭部が下)
腹背(腹部背板前部に白色の毛帯)
頭頂部(単眼)
右脚
左前翅
右前翅
右後翅(根本から捻れたので裏面より接写。なぜか左右反転するとアップロード不可。)
前胸背板の側方角が尖る


【おまけの動画↓】



ちなみに、同じ場所で7月中旬にも似たようなシーンを撮っています。
後脚の花粉籠は空荷でした。
このときは蜂を採集する前に逃げられてしまいました。
上記のコハナバチと同種なのか別種なのか素人目には分かりませんが、せっかくなので個人的な記録としてブログ限定で公開します。
この時の反省を活かして、11日後の2回目は蜂の採集を優先しました。


側面

雪を掻き分け採食するハシボソガラス【冬の野鳥】



2014年12月上旬

除雪した車道の脇には雪が積もっています。
その道端で2羽のハシボソガラスCorvus corone)が嘴で雪を掻き分けて食べ物を探していました。
草の種子や昆虫が雪の下に埋もれているのでしょう。
横を車が通り過ぎると避難するものの、余程良い餌場なのか、すぐに舞い戻って来ます。
飛翔シーンの流し撮りも上手くいきました。



実は同じ道端で直前までスズメも採食していました。
▼関連記事道端で採食するスズメの群れ【冬の野鳥】

2015/04/05

オオハキリバチ♂に誤認交尾を試みる異種ハナバチ【ハイスピード動画】




2014年10月上旬

山間部の道端に咲いたメハジキの花の天辺にオオハキリバチMegachile sculpturalis)が止まって日光浴していました。
飛び立つ瞬間を撮ろうと、途中から240-fpsのハイスピード動画モードに切り替えました。
初めは背中を向けていた蜂が横を向いて身繕いを始めた時に頭楯が白かったので、ようやく雄蜂と判明。
やがて別種の小型ハナバチ(種名不詳;おそらく♂)がオオハキリバチ♂の前方から素早く飛来し(@1:43)、オオハキリバチ♂に背後から回り込むと何をどう間違えたのか腹背に一瞬マウントしました(不純異種間交遊?)。
すぐ誤認と気づいたようで交尾には至らず、直ちに飛び去りました。
最後にようやくオオハキリバチ♂も花から飛び立ちました。(@2:00)



鳥に壊されたキイロスズメバチの古巣



2014年11月下旬

▼前回の記事
キイロスズメバチの古巣を壊して捕食するヒヨドリ(野鳥)

少々退屈でくどい映像かもしれませんが、状況説明のため色んなアングルで撮った記録です。
おそらくキイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)が今季作ったと思われる楕円球の古巣は高木の樹冠に吊り下げられていました(目測で地上からの高さ〜12m)
野鳥(ヒヨドリ)に散々つつかれた結果、外被上部と側面の数カ所から抉られたように破壊され巣盤が剥き出しになっています。

木によじ登って古巣を採集しようと幹に取り付いてはみたものの、あまりの高さに怖気づき断念しました。
身軽な幼少期は木登りが得意だったのに、体重が増えていつの間にか上手く登れなくなっていたことに我ながら愕然としました。
今後のフィールドワークのためにも、正しいロープワークを覚えて安全な木登りをマスターしたいものです。

今流行りのドローン(ラジコンヘリ)を飛ばして空撮しても面白いかもしれません。

古巣の高さを求める
目測よりましな方法を考えました。
地面から1m、2mの位置で幹にビニールテープを巻いてから、喬木の全体像を離れた位置から写真に撮りました。
写真上で採寸し比例計算した結果、巣の高さは約7.8mと算出できました。
写真の歪みや誤差もあるのでしょうが、目測は過大評価でした。


底面
底面
全景

キイロスズメバチが営巣した高木は川辺りにそびえ立ち、ほとんど落葉していました。
樹皮の様子と枝に少しだけ残った枯葉を手がかりに調べると、樹種はハンノキ…ではなくてヤマナラシ(=ハコヤナギ)のようです。(自信なし)


幹の樹皮
枯葉の葉表
枯葉の葉裏
樹皮に独特の菱型模様

ヤエウツギの花で採餌するクロマルハナバチ♀



2014年6月下旬

平地の道端に植栽されたヤエウツギ(=サラサウツギ)の満開の花にクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に白い花粉団子を付けています。

※ オオマルハナバチ♀やコマルハナバチ♀の可能性は?



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts