2015/03/14

ガードレールから鳴いて♪飛び立つハクセキレイ♂(野鳥)



2014年5月中旬

川沿い(堤防)の歩道のガードレールにハクセキレイ♂(Motacilla alba lugens)が乗っていました。
最後はチチチッ♪と鳴きながら飛び立ちました。




ハルジオンを訪花するキアゲハ



2014年6月下旬

田園地帯の道端に咲いたハルジオンの花にキアゲハ(Papilio machaon hippocrates)がぶら下がり吸蜜していました。
すぐに飛び去ってしまったので、1/4倍速のスローモーションでリプレイ。

よく見ると蕾が垂れ下がっているので、ヒメジョオンではなくハルジオンだと思います。
(私も先を急いでいたので、茎の中は調べていません。)


タケニグサの種子を食すウソ♂(野鳥)



2014年11月下旬

山間部の道を私が歩いていると、目の前の道端からウソPyrrhula pyrrhula)の群れが散り散りに飛んで逃げました。
(映像はここから。)
近くの灌木の小枝に止まった一羽の♂に注目して私が動かず静かに撮り続けていると、ようやく警戒を解いてくれたようです。
脱糞してから(ウソの方便@0:15)飛んで車道を横切り、道端に背高く生えたタケニグサの群落に舞い降りました。
晩秋で葉もすっかり枯れています。
ウソ♂は太くて短い嘴でタケニグサの種子を啄み始めました。
いかにも種子食に適した形状の嘴です。
私が通りかかるまでここで食事中だったようです。
採食行動をよく観察すると、中の種だけ食べて実の外側は捨てていました。
最後は近くの茂みに居た群れの仲間がなぜか逃げ出したせいで、撮影していた♂個体も採食を止めて一緒に飛び去りました。
映像の後半に群れの鳴き声がほんのかすかに録音されています。(
ウソ鳴きはなぜかボリューム最大でヘッドフォンを使わないと聞こえません。)

さてタケニグサは有毒植物として有名で、かつてはウジ虫の殺虫などに利用したそうです。

アルカロイドの一種サングイナリン(Sanguinarine)、ケレリスリン(Chelerythrine)、Bocconine、protopine、α-allocryptopineなどを含み有毒。(wikipediaより)
この種子をウソが食べても平気なのは、体内で解毒する秘密があるからです。
…ウソです、よく知りません。
それともタケニグサの実や種子には有毒成分があまり含まれないのかな?(※追記参照)

平凡社『世界大百科事典』でタケニグサを調べると、興味深いことが書いてありました。

・全体に粉白を帯び,切ると橙黄色の汁が浸出する。この汁はプロトピン protopine を主とするアルカロイドを含み,有毒。 ・実は扁平な楕円形の蒴果(さくか)で下垂し,長さ約2cm。5個内外の光沢のある黒色の種子が生じ,アリにより散布される。
タケニグサがアリ散布植物だという話は初耳でした。
秋に植物の種子を専門に収穫するクロナガアリのことなのか、それともタケニグサの種子にはカタクリの種子のようにアリに運んでもらう甘い報酬(エライオソーム)が付いているのでしょうか?
「タケニグサ&エライオソーム」でインターネット検索してみると、なんと私の予想が当たっていて自分でもびっくり。(参考サイト
これは是非とも自分で確認してみたいものです。
次の秋が楽しみ♪

ウソなど種子食の鳥類もタケニグサの種子散布に一役買っているかもしれませんね。
(私も初めはそのストーリーでブログを書くつもりでした。)
映像の冒頭でウソが排泄した糞
(ウソから出たまこと)を調べて未消化のタケニグサの種子が含まれていれば証明終了。
800羽ぐらいの糞を調べれば立派な研究になるかもしれません。(ウソ八百!)

※【追記】
英語版wikipediaによると、タケニグサの種子も有毒みたいです。
The seed oil contained dihydrosanguinarine, dihydrochelerythrine and twelve fatty acids of which linoleic, oleic, palmitic and stearic acids predominated.


2015/03/13

野菊を訪花するシロスジベッコウハナアブ♀の羽ばたき【HD動画&ハイスピード動画】




2014年10月上旬

山麓の道端に咲いた野菊(種名不詳)の群落でシロスジベッコウハナアブ♀(Volucella pellucens tabanoides)が訪花していました。
左右の複眼が離れているので♀ですね。
花蜜を舐め終え花から花へ飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@0:45〜)
ホバリング(停空飛翔)しながら方向転換する妙技も披露してくれました。



ハシボソガラスとハシブトガラスの混群が熟柿を採食(求愛給餌?)



2014年11月中旬

農村で庭に植えられたカキノキハシボソガラスCorvus corone)とハシブトガラスCorvus macrorhynchos)との混群が止まっていました。
一羽のハシボソガラスが熟した果実を採食しています。

ハシブトがカーカー♪澄んだ声で鳴き始めると、呼ばれたようにもう一羽のハシブトが飛来。(@0:53)
真横に止まるとすかさず口移しにキスしたように見えました。
これは求愛給餌なのか、それとも親子で給餌したのですかね?
カラスが晩秋に求愛給餌なんてするのかな?
腹が減っているのなら餌をねだらずに自分で近くの枝から熟柿を採食すれば良いのに…と思ってしまいます。
ということは、儀式的な給餌行動(挨拶?)なのでしょうか。
給餌した個体は足元の枝に嘴を擦りつけました。

私が欲を出してもう少し近づいてから続きを撮り始めたら、警戒したカラスは採食を止めて次々に逃げ出しました。



2015/03/12

電線で鳴き真似♪を練習するモズ♂(野鳥)



2014年5月中旬・朝(午前06:53)

モズ♂(Lanius bucephalus)が住宅街の電線に止まって鳴いていました。
小声でチュルチュル〜♪となにやら鳴き真似しているのですけど、遠くてよく聞き取れません。
(ヘッドフォンを着用し最大ボリュームでお聞き下さい。)

何という種類の鳥の鳴き声を真似しているのか、聞き分けられる方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。
後半から始めた(@0:23〜)キョッキョッキョッ♪と鳴く縄張り宣言(?)は静かな住宅街によく響き渡ります。

最後も小声でキリリリリ…♪とカワラヒワ?の鳴き真似をしながら飛び去りました。
この個体は未だ鳴き真似に自信がなくて練習しているのでしょうか?

▼関連記事
モズ♂(野鳥)の鳴き真似♪を声紋解析してみる


オサムシの仲間の幼虫



2014年11月中旬

農村の歩道で黒光りする見慣れない幼虫が足早に徘徊していました。
おそらく甲虫の幼虫と思われますが、シデムシの幼虫にしては細長い体です。



とりあえず手元の図鑑で調べると『札幌の昆虫』p355掲載の写真とそっくりで、オサムシの一種の幼虫と判明しました。
現場で採寸すると、体長26mm。
路上に落ちた鳥の糞に到達しても、摂食しませんでした。
飼育してみようかと迷いましたが、おそらく肉食性(しかも狭食性)なので成虫まで育てるのは難しそうに思い、諦めました。



2015/03/11

卵鞘を産み始めたヤマトゴキブリ♀の水飲み行動



2014年6月上旬

ヤマトゴキブリPeriplaneta japonica)飼育個体♀aの記録です。

腹端に産みかけの白い卵鞘をぶら下げていました。
この個体が産んだ7個目の卵鞘です。
まさに産卵マシーン!
そのまま飼育容器内を歩き回り給水皿(ペットボトルの蓋)に近づいて水を飲む様子を接写できました。
この日の晩になると卵鞘は見慣れた黒褐色に変わりました。

夜間にヤマトゴキブリ♀が卵鞘を朽木に産み付けその表面に木屑をまぶす興味深い行動を暗視カメラで撮影するのが今後の目標です。



七面鳥の死骸に群がり貪り食うハシブトガラス(野鳥)



2014年11月中旬

郊外の某農園でハシブトガラスCorvus macrorhynchos)が広い畑の奥に群がり、何か黒っぽい死骸を啄んでいました。
この時点で死骸の正体は不明ですが、翼があるのでおそらく鳥類でしょう。
まさか共食い?
肋骨に残った肉が赤く見えて生々しいです。
ハシブトガラスばかりが最大で9羽も死骸に集まっていました。
意外にも餌をめぐる喧嘩は起こらず、仲良く分かち合っている印象です。
ハシブトガラスに特有の澄んだ声でカーカー♪鳴く声も聞こえてきます。
(食べながら鳴いているのではなく、食事にありつけず遠巻きにしている個体の鳴き声です。)
獲物が何か知りたくても他所の畑にずかずか勝手に入り込む訳にはいきません。
事情を聞いて回ると、近くで飼養しているシチメンチョウMeleagris gallopavo)が2羽ネコに襲われたとのことでした。
実際に、カラスが群がる現場の近くで野良猫を目撃しました。(映像は撮り忘れ)
もしかすると初めはネコが食べていた獲物をカラスが群れで強奪したのかもしれません。
死骸が黒焦げに見えたのは、七面鳥の丸焼きを焼き過ぎたのではなく、もともと七面鳥の羽毛は黒いらしい。



ハシボソガラスが英語でcarrion crowと呼ばれているからと言って屍肉食がハシボソガラスの専売特許ではない、ハシブトガラス(英名:jungle crow)もまた屍肉を食べる、ということを再認識しました。

▼関連記事(2013年5月下旬)
川で死肉を漁るハシブトガラスのつがい(野鳥)

『日本動物大百科4鳥類Ⅱ』p170によるとハシブトガラスは

死体や腐肉、他の動物の糞なども食べ、サバンナのハイエナのような掃除屋(スカベンジャー)としてのはたらきもしている。



2015/03/10

ニホンミツバチ♀門衛の振身威嚇とキイロスズメバチ♀の狩り【ハイスピード動画】



2014年9月上旬
▼前回の記事ニホンミツバチ♀を待ち伏せするキイロスズメバチ♀の停空飛翔【ハイスピード動画】
古い木造建築の床下に長年ニホンミツバチApis cerana japonica)のコロニーが営巣しています(自然巣)。
板壁の裏の床下で勝手に居候しているだけなので、ミツバチの人工巣箱のように分かりやすく設計されていません。
板壁の隙間以外にも巣口が複数ありますし、巣の構造などが分かりにくくなっています。
(防護服があれば床下に潜り込んで積極的に調べられるのですが…。)
キイロスズメバチVespa simillima xanthoptera)のワーカー♀が一匹、帰巣するミツバチを迎撃しようと巣の手前でホバリング(停空飛翔)しながら待ち構えていました。
狩りの瞬間または蜂球形成による反撃が見れるかと期待して、240-fpsのハイスピード動画に撮ってみました。

外役に出かけるニホンミツバチのワーカー♀は板壁の隙間から出入りしています。
本に書いてある通り、キイロスズメバチは帰巣するミツバチを捕らえようと、巣とは逆方向を向いてホバリング(停空飛翔)しつつ待ち構えています。
天敵キイロスズメバチの接近に対して、巣口付近の板壁にニホンミツバチの門衛♀が数匹集まって振身威嚇を行っています。
振身行動の群れが大きいほどスズメバチを幻惑する効果は高いはずです。

ところが、今回はなぜか門衛の集合性が弱い(まとまりに欠ける)ので、威嚇の迫力や切迫感がありません。
一応、門衛たちの振身運動はほぼシンクロしていることが分かります。

しばらくすると、ホバリングするキイロスズメバチはそれまでとは逆に板壁を向いて飛ぶようになりました。(@1:42〜)

これは定説に反した狩猟行動です。
巣口付近のニホンミツバチ門衛に狙いを定めたようです。
至近距離から慎重に品定めしています。
うかつに飛び込むとニホンミツバチから一斉に反撃され蜂球形成で蒸し焼きにされるリスクをキイロスズメバチは知っているかのようです。
振身威嚇の援軍に駆けつけるニホンミツバチ個体も居て、
巣口から飛び出してすぐ板壁に着地しました
キイロスズメバチが何度か板壁のミツバチに飛びつこうとするも、寸前でミツバチが落下したり飛んで逃げたりしています。
襲われるギリギリで板壁から飛び立ち巣口(板壁の隙間)に逃げ込む門衛もいます。

息づまる神経戦の末にようやくキイロスズメバチがニホンミツバチを捕らえました。
残念ながら狩りの瞬間は撮り損ねてしまいました。
板壁の手前に置かれた材木の上でミツバチを噛み殺すと、キイロスズメバチは獲物を咥えて飛び去りました。
どこかで近くで止まり直し肉団子に丸めてから帰巣するはずですが、見失ってしまいました。
ニホンミツバチにしてみれば一匹が犠牲になった瞬間こそ仇を討つ絶好のチャンスなのに、キイロスズメバチに一斉に飛び付いて群がり蜂球を作ることはありませんでした。(私は未だ実際に見たことがありません。)
なんとなく、このニホンミツバチのコロニーは個体数が少ないような気がしました。


『ニホンミツバチ:北限のApis cerana』を紐解いて「キイロスズメバチに対する防衛行動」と題した一節(p148〜150)を読んでみました。
・スズメバチが巣門に飛来したことを羽音ではなく視覚的に感じている。(羽音だけ聞かせても無反応)

・門番蜂は振身行動で対応する。腹部を高く差し上げて、これを大きく左右に振るので、腹部の白いバンドが大きく弧を描いて残像のように映る。

・振身行動をとられるとスズメバチは明らかに嫌がり、的を絞れないか、目が眩んで距離を測れない効果があるらしい。



熟柿を啄むツグミ(野鳥)



2014年11月中旬

平地の道端のカキノキになった熟柿を採食しにツグミTurdus eunomus)の小群(少なくとも2羽)が来ていました。
冬鳥の季節です。
近くでヒヨドリが騒いだり同じ柿の木に実はカラスも来ていたりするため、ツグミはあまり落ち着いて食事ができないようです。

最後に登場する個体は食後になぜか右脚を上げ(@2:53)、左足一本だけでしばらく枝に立っていました。
初めは両足で立っていたのですが、右足を怪我をしているのでしょうか?
飛び立つ寸前には右脚も下ろし、両足で枝を踏み切りました。(@3:17)



2015/03/09

早朝の空を乱舞して鳴き騒ぐカラスの大群(野鳥)



2014年11月上旬・くもり

早朝6:00過ぎからカラスの大群が喧しく鳴き騒いでいました。
数十羽のカラスが鳴きながら空を乱舞、旋回しています。
近くに集団塒(ねぐら)があるのかもしれません。
注意深く耳を澄ますと、カーカー♪という澄んだ声(ハシブトガラスCorvus macrorhynchos)とガーガー♪という濁った声(ハシボソガラスCorvus corone)が2種類聞こえるので、鳴き声から混群ではないかと思いました。
前日に住宅地で騒いでいた混群と同じなのかと思いましたが、この日の朝は種類を見分けるための写真などは撮っていません。
動画撮影を優先していたら、カラスの数がどんどん減り、6:20頃にはもう「烏合の衆」は居なくなってしまいました。
餌場に向かいながら鳴き交わすのは、天敵に対する集団示威行動になっているのかもしれません。

モズの高鳴き♪も耳にしたものの、姿は見つけられませんでした。


ノブドウの花蜜を吸うヒメシジミ



2014年7月中旬

山間部の道端(ガードレール下)に咲いたノブドウの群落でヒメシジミPlebejus argus micrargus)が訪花していました。
なんとなく♀っぽい気がするのですが、翅を閉じているため翅表の色をしっかり確認できず、性別不明です。



2015/03/08

樹上で鳴き交わす♪エナガの群れ(野鳥)



2014年11月中旬

郊外の民家の庭木にエナガAegithalos caudatus)が群れていました。
せっかく鳴き交わしているのに、車の通過音が邪魔ですね…。



エナガの鳴き交わしを声紋解析してみる

いつものようにオリジナルのMTS動画ファイルから音声をWAVファイルにデコードしてから、ピーピーピー♪と鋭い鳴き声を発している部分を切り出し、スペクトログラムを描いてみました。
車が通り過ぎた後の部分です。


映像の個体の鳴き声かどうかはっきりしない※上に、声紋もいまいち不明瞭でした。
(※ リップシンクロしているかどうかよく分かりませんでした。)

ピーピーピー♪という似た鳴き声でも、2年前にサンプリングした鳴き声から得た声紋の方がずっと綺麗です。

▼関連記事
エナガの樹上採食と鳴き声の声紋解析(野鳥)

ヤマオニグモ♀(蜘蛛)の身繕いと捕食再開



2014年8月上旬
▼前回の記事ヤマオニグモ♀(蜘蛛)の食事

このヤマオニグモ♀(Araneus uyemurai)を見つけた時、初めは背面を向けていました。
腹面を撮るために私が枠糸の下をくぐって垂直円網の反対側に回り込んだら、振動で警戒したクモが獲物を網に置いたまま甑から逃げ出してしまいました。
上部の枠糸まで逃げたところで踏み留まり静止。

しばらくすると落ち着きを取り戻したクモは避難所で身繕いを始めました。
触肢で牙を磨いたり、歩脚の先を舐めて掃除したりしています。
糸疣から出した糸を枠糸に固定していますね。(しおり糸?)



やがてクモは枠糸上で方向転換すると、網に引き返し始めました。
甑(こしき)に戻るとすぐに食べ残しの獲物を咥えました。
円網の糸を歩脚で引き締め、下向きに占座すると吸汁再開。
腹部腹面に外雌器に付属する突起状の垂体が見えたので、♀成体と判明しました。




私が荷物を取りにもう一度垂直円網の下をくぐって戻ったら、振動で警戒したクモが今度は枠糸を固定した灌木の葉裏(隠れ家)へ一目散に避難してしまいました。
獲物を網に置いたままです。

他にも色々と観察・撮影したいテーマがあったのですけど、この日は先を急ぐ用事があったので断念。
その後はこの場所で見かけなくなってしまいました。



ツノアオカメムシの幼虫がホウチャクソウの花で盗蜜?



2014年5月下旬

里山の草地に咲いたホウチャクソウの白い花筒にツノアオカメムシPentatoma japonica)の幼虫が静止していました。
花弁の根元にできた隙間に口吻を差し込んで花蜜を吸っているように見えてドキッとしました。
もしそうなら盗蜜行動になります。

▼関連記事
ホウチャクソウの花で盗蜜するマドガ(蛾)
残念ながらマクロレンズを装着する前にツノアオカメムシ幼虫は花を登って葉に移動してしまいました。
カメムシの幼虫は羽がないので飛べません。
訪花中は背側のアングルから撮っただけなので口吻の状態がしっかり見えず、本当に吸蜜していたかどうか疑問です。
思わせぶりな位置に止まっていただけかもしれません。
そもそも、カメムシが花蜜を吸いますかね?



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts