2015/11/27

脱皮直後のジョロウグモ♀(蜘蛛)と交接を繰り返す♂



2015年9月上旬・くもり

ジョロウグモ♀♂の定点観察#6


窓の外に張られた網でジョロウグモNephila clavata)♀が脱皮を済ませていました。
亜成体から脱皮して、めでたく成体になりました。
2日前に見たとき(#1〜5)より網を少し横に移動していました。
脱皮殻がイワガラミの蔓に糸で固定され風に揺れています。
抜け殻を採集したくても、窓の外で手が届きません。
脱皮の過程を見逃してしまったのも残念でした。

♀に付き添う♂は一匹のみで、近くにライバル♂の姿はありませんでした。
長期間の交接前ガードの苦労が報われた♂αが、脱皮直後の♀と交接しています。
脱皮直後の♀はしばらく安静にしていないといけないので、♂にとっては性的共食いされずに交接する絶好のチャンスです。

『自然の観察事典21:網をはるクモ観察事典』p22によれば、

ジョロウグモの♂の80%近くが、この♀の脱皮のときに、結婚のための交接をおこないます。のこりの20%は、♀がえさをたべて油断しているときをねらって交接します。


♀が嫌がり横に移動してくれたおかげで、撮影に邪魔な抜け殻と被らなくなりました。
脱皮直後の体がようやく固まり、動けるようになったのでしょう。

網の状態を見ると、ジョロウグモの網特有の美しい規則的な構造は失われています。
♀の脱皮前後にしばらくメンテナンスせず、♂が網を一部勝手に壊したりしたせいで、かなり壊れています。

歩脚で♂を優しく押し退けると、歩いて網を左上に少し移動し、下向きに占座。
常に♂がつきまとっています。
再び♂が交接を迫るも、♀が軽く拒否したようです。
それでも諦めない♂は 左の触肢を外雌器に差し込みました。
その間、♀はおとなしく受け入れています。
最近、別のジョロウグモ♀♂ペアの交接シーンをマクロレンズで接写していますが、今回は望遠マクロに徹します。
しばらくすると♀が第3脚で♂を払いのけ、♂は退散しました。(@4:42)

ほとぼりが冷めると♂が再び♀の後方から近づき交接を試みます。
おとなしかった♀が拒否を始め、網をほんの少し下に移動しました。
♂は一度離れてもしつこくすぐに戻って来ます。

ようやくじっくり交接を始めたものの、♀が体勢を変えたせいで(背中の向きを少し変えた)、結合部がしっかり見れなくなってしまいました。
ガラス窓越しに撮影しているため、網の反対側に回り込みたくても無理なのです。

珍しく♂が自ら結合を解除し(触肢を外雌器から抜き)、♀から離れました。(@7:20)
移精が完了したようです。
これで♂は満足したかと思いきや、驚いたことに♂は少し休憩するとまた貪欲に交接を繰り返します。
精力絶倫ですね。

ところで、交接の途中で♀が拒否する場合があるのは♀の気紛れなのでしょうか?(女心と秋の空)
♂が経験不足だったり手際が悪いと♀に痛みを与えてしまうのですかね?

交接を繰り返すペアを長時間撮影して分かったことは、ハエトリグモなどで見られるような儀式化された求愛行動はジョロウグモには無さそうだということです。
♀に近づく前に網の糸を弾いて信号を送るというような行動も見られませんでした。

つづく→#7:交接を繰り返す精力絶倫のジョロウグモ♀♂【蜘蛛:10倍速映像】



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts