2015/11/22

キアシナガバチ♀雨天時の排水行動



2015年7月下旬

キアシナガバチ巣の定点観察@トウカエデ枝#7


梅雨の末期で朝から雨が降っているため、キアシナガバチ♀(Polistes rothneyi)の排水行動を見たくて昼から様子を見に行きました。
巣の上にトウカエデの枝葉が茂っているせいで、雨が多少降っても巣が濡れることはないようです。
巣柄の固定された横枝は雨で濡れているものの、巣盤天井に多数の蜂が乗っているので巣はあまり濡れないようです。
晴天時よりも多くの蜂が巣に残り、巣盤を覆っています。

一匹のワーカー♀が育房の壁に巣材を付け足して高く伸ばしていました。
造巣が済むと念入りに身繕い。
育房を点検して回る間に♀同士で小競り合いがありました。(優位行動)
遂に、巣盤の右上で♀が口から水を吐き出して捨てる排水行動が見られました(@2:35)。
どうしてもアシナガバチの排水行動が見たくて、シャワーで巣に水を直接かけようか(水責め)と思ったぐらいでしたが、自然の行動が見れて満足です。

つづく→#8:夜に繭を紡ぐキアシナガバチ老熟幼虫【暗視映像】


トウカエデの幹にワラジムシを発見!

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts