2015/10/21

ヨモギの葉を舐めるコアシナガバチ♂



2015年8月中旬

ヨモギの群落でコアシナガバチ♂(Polistes snelleni)を見つけました。
本種の雄蜂は今季初見かもしれません。
若葉の根本に潜り込んで、その表面を頻りに舐めています。
押す特有のカールした触角で葉表を常に探っています。
ヨモギに花外蜜線があるという話は聞いたことがありません。
アブラムシが分泌した甘露が付着しているのでしょうか?
しかしアブラムシのコロニーは見当たりませんでした。
私の目には見えないほどの細かな朝露を飲んでいたのですかね?

身繕いしてから飛び去りました。

3年前にも似たような事例を別種の♀で観察しています。

▼関連記事
ヨモギの葉を舐めるムモンホソアシナガバチ創設女王


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts