2015/10/06

貯蔵ニンニクで見つけたノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



2015年7月下旬

ノシメマダラメイガの飼育記録#25

▼前回の記事
ニンニクは貯穀害虫ノシメマダラメイガ(蛾)を誘引する?
厨房で大皿に盛られたニンニクの山の奥にノシメマダラメイガPlodia interpunctella)の成虫ばかりでなく、今度は老熟幼虫を1匹発見しました。
この貯蔵ニンニクの山が室内でのノシメマダラメイガ発生源である可能性がいよいよ高まりました。
やはり成虫♀がここに産卵したのでしょうか?
しかし孵化した幼虫が生のニンニクだけを食べて終齢まで育つのか、俄には信じがたいです。
ノシメマダラメイガ幼虫は老熟すると徘徊性が高まり、分散することが知られています。
厨房ではニンニクを密閉容器に保管している訳ではないので、他の貯蔵食品を食害して育ったノシメマダラメイガ幼虫が徘徊して偶然ここに辿り着いた可能性を否定できません。
料理に使うニンニクの皮を剥くと球根の表面にときどき謎の食痕が見つかるものの、これまで全く気にしていませんでした。
ニンニクの山をかき分けてもノシメマダラメイガの繭が見つからないのも不思議です。

気になる疑問点を解明するために、見つけた幼虫も密閉容器に移し生のニンニク球根だけで飼育してみることにしました。
採集時に幼虫が糸を引いたので、徘徊しながら絹糸を吐いていることが分かりました。
ノシメマダラメイガ幼虫がニンニクを食害するシーンを未だ直接見たことがありません。

つづく→#26:飼育容器から脱出を試みるノシメマダラメイガ(蛾)終齢幼虫



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts