2015/10/29

ジョロウグモ♀♂(蜘蛛)の交接



2015年8月下旬・午後16:04〜16:11

家屋の軒下に張られた馬蹄形の網でジョロウグモNephila clavata)♀♂が同居していました。
♀はやや小さ目の個体で、網に居る♂は1匹のみでした。
徐ろに♂が♀に接近して交接を始めるシーンを目撃したので、慌ててカメラを持って来ました。
すぐ横に脱皮殻がぶら下がっているので、♀は脱皮して成体になったばかりなのでしょう。

♂は左側の触肢の尖った先端を♀腹面の外雌器に挿し込んでいます。
触肢の基部血嚢を風船のように伸縮させて精子を送り込んでいます。
せっかくマクロレンズで接写したのに、風で網が揺れで苦戦しました。
※ 接写パートは動画編集時に自動色調補正を施してあります。

それまでおとなしくしていた♀が急に動き始め(@4:50)、交接は打ち切られました。
交接が完了しても性的共食いは見られず、♂は無事に♀から離れました。
別れの瞬間を記録できたのは収穫です。
逃げた♂は♀の網の少し離れた位置で落ち着きました。
♀は背側を向けて下向きに占座。

全景を撮ると、網には針葉樹(メタセコイア?)の落ち葉が多数付着していますが、取り除かれていません。
♀の上に居る♂が再び交接を挑むのではないかと期待したものの、休んでいるだけで動きがありません。
最後はもう一度接写したら網にマクロレンズが触れてしまったようで、♂が移動を始めました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts