2015/07/10

メスグロヒョウモン♀♂の求愛飛翔【HD動画&ハイスピード動画】



2015年6月中旬

平地の生垣に挟まれ、きれいに草刈りされた小径でメスグロヒョウモンDamora sagana liane)の♀♂ペアが目まぐるしく飛び回っていました。
求愛の乱舞を240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。
本種は翅の色が著しい性的二形なので、求愛行動を観察する上で非常に助かります。(♀が名前の通り黒っぽい青色、♂が茶色)

♀は不規則な動きでひたすら逃げ回っているように見えます。
わざと複雑な飛び方をして♂の力を試しているのかな?
♀を追尾する♂の飛び方に何か規則性はあるでしょうか?
♂は♀の下を飛んで翅表を見せたがっている気がしました。
♂は♀にぶつかる勢いで飛んで行くこともありました。
逆になるべく地面に近いところを低く飛ぶのが♀の交尾拒否(焦らし?)なのかもしれません。


メスグロヒョウモンの求愛飛翔に関する文献は見つけられませんでしたが、分類学的に近縁なミドリヒョウモンについて『エソロジカル・エッセイ 無名のものたちの世界I』p93「雄をよぶ色とにおい:チョウが雌を見い出す仕組み」によれば、

♀を見つけたミドリヒョウモンの♂は、特殊な追跡飛翔をはじめる。♀のうしろからその下側に出て、さらに目の前を急上昇するのである。これが♀を強制着陸させる信号となる。


これを読む限り、今回観察したメスグロヒョウモン♂の追跡飛翔もたぶん同じだと思います。


▼関連記事
メスグロヒョウモン♀に求愛するミドリヒョウモン♂(異種間求愛と交尾拒否行動)

交尾まで見届けたかったのに、雑草が深く生い茂った方へ飛び去ってしまい残念。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts