2015/07/27

ヒメボタル♂の発光と飛翔【暗視映像】



2015年6月中旬・夜20:15頃

山際の農村部で夜道を光りながら飛んでいた蛍を目で追うと路上に着陸してくれました。
通りかかった車に轢かれずに済んだので、撮影開始。

暗闇の路上を発光しながら歩き回り、飛び立ちました。
それまで普通に飛んでいたのに、なぜか急に飛翔力が弱くなりました。
翅を広げて飛び立つも、すぐ近くに落ちてしまいます。
広げた後翅は薄い黒色でした。
夜行性で複眼が巨大なので、白色LEDを点灯すると相当眩しいはずです。
消灯して蛍の目には見えないはずの赤外線による暗視動画に切り替えても、行動は変わりませんでした(上手く飛び立てない)。
車のヘッドライトやビデオカメラの眩しい照明に当てられると、ショックから回復するのにしばらく時間がかかるのでしょうか?

撮影後は同定のため、ビニール袋で捕獲しました。
袋の中で強く光ったのはストレス(興奮状態)による刺激発光でしょうか。
以下は標本写真。
蛍のことは勉強し始めたばかりなのですけど、これはヒメボタル♂(Luciola parvula)ですよね?
体長が10mmぐらいありそうで、ヒメボタルにしては大型なのが気がかりです。
ヒメボタル♀は翅が退化して飛べないらしい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts