2015/07/04

ウツギの枝に営巣したキボシアシナガバチ創設女王(扇風行動など)



2015年6月上旬・気温30℃

堤防でようやく咲き始めたウツギの花を見に行きました。
群落の横を通りかかると、急に1匹のアシナガバチが威嚇のため目の前をホバリングして来ました。
私がゆっくり後退すると、蜂は茂みに戻りました。
巣があることに気づかず、私が枝を揺らしてしまったようです。
たまたまこの日は蜂を刺激する黒いポロシャツを着ていたので、危なかったです。

ウツギの枝に作られた初期巣に戻った創設女王をよく見ると、キボシアシナガバチPolistes nipponensis)でした。
ようやく落ち着いた女王は巣盤の上で身繕い(化粧)しています。
巣柄は枝ではなく葉柄に付いています。
育房内は卵または幼虫で、繭は未だ作られていません。

巣の目の前で私が腕を振ってみると、女王は翅をやや持ち上げて警戒姿勢になりました。
真正面からこちらを睨んでいます。

警戒を解いた女王が育房を点検して回ります。(幼虫と栄養交換しているのかもしれません。)
巣盤の下面で軽く扇風行動を始めました。(@1:44〜1:55)
茂みの中なので直射日光は当たらないはずですが、蜂の子にとってやや暑かったのでしょう。
直後に測った気温は30℃でした。
次に女王は腹部下面を左右に振って育房にアリ避け物質を擦り付けていました。(@2:20〜2:35)
私のこれまでの観察経験では外出する準備だと思ったのですが、女王が巣を離れることはありませんでした。
諦めて観察を打ち切りました。

▼つづく

初期巣で寝ている夜のキボシアシナガバチ創設女王【暗視映像】


0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts