2015/03/16

メハジキを訪花するトラマルハナバチ♀の羽ばたき【HD動画&ハイスピード動画】




2014年10月上旬

山間部の道端に咲いたメハジキの群落でトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
気温の高い日向の群落では蜂の採餌活動が速過ぎて、通常のHD動画では目が回りそうになります。
そこで240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@0:50〜)※

多数の個体を撮影しましたが、いずれも後脚の花粉籠は空荷なので花蜜が目的なのでしょう。
花穂を真上から見下ろすアングルで観察すると、蜂が採餌する回転の向きは一定ではなく右回り⇔左回りとスイッチしています。



※【追記】
『マルハナバチの謎〈下巻〉 (ハリフマンの昆虫ウオッチング・社会性昆虫記)』p54によると、
マルハナバチも1秒間に180回から240回、平均して220回はねを振動させます。
つまりマルハナバチの飛翔は、240-fps(1秒間に240枚のコマ撮り)のハイスピード動画に撮るには正にうってつけの素材ということになりますね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts