2015/03/08

ヤマオニグモ♀(蜘蛛)の身繕いと捕食再開



2014年8月上旬
▼前回の記事ヤマオニグモ♀(蜘蛛)の食事

このヤマオニグモ♀(Araneus uyemurai)を見つけた時、初めは背面を向けていました。
腹面を撮るために私が枠糸の下をくぐって垂直円網の反対側に回り込んだら、振動で警戒したクモが獲物を網に置いたまま甑から逃げ出してしまいました。
上部の枠糸まで逃げたところで踏み留まり静止。

しばらくすると落ち着きを取り戻したクモは避難所で身繕いを始めました。
触肢で牙を磨いたり、歩脚の先を舐めて掃除したりしています。
糸疣から出した糸を枠糸に固定していますね。(しおり糸?)



やがてクモは枠糸上で方向転換すると、網に引き返し始めました。
甑(こしき)に戻るとすぐに食べ残しの獲物を咥えました。
円網の糸を歩脚で引き締め、下向きに占座すると吸汁再開。
腹部腹面に外雌器に付属する突起状の垂体が見えたので、♀成体と判明しました。




私が荷物を取りにもう一度垂直円網の下をくぐって戻ったら、振動で警戒したクモが今度は枠糸を固定した灌木の葉裏(隠れ家)へ一目散に避難してしまいました。
獲物を網に置いたままです。

他にも色々と観察・撮影したいテーマがあったのですけど、この日は先を急ぐ用事があったので断念。
その後はこの場所で見かけなくなってしまいました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts